発信元

低脂肪食はER陽性/PR陰性乳癌の予防に役立つ可能性の画像

低脂肪食はER陽性/PR陰性乳癌の予防に役立つ可能性

キャンサーコンサルタンツ脂肪の摂取量を減らすことはエストロゲン受容体(ER)陽性/プロゲステロン受容体(PR)陰性乳癌の発症リスクを低下させる可能性がある。この所見はCancer Epidemiology, Biomarkers &
米国のHIV陽性者でがん罹患数が上昇の画像

米国のHIV陽性者でがん罹患数が上昇

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2015年2月9日 米国人HIV感染者約90万人のうち,推定約7760人が2010年に新たにがんと診断された。米国における最初の包括的な研究によると、これらのうち約半数のがん(
FDAが放射性ヨウ素抵抗性の進行性分化型甲状腺癌にレンバチニブを承認の画像

FDAが放射性ヨウ素抵抗性の進行性分化型甲状腺癌にレンバチニブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は本日、放射性ヨウ素治療を受けたにもかかわらず病勢進行がみられる進行性分化型甲状腺癌(DTC)(放射性ヨウ素治療抵抗性甲状腺癌)の患者に対する治療薬として、レンバチニブ[len
OncoLog 2015年1月号◆大腸癌の肝転移・肺転移の同時切除により2回目の手術は不要にの画像

OncoLog 2015年1月号◆大腸癌の肝転移・肺転移の同時切除により2回目の手術は不要に

MDアンダーソン OncoLog 2015年1月号(Volume 60 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
FOLFIRI+ラムシルマブ併用療法は進行性大腸癌患者の癌の進行を遅らせ、生存期間を改善するの画像

FOLFIRI+ラムシルマブ併用療法は進行性大腸癌患者の癌の進行を遅らせ、生存期間を改善する

キャンサーコンサルタンツ初期治療以降、病勢が進行した進行性大腸癌患者1,072人を対象とした国際共同第3相臨床試験の結果が、サンフランシスコでまもなく開催される消化器癌シンポジウムにて報告される予定である。この臨床試験の結果から、分子標的薬
癌の治療計画を立てることで不安が軽減する可能性の画像

癌の治療計画を立てることで不安が軽減する可能性

キャンサーコンサルタンツ進行性の癌患者において、将来の治療について計画を立てることは精神的な苦痛を与えず、むしろ不安を軽減する可能性があるという研究結果が、Journal of Pain and Symptom Management誌に掲載
エベロリムス+トラスツズマブ+パクリタキセル併用はホルモン受容体陰性/HER2陽性進行乳癌に有効の画像

エベロリムス+トラスツズマブ+パクリタキセル併用はホルモン受容体陰性/HER2陽性進行乳癌に有効

キャンサーコンサルタンツエベロリムス(アフィニトール)+トラスツズマブ(ハーセプチン)+パクリタキセル併用療法は、ホルモン受容体(HR)陰性であるHER2陽性進行乳癌患者に有効と思われる。これらの試験結果は、テキサス州サンアントニオで201
FDAが閉経後進行乳癌患者に対するパルボシクリブを承認の画像

FDAが閉経後進行乳癌患者に対するパルボシクリブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は、2月3日、進行性(転移性)乳癌患者に対する治療薬としてパルボシクリブ[palbociclib](商品名:Ibrance)を迅速承認した。 女性の乳癌は、米国で2番
直腸癌患者の一部は手術不要の可能性 – 化学放射線療法に加え「経過観察」することは安全で、より優れた生活の質につながる可能性があるの画像

直腸癌患者の一部は手術不要の可能性 – 化学放射線療法に加え「経過観察」することは安全で、より優れた生活の質につながる可能性がある

ASCOの見解 「たとえば人工肛門造設術などの手術を回避することによって、患者の生活の質を著しく向上させる可能性があります。しかし、このアプローチが癌の再発率を高めることにならないことを確かめるため、より長期にわたる経過観察が必要です。この
高い血中ビタミンD濃度が、進行性大腸癌患者における生存の著しい改善に関連の画像

高い血中ビタミンD濃度が、進行性大腸癌患者における生存の著しい改善に関連

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解: 「生存改善に加えて、ビタミンDは癌の成長速度を遅くする、あるいは治療の効果を高めるなどの可能性が示唆されるなど、高い血中ビタミンD濃度は化学療法に耐性を示す癌に対して長期にわたり関連した」と本日の報道会
コーヒーがメラノーマのリスクを低下させる可能性の画像

コーヒーがメラノーマのリスクを低下させる可能性

キャンサーコンサルタンツコーヒーは元気回復以上の効果があるかもしれない。新たな研究結果によれば、コーヒーを飲む人は悪性メラノーマになる可能性が低く、カップ1杯飲む度にリスクが低下するということである[1]。コーヒーは長らく各種の癌のリスク低
OncoLog 2015年1月号◆IMPACT2試験で分子プロファイリングによるがんの個別化治療の有用性を検証の画像

OncoLog 2015年1月号◆IMPACT2試験で分子プロファイリングによるがんの個別化治療の有用性を検証

MDアンダーソン OncoLog 2015年1月号(Volume 60 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
避妊薬により悪性脳腫瘍リスクが上昇する可能性の画像

避妊薬により悪性脳腫瘍リスクが上昇する可能性

キャンサーコンサルタンツデンマークにおける研究経口避妊薬を5年以上服用すると、稀ではあるが致死率の高い悪性脳腫瘍である多形性膠芽腫(GBM)の発症リスクが倍増する恐れがあることを示唆する臨床試験結果がこのほど発表された。 多形性膠
OncoLog 2015年1月号◆House Call「がんであることを子どもに伝えるとき」の画像

OncoLog 2015年1月号◆House Call「がんであることを子どもに伝えるとき」

MDアンダーソン OncoLog 2015年1月号(Volume 60 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2015年1月号◆乳癌患者の一部では、短期全乳房照射が有用な可能性の画像

OncoLog 2015年1月号◆乳癌患者の一部では、短期全乳房照射が有用な可能性

MDアンダーソン OncoLog 2015年1月号(Volume 60 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
小児の消化管間質腫瘍(GIST)にみられる重大な分子欠損に重要な診断的意味合いの画像

小児の消化管間質腫瘍(GIST)にみられる重大な分子欠損に重要な診断的意味合い

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年12月24日 米国国立癌研究所(NCI)の研究者らは、消化管間質腫瘍(GIST)として知られる小児がんに重要な診断的意味合いをもつと考えられる重大な分子欠損があること
FOLFIRI+ラムシルマブによる二次治療で、進行性大腸癌患者の病状進行が遅延し生存期間が延長の画像

FOLFIRI+ラムシルマブによる二次治療で、進行性大腸癌患者の病状進行が遅延し生存期間が延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解: 「胃癌や肺癌への有効性が実証されている血管新生阻害剤のラムシルマブ[ramucirumab]が、転移性大腸癌に有効であることが今回明らかになった。現在、患者の大腸癌が進行した場合、FOLFIRI二次化学
セツキシマブは大腸癌の初期治療においてベバシズマブより優れている可能性の画像

セツキシマブは大腸癌の初期治療においてベバシズマブより優れている可能性

キャンサーコンサルタンツ遠隔転移を有する大腸癌患者の治療において、標準的一次FOLFIRI化学療法とセツキシマブ(アービタックス)の併用は、FOLFIRIとベバシズマブ(アバスチン)の併用に比べ、患者の生存期間を延長することを示す第3相FI
在宅ホスピスで患者管理とケアを行う「スマートテクノロジー」システムは、がん患者と家族介護者の双方に有用の画像

在宅ホスピスで患者管理とケアを行う「スマートテクノロジー」システムは、がん患者と家族介護者の双方に有用

(折畳記事) *この要約には抄録にはない最新データが記載されています   319家族を対象にした研究の初期結果から、電話ベースの革新的な症状モニタリングとコーチングのシステムを在宅ホスピスでのケア中に利用することで、最期の数週間に
高濃度乳腺では、マンモグラフィ検診に超音波検査を追加すると癌検出率が向上の画像

高濃度乳腺では、マンモグラフィ検診に超音波検査を追加すると癌検出率が向上

高濃度乳腺(dense breast)を有しマンモグラフィが正常だった女性に、乳房の超音波検査を追加で行ったところ乳癌検出率が向上したことが、サンアントニオ乳癌シンポジウム2014(2014年12月9~13日)で発表されたデータにより明らか
前立腺癌診断における画像ガイド下生検により高リスク腫瘍の検出が可能の画像

前立腺癌診断における画像ガイド下生検により高リスク腫瘍の検出が可能

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2015年1月27日 前立腺生検において疑わしい領域を特定する画像ガイド技術に関する最近行われた最大規模の前向き研究で、研究者らは、画像ガイド技術による高リスク前立腺癌の検出能
FOLFOXIRI+ベバシズマブで転移性大腸癌患者の生存率が2倍にの画像

FOLFOXIRI+ベバシズマブで転移性大腸癌患者の生存率が2倍に

キャンサーコンサルタンツ転移性大腸癌患者に対する4剤化学療法レジメン+ベバシズマブ(アバスチン)治療は、標準的な3剤レジメン+ベバシズマブと比較すると生存率が2倍になるという臨床試験結果が、サンフランシスコで開催された2015年消化器癌シン
Pictilisibとフルベストラントの併用はER/PR陽性の進行乳癌女性に有効である可能性の画像

Pictilisibとフルベストラントの併用はER/PR陽性の進行乳癌女性に有効である可能性

開発中のpictilisib[ピクチリシブ、旧GDC-0941]を内分泌療法薬のフルベストラントと併用したところ、アロマターゼ阻害剤抵抗性を獲得したエストロゲン受容体(ER)陽性かつプロゲステロン受容体(PR)陽性の進行性および転移性乳癌女
フルベストラントはアナストロゾールよりも進行性乳癌患者の生存期間を延長の画像

フルベストラントはアナストロゾールよりも進行性乳癌患者の生存期間を延長

ホルモン受容体陽性進行性乳癌で、過去に進行疾患に対する治療を受けていない患者において、フルベストラントを投与した患者ではアナストロゾールを投与した患者よりも生存期間の延長がみられたことが、2014年サンアントニオ乳癌シンポジウム(12月9日