発信元

ビタミンEサプリメントは頭頸部癌患者には有害の画像

ビタミンEサプリメントは頭頸部癌患者には有害

キャンサーコンサルタンツ 2006年9月 カナダの研究者らの報告によると、1日あたり400IUのビタミンE(αトコフェロール)投与は、放射線治療をうけた頭頸部癌患者の死亡率38%増加に関与しているとのこと。この報告の詳細は Internat
あらゆる病期の肺癌において外科手術は生存率を改善しうるの画像

あらゆる病期の肺癌において外科手術は生存率を改善しうる

キャンサーコンサルタンツ 2006年9月ノルウェーの研究者らは、局所進行型や転移した肺癌患者を含む同疾患患者の治療成績が、肺癌の外科的切除により改善され得ると報告した。この試験の詳細は、Thoraxの2006年8月号に掲載されている。 肺癌
セレブレックス®は大腸腺腫の再発を減少させるが、心血管系疾患のリスクを高めるの画像

セレブレックス®は大腸腺腫の再発を減少させるが、心血管系疾患のリスクを高める

キャンサーコンサルタンツ2006年8月2つのランダム化試験によって、セレブレックス(セレコキシブ)が結腸直腸腺腫再発のリスクを減少させることがわかった。しかし、セレブレックスの使用は、心血管系の副作用のリスクを増加させた。これら2つの試験の
Campathは慢性リンパ球性白血病(CLL)の初期治療でクロラムブシルに対し優れた奏効の画像

Campathは慢性リンパ球性白血病(CLL)の初期治療でクロラムブシルに対し優れた奏効

キャンサーコンサルタンツ2006年8月2006年ASCO(米国臨床腫瘍学会)年次総会で最近発表された結果によれば、Campath(アレムツズマブ)はB細胞CLLの初期治療としてChlorambucilと比較して有意に優れた制癌奏効を示し、副
グリベックにより心毒性が発現しうるの画像

グリベックにより心毒性が発現しうる

キャンサーコンサルタンツ2006年8月8ヵ所の異なる医療施設の研究者らにより、グリベック(メシル酸イマチニブ)投与で慢性骨髄性白血病(CML)患者に重度の心毒性が発現する可能性があり、さらに同様の心臓への損傷は複数のマウスでもみられることが
FDA、新たに診断された急性リンパ芽球性白血病にOncasperを承認の画像

FDA、新たに診断された急性リンパ芽球性白血病にOncasperを承認

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:July 24, 2006 Media Inquiries: Susan Cruzan, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA 米国食品
2006年米国癌学会(AACR)年次総会ハイライトの画像

2006年米国癌学会(AACR)年次総会ハイライト

キャンサーコンサルタンツ2006年8月第97回米国癌学会(AACR)年次総会では、基礎およびトランスレーショナル(実験から臨床応用までをつなげる)科学のエキサイティングな結びつきがみられた。多くの研究をつなぐ下記のような、いくつかの大きなテ
アバスチン(ベバシズマブ)は卵巣癌に有効:追加的エビデンスの画像

アバスチン(ベバシズマブ)は卵巣癌に有効:追加的エビデンス

キャンサーコンサルタンツ2006年8月Gynecologic Oncology誌掲載の最近の論文2報によると、アバスチン(ベバシズマブ)は卵巣癌患者に有意な治療効果を示すことが確認されている。 アバスチンは、血管内皮増殖因子(VE
ジェムザールをオキサリプラチンまたはシスプラチンと組み合わせた場合、進行性膵臓癌患者の生存率が向上するの画像

ジェムザールをオキサリプラチンまたはシスプラチンと組み合わせた場合、進行性膵臓癌患者の生存率が向上する

キャンサーコンサルタンツ 2006年8月 ドイツの研究者らは、エロキサチン(オキサリプラチン)またはプラチノール(シスプラチン)をジェムザール(ジェムシタビン)に加えた場合、進行性膵臓癌の無増悪生存期間(PFS)および全生存期間(
イレッサ(ゲフィチニブ) /イレッサ、一部の肺癌患者の初期治療で有効の画像

イレッサ(ゲフィチニブ) /イレッサ、一部の肺癌患者の初期治療で有効

キャンサーコンサルタンツ2006年7月日本の研究者らは、EGFR遺伝子変異を有する進行性非小細胞肺癌(NSCLC)に対して、イレッサ(ゲフィチニブ)による初期治療により75%の奏効率が得られたとの結果を報告した。第2相試験の詳細は2006年
エロキサチンベースの化学療法は、胃癌の治療成功期間を延長させるの画像

エロキサチンベースの化学療法は、胃癌の治療成功期間を延長させる

キャンサーコンサルタンツ2006年7月多施設ランダム化第3相臨床試験の結果によると、エロキサチン(オキサリプラチン)ベースの化学療法は、プラチノール (シスプラチン)ベースのステージⅢ-IVの胃癌に対する化学療法と比較して、奏効率が向上し、
子宮頸癌予防ワクチン(Gardasil、Cervarix)の画像

子宮頸癌予防ワクチン(Gardasil、Cervarix)

キャンサーコンサルタンツ2006年7月子宮頸部癌のワクチン候補Cervarix(グラクソ・スミスクライン社)は、本剤を接種した15歳~55歳の女性全員(100%)において、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)16型および18型に対する抗体反応がみら
エビスタ(ラロキシフェン)の冠動脈性心疾患を有する女性における研究の画像

エビスタ(ラロキシフェン)の冠動脈性心疾患を有する女性における研究

キャンサーコンサルタンツ 2006年7月試験に関係する研究者らは、エビスタ(ラロキシフェン)が冠動脈性疾患(CHD)を有する女性の乳癌のリスクを減少させるが、致死的脳出血のリスクは上昇させることを報告した。この大規模な多施設ランダム化比較対
ざくろジュースは前立腺癌患者のPSAレベルを安定させる/カリフォルニア大学(UCLA)ジョンソンがんセンターの画像

ざくろジュースは前立腺癌患者のPSAレベルを安定させる/カリフォルニア大学(UCLA)ジョンソンがんセンター

ざくろジュースは前立腺癌患者においてPSAレベルを安定させる カリフォルニア大学(UCLA)ジョンソンがんセンター 2006/7/1 1日8オンス(1オンス=約29cc)のざくろジュースを飲むことで、治療後の前立腺癌患者の男性におけるPSA
ラパチニブ(Tykerb)とカペシタビンの併用はHer2陽性乳癌の進行を遅らせるの画像

ラパチニブ(Tykerb)とカペシタビンの併用はHer2陽性乳癌の進行を遅らせる

米国国立がん研究所(NCI)臨床試験結果Lapatinib (Tykerb®) Plus Capecitabine Delays Progression of HER2-Positive Breast Cancer 2006年America
Sprycel(dasatinib)/グリベック抵抗性CMLとALLにDasatinibが有効の画像

Sprycel(dasatinib)/グリベック抵抗性CMLとALLにDasatinibが有効

キャンサーコンサルタンツ 2006年6月UCLAとM.Dアンダーソンがんセンターの研究者らは、新しいキナーゼ阻害剤(Dasatinib(BMS-354825))が、グリベック(imatinib mesylate)に抵抗性のフィラデルフィア染
Nilotinib(Tasigna、AMN107)/グリベック抵抗性CML治療にNilotinibが有効の画像

Nilotinib(Tasigna、AMN107)/グリベック抵抗性CML治療にNilotinibが有効

キャンサーコンサルタンツ 2006年6月多国間国際臨床試験は、nilotinib(AMN107)が慢性骨髄性白血病(CML)患者の治療またはグリベック(imatinib mesylate)に奏効しなかった急性リンパ性白血病(ALL)のための
ゼヴァリン[Zevalin]/未治療の濾胞性NHL患者に対して有望なR-CHOP療法後のゼヴァリンの画像

ゼヴァリン[Zevalin]/未治療の濾胞性NHL患者に対して有望なR-CHOP療法後のゼヴァリン

キャンサーコンサルタンツ 2006年6月第2相試験の結果、濾胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)の初期治療として、R-CHOP療法(C:シクロフォスファミド(エンドキサン)、H:アドリアマイシン(アドリアシン)、O:ビンクリスチン(オンコビン)
進行腎細胞癌の一次治療にテムシロリムスまたはIFNαまたは両剤併用の第3相ランダム化比較試験の画像

進行腎細胞癌の一次治療にテムシロリムスまたはIFNαまたは両剤併用の第3相ランダム化比較試験

A phase 3, randomized, 3-arm study of temsirolimus(TEMSR) or interferon-alpha(IFN) or the combination of TEMSR + IFN in
転移腎細胞癌患者に対する初回全身治療としてスニチニブとインターフェロンα(IFN-α)を比較する第3相ランダム化試験の画像

転移腎細胞癌患者に対する初回全身治療としてスニチニブとインターフェロンα(IFN-α)を比較する第3相ランダム化試験

Phase III randomized trial of sunitinib malate(SU11248) versus interferon-alfa(IFN-α) as first-line systemic therapy for
進行胃食道癌患者を対象としたカペシタビンとフルオロウラシル、オキサリプラチンとシスプラチンの第3相REAL 2試験の画像

進行胃食道癌患者を対象としたカペシタビンとフルオロウラシル、オキサリプラチンとシスプラチンの第3相REAL 2試験

亜分類 食道、胃、小腸 分類 消化器癌(大腸を除く) 会議 2006年ASCO年次総会 抄録番号 LBA4017 引用文献 Journal of Clinical Oncology, 2006 ASCO Annual Meeting Pro
ハイカムチン(トポテカン)/経口ハイカムチン®(トポテカン)により再発性の非小細胞肺癌に対する経口療法が可能の画像

ハイカムチン(トポテカン)/経口ハイカムチン®(トポテカン)により再発性の非小細胞肺癌に対する経口療法が可能

キャンサーコンサルタンツ 2006年6月欧州、南アフリカ、カナダの研究者らは、経口ハイカムチン(トポテカン)および静注用タキソテールR(ドセタキセル)が再発性の非小細胞肺癌(NSCLC)に対する治療において同等の有益性を有することを報告した
未治療の濾胞性NHL患者に対して有望なR-CHOP療法後のゼヴァリン®[Zevalin]/リツキサン®[Rituxan]併用投与の画像

未治療の濾胞性NHL患者に対して有望なR-CHOP療法後のゼヴァリン®[Zevalin]/リツキサン®[Rituxan]併用投与

キャンサーコンサルタンツ2006年6月第2相試験の結果、濾胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)の初期治療として、R-CHOP療法(C:シクロフォスファミド(エンドキサン)、H:アドリアマイシン(アドリアシン)、O:ビンクリスチン(オンコビン)、
FDAはヒトパピローマウイルスに起因する子宮頚癌及びその他の女性疾患予防のための新ワクチンを承認の画像

FDAはヒトパピローマウイルスに起因する子宮頚癌及びその他の女性疾患予防のための新ワクチンを承認

迅速な承認は公衆衛生上の大きな進歩 米国食品医薬品局(FDA)は本日Gardasilを、ヒトパピローマウイルス(HPV)6、11、16、18型に起因する子宮頚癌、前癌症状である生殖器の病変、生殖器疣贅(ゆうぜい)を防ぐために開発された最初の