がん治療

分子標的薬および免疫療法薬の皮膚への副作用の画像

分子標的薬および免疫療法薬の皮膚への副作用

【Cancer.NET 免疫療法】 免疫療法を理解する 免疫療法の副作用 分子標的治療および免疫療法の皮膚への副作用 がんワクチンとは何ですか? 分子標的薬および免疫療法薬の皮膚への副作用 2017年7月、Cancer.Net編集委員会承認
がんの免疫療法についての画像

がんの免疫療法について

免疫療法は、免疫系ががんに対抗する力を助けるがん治療の一種です。免疫系は、人体が感染症などの疾患に対抗するための機構です。免疫系は白血球とリンパ系の器官および組織から構成されます。 免疫療法は生物学的療法の一種です。生物学的療法は、がん治療
血管新生阻害薬の画像

血管新生阻害薬

米国国立がん研究所(NCI)ファクトシート 〈目次〉 血管新生とは何ですか? なぜ血管新生はがんにとって重要なのですか? 血管新生阻害薬はどのように作用するのですか? どのような血管新生阻害薬が人のがん治療に用いられていますか? 血管新生阻
腫瘍の遺伝子変異に応じた治療により、さまざまながんの生存率が改善の画像

腫瘍の遺伝子変異に応じた治療により、さまざまながんの生存率が改善

ASCOの見解 「分子標的薬治療が最初に導入されて20年が経過しました。最初の『プレシジョン医療』となったこれらの療法はがん治療に革命を起こし、多くの患者の延命に役立ちました。しかし、それは革命のほんの始まりにすぎません。今や遺伝子検査はよ
免疫チェックポイント阻害薬レジメンによる内分泌異常の発生率比較の画像

免疫チェックポイント阻害薬レジメンによる内分泌異常の発生率比較

系統的レビューとメタ解析によって内分泌機能異常のさらに正確な発生率が明らかに 欧州臨床腫瘍学会(ESMO) 免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けた患者7,551人を対象としたランダム化臨床試験38件のメタ解析から、イピリムマブ 単剤と
ASCOとNCCNが免疫療法の副作用に関するガイドラインを作成の画像

ASCOとNCCNが免疫療法の副作用に関するガイドラインを作成

免疫チェックポイント阻害薬を用いた免疫療法は、新世代免疫治療のさきがけとして、多種のがんの治療に革命をもたらしている。がんを攻撃する身体の免疫システムの抑制を解くことで、これらの治療法が最も治療困難ながんさえも永続的な寛解に向かわせる可能性
CAR-T細胞免疫療法がASCOアドバンス・オブ・ザ・イヤーにの画像

CAR-T細胞免疫療法がASCOアドバンス・オブ・ザ・イヤーに

免疫療法が人命を救う可能性と、連邦政府の資金援助が果たす役割の重要性が、がん医療の進歩に関する年次報告で特集   まったく新しいがん治療法であるキメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法が、ある種のがん、または難治性がんの小児や成人に対
シスプラチンが聴力低下を引き起こす原因の画像

シスプラチンが聴力低下を引き起こす原因

ある新しい試験の結果から、化学療法剤シスプラチンによる治療を受けた多くの患者が持続的難聴を起こす理由が明らかになるかもしれない。   治療から数カ月から数年後もシスプラチンが蝸牛(かぎゅう:内耳の一部で、聴覚にたずさわる器官)にお
遺伝子変異が多いほど、免疫チェックポイント阻害薬の奏効率が上がるの画像

遺伝子変異が多いほど、免疫チェックポイント阻害薬の奏効率が上がる

「遺伝子変異」量により、免疫チェックポイント阻害薬に奏効するがん種が予測可能に ====================== この研究は、さまざまながん種に関して遺伝子変異量が免疫チェックポイント阻害剤の奏効結果にどれほど大きな影響を及ぼす
化学療法による神経障害のコントロールの画像

化学療法による神経障害のコントロール

MDアンダーソン OncoLog 2017年11-12月号(Volume 62 / Issue 11-12)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です
血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能性と限界の画像

血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能性と限界

疑わしいしこりや症状が認められる患者に対して、医師が最初にすることの1つが組織生検(追加精密検査のための細胞採取行程)である。   顕微鏡下で細胞の外観を観察することで、がんの有無を確認し、そのがん種を特定し、かつ、患者の予後に関
脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法の画像

脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法

MDアンダーソン OncoLog 2017年9月号(Volume 62 / Issue 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
「がんの代替療法」を選択した患者では死亡リスクが上昇するの画像

「がんの代替療法」を選択した患者では死亡リスクが上昇する

「代替療法を受けるがん患者の死亡率は2倍を超える可能性」は、インデペンデント紙からの明白なメッセージである。がんの標準治療ではなく代替療法を選択した患者で、5年間以上生存する可能性はかなり低いことがわかった。   標準治療には、外
がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン改定の画像

がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン改定

米国臨床腫瘍学会(ASCO)臨床診療ガイドラインが更新され、がん治療において悪心および嘔吐を予防する医薬品が新規に追加された。7月31日に発表された最新情報では、オランザピン、NK1受容体拮抗薬およびデキサメタゾンの適正使用に関する新しいエ
ペムブロリズマブによる重篤な皮膚反応の画像

ペムブロリズマブによる重篤な皮膚反応

ペムブロリズマブの治療を受けた患者で報告されたスティーブンス・ジョンソン症候群および中毒性表皮壊死症の致死的症例   ・日付:2017年5月16日 ・トピック:緩和および支持療法/がん免疫および免疫療法   2017年5
分子標的mTOR阻害薬が妊よう性温存の一助となる可能性の画像

分子標的mTOR阻害薬が妊よう性温存の一助となる可能性

マウスを対象とした新たな研究の知見から、ある種のがん分子標的治療薬にはがん治療以外に別の用途がある可能性が示唆された。その別の用途とは妊よう性温存であり、がん治療を受けている一部の若年女性において適用できる。   このマウスを対象
化学療法による末梢神経障害が、脳の機能訓練で軽減の画像

化学療法による末梢神経障害が、脳の機能訓練で軽減

ニューロフィードバックは標的となる脳活動の重要な変化にも繋がる テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターの研究によれば、がんサバイバーに認められる化学療法誘発性の神経損傷、つまりニューロパチー(末梢神経障害)の症状の軽減に、ニューロフィ
ポマリドミド+デキサメタゾン療法でB型肝炎ウイルス再活性化の可能性の画像

ポマリドミド+デキサメタゾン療法でB型肝炎ウイルス再活性化の可能性

B型肝炎ウイルス(HBV)既感染患者 において、ポマリドミド+デキサメタゾン療法後、まれながらHBVが再活性化した症例が報告された。   2017年3月1日、ポマリドミド(商品名:Imnovid)の承認取得者であるCelgene
移植関連サイトメガロウイルス感染症の発症を予防する新薬の画像

移植関連サイトメガロウイルス感染症の発症を予防する新薬

ドナー由来幹細胞移植の安全性が大きく向上する中、新規薬剤により移植後の患者で最も好発するウイルス感染症の発症が予防できることが、ダナファーバーがん研究所およびブリガム&ウィメンズ病院 の研究者らが主導する大規模臨床試験で示された。 &nbs
免疫療法薬がASCO アドバンス・オブ・ザ・イヤーにの画像

免疫療法薬がASCO アドバンス・オブ・ザ・イヤーに

2月4日世界対がんデーを前に、がん研究への米連邦政府助成金の増額を要請   免疫療法薬の研究の進歩により利益を受けるがん患者は増え続けており、米国臨床腫瘍学会(ASCO)はアドバンス・オブ・ザ・イヤーに2年連続で免疫療法薬を挙げた
遺伝子検査が骨髄異形成症候群への移植の指針となるの画像

遺伝子検査が骨髄異形成症候群への移植の指針となる

骨髄異形成症候群(MDS)患者への造血幹細胞移植において、1回の血液検査と医学的状態の基本情報があれば、効果が期待できる患者、および化学療法や放射線治療による最適な移植前処置の強度を判別できることが、ダナ・ファーバーがん研究所とブリガム・ア
免疫チェックポイント阻害剤の効果を血液検査で予測の画像

免疫チェックポイント阻害剤の効果を血液検査で予測

ある重要なタンパク質の血液検査をすれば、がん免疫療法の中で最も有望な治療薬の一つ、免疫チェックポイント阻害剤が奏効する可能性が高いがん患者を判定できると、ダナファーバーがん研究所が最近報告した。   Cancer Immunolo
高精度医療(プレシジョンメディシン)を理解するの画像

高精度医療(プレシジョンメディシン)を理解する

高精度医療(Precision medicine:プレシジョンメディシン)とは、患者ケアのアプローチの一つで、これにより、医師は疾患の遺伝子的理解に基づいて、患者に役立つ可能性が最も高い治療法を選択できるようになります。これは個別化医療とも
がんワクチンの画像

がんワクチン

免疫系とは免疫系は細胞、組織、臓器、およびそれらが作る物質からなり、体が感染症などの病気と戦う力を得るための複雑なネットワークです。病原微生物に対する防御における免疫系の役割はかなり以前から知られていました。研究により、免疫系はがん細胞も含