発信元

エルビタックス(セツキシマブ)安全性情報の画像

エルビタックス(セツキシマブ)安全性情報

原文腫瘍医および他の医療従事者向け ImClone Systems社、 Bristol-Myers Squibb社およびFDAは、医療従事者にエルビタックスの処方情報の枠線警告(BOXED WARNINGS)、警告(WARNING
他の治療前にパクリタキセル毎週投与は早期ステージ乳癌の転機を改善の画像

他の治療前にパクリタキセル毎週投与は早期ステージ乳癌の転機を改善

Weekly Paclitaxel (Taxol) Before Any Other Treatment Improves Outcomes in Early-Stage Breast Cancer (Posted: 09/12/2005)
AMD-3100+G-CSF幹細胞移植の画像

AMD-3100+G-CSF幹細胞移植

Thomas Jefferson University Hospital Jefferson大学の臨床試験で、幹細胞移植の必要な患者に新しい薬の可能性が示唆される Thomas Jefferson University Hospital,
術後放射線によって前立腺癌の再発リスクが低下の画像

術後放射線によって前立腺癌の再発リスクが低下

Radiation After Surgery Cuts Risk of Recurrence in Prostate Cancer(Posted: 09/07/2005)The Lancetの2005年8月13日号によると、外科手術によっ
悪性神経膠腫の定位手術的照射について総括レビュー/米国放射線腫瘍学会(ASTRO)の画像

悪性神経膠腫の定位手術的照射について総括レビュー/米国放射線腫瘍学会(ASTRO)

米国放射線腫瘍学会(The American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 、ASTRO) による、悪性神経膠腫に対する定位手術的照射の役割についてのエビデンスにもとづいたレビ
脳転移の定位手術的照射について総括レビュー/米国放射線腫瘍学会(ASTRO)の画像

脳転移の定位手術的照射について総括レビュー/米国放射線腫瘍学会(ASTRO)

米国放射線腫瘍学会(The American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 、ASTRO) による、脳転移に対する定位手術的照射の役割についてのエビデンスにもとづいたレビュー
非小細胞肺癌ステージIIIB期の生存率がL-BLP25ワクチンで改善する可能性の画像

非小細胞肺癌ステージIIIB期の生存率がL-BLP25ワクチンで改善する可能性

キャンサーコンサルタンツ 2005年9月カナダと英国からの研究者らは、L-BLP25ワクチンを投与してMUC1蛋白に対するワクチン化をすることで、非小細胞肺癌(NSCLC)のステージIIIB期にある患者の生存率が改善したことを報告した。この
ハーセプチンHerceptin(trastuzumab)安全性情報の画像

ハーセプチンHerceptin(trastuzumab)安全性情報

原文腫瘍医、心臓内科医向け  ジェネンテック社とFDAは、National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project (NSABP) 試験(B-31)の結果から得られたハーセプチン (t
早期乳癌にはタモキシフェン投与に続くアナストロゾール投与がタモキシフェン単独投与より有効の画像

早期乳癌にはタモキシフェン投与に続くアナストロゾール投与がタモキシフェン単独投与より有効

Anastrozole After Tamoxifen Better for Early Breast Cancer than Tamoxifen Alone (Posted: 08/30/2005) 発表された2つの類似試験によると、一部
エルロチニブ(タルセバ)と化学療法併用は、非小細胞肺癌の全生存率を改善しないの画像

エルロチニブ(タルセバ)と化学療法併用は、非小細胞肺癌の全生存率を改善しない

Erlotinib (TarcevaR) Plus Chemotherapy Fails to Improve Overall Survival in Non-Small Cell Lung Cancer(Posted: 08/29/200
外科手術は転移癌を起因とする脊髄圧迫の軽減に役立つの画像

外科手術は転移癌を起因とする脊髄圧迫の軽減に役立つ

Surgery Helps Relieve Spinal Cord Compression Caused by Metastatic Cancer (Posted: 06/02/2003, Updated: 08/23/2005) 転移癌に
個別化医療を前進させる遺伝子テストをFDAが認めるの画像

個別化医療を前進させる遺伝子テストをFDAが認める

FDA NEWS2005/8/22今日、FDAは医者が一部の患者に個別化薬物治療の決定を助ける新しい血液検査の販売を認めた。Invader UGT1A1 Molecular Assayは、ある薬がどのように体内で分解され排除されるかに影響が
HIF-1は放射線の癌殺傷効果を高める/デューク大学の画像

HIF-1は放射線の癌殺傷効果を高める/デューク大学

放射線の癌殺傷効果を高めるDuke大学の研究 Duke Experiments Boost Radiation's Cancer-Killing Effects DukeMed News 2005/8/15 DURHAM, N.C.-研究員
凍結手袋(frozen glove)の使用によりドセタキセル化学療法による皮膚と爪への損傷を軽減の画像

凍結手袋(frozen glove)の使用によりドセタキセル化学療法による皮膚と爪への損傷を軽減

Frozen Glove Reduces Skin and Nail Damage from Docetaxel Chemotherapy (Posted: 08/01/2005)ドセタキセル(タキソテールR)の静注投与中、手を非常に低温に
カルボプラチンがセミノーマに放射線より毒性が少ない可能性の画像

カルボプラチンがセミノーマに放射線より毒性が少ない可能性

Carboplatin May Be Less Toxic Than Radiation for Seminoma (Posted: 06/07/2004, Updated: 08/03/2005)July 23, 2005, issue
ビタミンEは頭頸部癌患者に有益でないの画像

ビタミンEは頭頸部癌患者に有益でない

Vitamin E Does Not Help Head and Neck Cancer Patients(Posted: 08/01/2005)放射線治療を受けた頭頸部癌患者の大規模ランダム化試験で、ビタミンEサプリメントは二次性原発腫瘍
予防効果を示す天然物の研究 - クルクミン、プロポリスの画像

予防効果を示す天然物の研究 - クルクミン、プロポリス

予防効果を示す天然物の研究 - クルクミン、プロポリス Researchers Study Natural Products That May Prevent.. Wake Forest University Baptist Medical
貧血および腫瘍低酸素環境とがん患者【PubMed】の画像

貧血および腫瘍低酸素環境とがん患者【PubMed】

【PubMed】 Anemia, tumor hypoxemia, and the cancer patient.Varlotto J, Stevenson MA.Department of Radiation Oncology, Bost
カペシタビン(ゼローダR)はステージⅢ大腸癌の術後化学療法の代替治療となるの画像

カペシタビン(ゼローダR)はステージⅢ大腸癌の術後化学療法の代替治療となる

Capecitabine (XelodaR) an Alternative in Post-Surgery Treatment of Stage III Colon Cancer (Posted: 07/27/2005) June 30,
ゼローダ(カペシタビン)と放射線療法の併用は高齢または衰弱した膀胱癌患者に有効の画像

ゼローダ(カペシタビン)と放射線療法の併用は高齢または衰弱した膀胱癌患者に有効

キャンサーコンサルタンツ 2005年8月ウェイン州立大学の研究発表によると、ゼローダ(カペシタビン)と放射線療法の併用は手術やPlatinol(シスプラチン)をベースとした化学療法の対象とならない高齢または衰弱した膀胱癌患者にとって忍容性と
FDAが、フェンタニル・パッチに関する公衆衛生勧告を発動の画像

FDAが、フェンタニル・パッチに関する公衆衛生勧告を発動

FDA STATEMENT 2005/7/15 疼痛管理用の強力な麻薬製剤である経皮的フェンタニル・パッチを使用した患者の死亡例が報告されたことを受け、FDAは本日パッチの安全使用に関して公衆衛生勧告を発動した。さらに患者向け情報冊子および
フェンタニル経皮的(皮膚)パッチ安全性情報の画像

フェンタニル経皮的(皮膚)パッチ安全性情報

原文 医療従事者、患者、介護者向け FDAは、疼痛緩和へのフェンタニル経皮(皮膚)パッチの使用患者においてフェンタニルの過剰投与による死亡または他の重篤な副作用の報告を医療従事者、患者および介護者に警告する公衆衛生勧告を発行した。
Duragesic (fentanyl transdermal systemフェンタニル貼付剤)安全性情報の画像

Duragesic (fentanyl transdermal systemフェンタニル貼付剤)安全性情報

原文疼痛専門医、腫瘍医、他の医療従事者向け  Janssen社及びFDAは医療従事者にDuragesic処方情報の枠線警告、警告、禁忌、使用上の注意、投与量と投与方法のセクションの改訂を通達した。この改訂には薬剤ラベルの次の重要な
Bortezomib(ベルケード)、多発性骨髄腫において標準治療より長く進行を遅らせるの画像

Bortezomib(ベルケード)、多発性骨髄腫において標準治療より長く進行を遅らせる

http://cancer.gov/clinicaltrials/results/bortezomib0604 (Posted: 06/05/2004, Updated: 07/06/2005)海外第3相試験の早期結果で、新標的薬borte