がん治療

C型肝炎直接作用型抗ウイルス薬でB型肝炎ウイルス再活性の恐れの画像

C型肝炎直接作用型抗ウイルス薬でB型肝炎ウイルス再活性の恐れ

[2016年10月4日]感染症専門医、消化器病専門医、患者向け 問題点: 問題点:FDAは、B型肝炎ウイルス(HBV)感染患者または既往感染者において、C型肝炎ウイルス(HCV)治療薬である直接作用型抗ウイルス(DAA)薬の投与に
BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害薬治療前にB型肝炎ウイルス検査の画像

BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害薬治療前にB型肝炎ウイルス検査

BCR-ABL標的チロシンキナーゼ阻害薬治療前に、B型肝炎ウイルス検査が必要   2016年8月17日、治療的製品(医薬製品と医療機器)の承認と監視を行うスイス規制当局のSwissmedicが発表したところによれば、BCR-ABL
血管新生阻害剤の画像

血管新生阻害剤

米国国立がん研究所(NCI) ファクトシート   血管新生とは何ですか? 血管新生とは、新しい血管を形成することです。この過程は、血管の内壁を覆う内皮細胞の移動、増殖および分化からなっています。   血管新生の過程は、体
サルモネラ菌を模倣したナノ粒子で化学療法抵抗性と闘うの画像

サルモネラ菌を模倣したナノ粒子で化学療法抵抗性と闘う

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ マサチューセッツ大学医学部での研究者らは、化学療法抵抗性の機序 に対抗できる可能性のあるサルモネラ菌(細菌の一種)をまねた ナノ粒子をデザインした。 Beth McC
腫瘍マーカーの画像

腫瘍マーカー

NCIファクトシート 腫瘍マーカーとは何ですか?腫瘍マーカーは、がんまたは特定の良性(非がん性)の腫瘍に反応して、腫瘍細胞や身体の他の細胞により産生される物質です。多くの腫瘍マーカーは、正常細胞と同様がん細胞により産生されます。し
がんの手術用語の画像

がんの手術用語

MDアンダーソン OncoLog 2016年7月号(Volume 61 / Issue7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL &
血液検査(リキッドバイオプシー)は腫瘍生検の代替となるかの画像

血液検査(リキッドバイオプシー)は腫瘍生検の代替となるか

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~腫瘍から血液中に流入した遺伝物質のDNA変異やその他の変化を調べる検査(リキッドバイオプシー)では、従来の腫瘍生検から得られる結果と極めて類似した結果が得られることがわかった。本研究は、同
高精度TAPUR試験にBayer社・Merck社が参加、規模拡大への画像

高精度TAPUR試験にBayer社・Merck社が参加、規模拡大へ

患者と医師に対し、適格基準の熟考および登録を奨励米国臨床腫瘍学会(ASCO)プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、Targeted Agent and Profiling Utilization Registry (TAPUR)
第1相臨床試験における高精度医療の活用が患者の転帰を改善の画像

第1相臨床試験における高精度医療の活用が患者の転帰を改善

ASCOの見解 「高精度医療(Precision Medicine:プレシジョン・メディシン)は、未来のがん治療の話ではなく、現在のものです。本試験は、患者と腫瘍にあわせて治療を個別化していくほど、臨床試験の早期段階の治療法であってもより良
がんに対する生物学的療法(生物療法)の画像

がんに対する生物学的療法(生物療法)

NCIファクトシート 原文更新日:2013年6月12日 生物学的療法(生物療法)とは何でしょうか。 免疫系とは何でしょうか。また、がんに対する生物学的療法においてどのような役割を担っているのでしょうか。 モノクローナル抗体とは何でしょうか。
放射線療法スケジュールを逸することで、がん再発のリスクが増加の画像

放射線療法スケジュールを逸することで、がん再発のリスクが増加

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~新たな研究によると、がん治療において放射線治療スケジュールを逸すると、最終的に放射線治療を完遂したとしても、がん再発のリスクは上昇した。 その影響の大きさは研究者の予想より高く、
血小板阻害剤は鎌状赤血球症の疼痛発作を有意に減少させることはないの画像

血小板阻害剤は鎌状赤血球症の疼痛発作を有意に減少させることはない

先進国および発展途上国の13カ国での小児試験は、最も大規模にして地理的に広範囲の試験の一つであるダナファーバー癌研究所 鎌状赤血球症において、今まで最も大規模にして地理的に広範囲な国際臨床試験の一つについて記述しているNew En
免疫チェックポイント阻害剤の進歩の画像

免疫チェックポイント阻害剤の進歩

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~原文掲載日:2015年12月18日 2015年初めに、ジミー・カーター元米国大統領は、免疫チェックポイント阻害剤という部類の薬剤の1つである免疫療法薬ペムブロリズマブ(Keyt
がんに対する高精度医療に基づく臨床試験の新たな時代の画像

がんに対する高精度医療に基づく臨床試験の新たな時代

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~ 以下は、2015年9月17日、米国大統領に公式に提出された「2017会計年度NCI年次計画および予算提案書(NCI’s Annual Plan and Budget Prop
がんの補完代替療法について知っておくべき6つのことの画像

がんの補完代替療法について知っておくべき6つのこと

NCCIH 国立補完統合衛生センター 最終更新日:2015年9月24日がん患者は、がんと闘い、症状を管理し、副作用に対処するためにできることは何でもしたいと望んでいます。患者の多くは、鍼療法やマッサージ、ヨガなどの心身療法だったり、ハーブや
がんの症状および治療の副作用に対する補完療法と統合医療:科学的評価の画像

がんの症状および治療の副作用に対する補完療法と統合医療:科学的評価

NCCIH 国立補完統合衛生センター    NCCIH Clinical Digest for health professionals2015年5月身体的および精神的治療法科学的な証拠により鍼治療、マッサージ療法、マインドフルネス・ストレ
がん治療薬の種類の画像

がん治療薬の種類

MDアンダーソン OncoLog 2015年9月号(Volume 60 / Number9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
腫瘍標本におけるPD-L2発現の特定のための新手法を開発の画像

腫瘍標本におけるPD-L2発現の特定のための新手法を開発

複数のヒト腫瘍型でPD-L2の発現が確認され、PD-L1は陰性ながらも抗PD-1抗体療法で効果を示す腫瘍患者の原因解明の可能性    議題:病理学/分子生物学/免疫腫瘍学   プログラム細胞死1(PD-1)受容体のリガン
高齢のがん患者では代替医療の利用率が高いの画像

高齢のがん患者では代替医療の利用率が高い

キャンサーコンサルタンツ代替医療は、少なくとも無害で、さまざまな不快症状や病気の軽減に役立つことが多いと広く考えられている。しかしながら、多くの代替医療は「天然物・無添加」として販売されているものの、他の治療と化学的、生物学的に反応しうる活
白血球増殖因子使用に関するASCOガイドライン改訂の画像

白血球増殖因子使用に関するASCOガイドライン改訂

本日、米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、白血球増殖因子(CSF、造血コロニー刺激因子としても知られる)の使用に関する診療ガイドライン2006年度版の改訂を発行した。CSF製剤は、化学療法の一部に伴って生じる白血球数減少および発熱(発熱性好中球
OncoLog 2015年1月号◆IMPACT2試験で分子プロファイリングによるがんの個別化治療の有用性を検証の画像

OncoLog 2015年1月号◆IMPACT2試験で分子プロファイリングによるがんの個別化治療の有用性を検証

MDアンダーソン OncoLog 2015年1月号(Volume 60 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
塩の注入は癌の治療法ではないの画像

塩の注入は癌の治療法ではない

英国医療サービス(NHS)      2014年8月13日水曜日                                                                                       
OncoLog 2014年7月号◆分子標的薬の副作用は作用機序によって異なるの画像

OncoLog 2014年7月号◆分子標的薬の副作用は作用機序によって異なる

MDアンダーソン OncoLog 2014年7月号(Volume 59 / Number 7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2014年6月号◆リンパ浮腫に対する外科療法の画像

OncoLog 2014年6月号◆リンパ浮腫に対する外科療法

MDアンダーソン OncoLog 2014年6月号(Volume 59 / Number 6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL