発信元

エロツズマブの併用により、再発性多発性骨髄腫における進行リスクが大きく低減の画像

エロツズマブの併用により、再発性多発性骨髄腫における進行リスクが大きく低減

ASCOの見解 ASCO次期会長、経営学修士、米国臨床腫瘍学会フェロー(Fellow of the American Society of Clinical Oncology:FASCO)、Julie M. Vose医師 「血液がんの中で3
造血幹細胞移植後のブレンツキシマブ・ベドチンがホジキンリンパ腫の生存期間を改善の画像

造血幹細胞移植後のブレンツキシマブ・ベドチンがホジキンリンパ腫の生存期間を改善

キャンサーコンサルタンツ再発または難治性ホジキンリンパ腫(HL)患者において、自家造血幹細胞移植後のブレンツキシマブ・ベドチン(アドセトリス)投与は生存期間を改善する可能性がある。Lancet誌電子版にてこれらの試験結果が発表された。&nb
経口ビタミン剤の服用だけで、よく認められる非黒色腫性皮膚がんの発生リスクが低下の画像

経口ビタミン剤の服用だけで、よく認められる非黒色腫性皮膚がんの発生リスクが低下

ASCOの見解 ASCO会長、米国内科学会名誉上級会員(Fellow of American College of Physicians:FACP)、米国臨床腫瘍学会フェロー(Fellow of the American Society o
OncoLog 2015年4月号◆分子標的薬治療で高リスクのメラノーマ(悪性黒色腫)再発に先手を打つの画像

OncoLog 2015年4月号◆分子標的薬治療で高リスクのメラノーマ(悪性黒色腫)再発に先手を打つ

MDアンダーソン OncoLog 2015年4月号(Volume 60 / Number 4)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2015年4月号◆House Call「医療ニュースの読み解き方」の画像

OncoLog 2015年4月号◆House Call「医療ニュースの読み解き方」

MDアンダーソン OncoLog 2015年4月号(Volume 60 / Number 4)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
センチネルリンパ節生検の画像

センチネルリンパ節生検

原文更新日: 11/18/2011NCIファクトシート 原文ページへ―キーポイント― •センチネルリンパ節とは、がん細胞が原発巣から最初に転移する可能性が最も高いリンパ節のことです。•センチネルリンパ節生検(SLNB)は、体内のがんの拡がり
OncoLog 2015年5月号◆In Brief「センチネルリンパ節マッピングによりリンパ節転移を有する高リスク子宮体がんを同定」の画像

OncoLog 2015年5月号◆In Brief「センチネルリンパ節マッピングによりリンパ節転移を有する高リスク子宮体がんを同定」

MDアンダーソン OncoLog 2015年5月号(Volume 60 / Number 5)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
早期乳がん女性患者のほとんどが広範囲のリンパ節摘出を回避―根治施術はもはや不要との科学的証拠の支持増加の画像

早期乳がん女性患者のほとんどが広範囲のリンパ節摘出を回避―根治施術はもはや不要との科学的証拠の支持増加

キャンサーコンサルタンツ米国外科学会(ACS)からの情報 シカゴ発(2015年3月26日):早期乳がん女性患者に関する新たな研究によれば、隣接リンパ節生検でがんが見つかった場合、外科医が腋窩部分のリンパ節の大部分を切除するのはもは
コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める可能性の画像

コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める可能性

    「ホルモン剤タモキシフェンとコーヒー2杯を毎日摂取するとがん予防効果を上げ、(乳がん)腫瘍再発のリスクを軽減させることが判明した」と英Mail Online紙が報告した。同研究はまた、カフェインががんの増殖を遅らせることも
免疫療法:免疫系を利用してがんを治療するの画像

免疫療法:免疫系を利用してがんを治療する

NCIファクトシート 原文更新日: 10/17/2014異常細胞を見つけて排除する免疫系。その免疫系が本来もつ能力は多くのがんの発生を抑制する可能性がある。しかし、一部のがんは、免疫系による検知と排除から逃れることができる。こうしたがんは、
生涯を通じて激しい身体活動は非ホジキンリンパ腫(NHL)の発症リスクを低下させる可能性の画像

生涯を通じて激しい身体活動は非ホジキンリンパ腫(NHL)の発症リスクを低下させる可能性

身体活動が大腸がんと乳がんの発症リスクを低下させることが先行試験で示される   生涯にわたる活発な身体活動(運動)は非ホジキンリンパ腫(NHL)の発症リスクを低下させる可能性がある。これは、米国がん学会発行のCancer Epid
再発多発性骨髄腫患者に対し、カルフィルゾミブがボルテゾミブよりも優越性を示すの画像

再発多発性骨髄腫患者に対し、カルフィルゾミブがボルテゾミブよりも優越性を示す

キャンサーコンサルタンツカルフィルゾミブ[carfilzomib](カイプロリス)と少量デキサメタゾンの併用と、ボルテゾミブ(ベルケイド)と少量デキサメタゾンの併用を直接比較した第3相臨床試験ENDEAVORの中間解析の結果、カルフィルゾミ
小児がんサバイバー数が増加、多くが障害を抱えるの画像

小児がんサバイバー数が増加、多くが障害を抱える

小児がんサバイバー総数が増加していると推測されており、また、がん診断後5年以上生存している患者の大多数が慢性の健康障害を1つ以上抱えている可能性がある。これは、米国がん学会の機関紙Cancer Epidemiology, Biomarker
ベバシズマブ+パクリタキセル+カルボプラチンの併用でプラチナ感受性再発卵巣がんの生存期間が延長の画像

ベバシズマブ+パクリタキセル+カルボプラチンの併用でプラチナ感受性再発卵巣がんの生存期間が延長

キャンサーコンサルタンツプラチナ感受性再発卵巣がんの治療において、パクリタキセル(タキソール)+カルボプラチンにベバシズマブ(アバスチン)を追加することで、生存期間が延長する。この研究結果は2015年3月28日から31日にかけてイリノイ州シ
長期のスタチンの使用により肺がん死のリスクが低下の画像

長期のスタチンの使用により肺がん死のリスクが低下

米国がん学会の論文誌であるCancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention誌にて発表された研究によると、肺がんと診断される前後の年にスタチンを使用した肺がん患者では、この疾患による死亡のリスク
青年期の骨肉腫患者はこれまで考えられていた以上の割合で遺伝性の遺伝子変異を有するの画像

青年期の骨肉腫患者はこれまで考えられていた以上の割合で遺伝性の遺伝子変異を有する

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2015年4月20日 小児および青年の骨肉腫(骨のがん)患者が有する既知のがん抑制遺伝子の遺伝性の変異は、従来考えられていたよりもより多いことが新たな研究により明らかになってい
ペンブロリズマブはイピリムマブよりも進行性メラノーマの治療に有益の画像

ペンブロリズマブはイピリムマブよりも進行性メラノーマの治療に有益

進行性メラノーマ患者の一次治療として米国食品医薬品局(FDA)が承認した2種類の免疫チェックポイント阻害剤を比較した最初のランダム化試験では、ペンブロリズマブ[pembrolizumab](キートルーダ)は全評価項目でイピリムマブ[ipil
がんの治療、予防および患者ケアの進歩が明らかに(2015年ASCO年次総会報道向けプログラム)の画像

がんの治療、予防および患者ケアの進歩が明らかに(2015年ASCO年次総会報道向けプログラム)

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、2015年ASCO年次総会報道向けプログラムで取り上げる予定の研究を発表した。数々のがんに対する進歩や、免疫療法、標的治療、外科手術、放射線治療、がんの予防および患者の生活の質(QOL)を改善する革新的な
ペンブロリズマブが進行性非小細胞肺がんに有望、臨床転帰はバイオマーカーに相関の画像

ペンブロリズマブが進行性非小細胞肺がんに有望、臨床転帰はバイオマーカーに相関

ペンブロリズマブ[pembrolizumab]の免疫療法は進行性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に安全で、持続的な臨床効果をもたらすことが明らかになった。そして、腫瘍のプログラム細胞死リガンド1(PD-L1)タンパク質レベルが高い患者ほど臨
ラムシルマブのFDA承認の画像

ラムシルマブのFDA承認

商標名:Cyramza・転移性大腸がんに対するFOLFIRI療法との併用下での承認(2015年4月24日) ・白金製剤抵抗性転移性非小細胞肺がんに対するドセタキセル併用下での承認(2014年12月12日) ・進行性胃がんもしくは胃食道接合部
野菜と魚の豊富な食事が大腸がんのリスクを減少させる可能性の画像

野菜と魚の豊富な食事が大腸がんのリスクを減少させる可能性

英国医療サービス(NHS) 2015年3月10日火曜日 ペスコ・ベジタリアン(魚菜食主義者)の食事は、大腸がんのリスクを減少させることが判明した。 「魚菜食のみを食べると大腸がんの予防となる可能性が、新しい研究で示された」とMai
ニュース解説―アンジェリーナ・ジョリーのリスク低下のための卵巣がん切除術の画像

ニュース解説―アンジェリーナ・ジョリーのリスク低下のための卵巣がん切除術

英国医療サービス(NHS) 2015年3月24日火曜日 ニューヨークタイムズ誌の記事によると、アンジェリーナ・ジョリーは、50%の確率で卵巣がんに罹るとの検査結果を受けて、最近になり卵巣と卵管を摘出したと発表しました。この手術は、以前受けた
イヌはどのように前立腺がんを嗅ぎ分けたのかの画像

イヌはどのように前立腺がんを嗅ぎ分けたのか

英国医療サービス(NHS) 2015年4月13日 月曜日「訓練を受けたイヌが、90%以上の精度で前立腺がんを検知した」とガーディアン紙(The Guardian)は報告している。訓練を受けた2頭の爆発物探知犬はまた、高い精度で尿検体に含まれ
パゾパニブ+パクリタキセルが再発性・難治性膀胱がん治療に有望の画像

パゾパニブ+パクリタキセルが再発性・難治性膀胱がん治療に有望

キャンサーコンサルタンツパゾパニブ(ヴォトリエント)+パクリタキセル(タキソール)の併用療法は、既存の治療後に奏効しなかったか、再発した膀胱がんに対し有効である可能性がある。この知見は、フロリダ州オーランドで2月26~28日に開催された20