ブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤acalabrutinibは慢性リンパ性白血病治療において安全かつ有効

キャンサーコンサルタンツ

新規薬剤acalabrutinib(ACP-196)は、慢性リンパ性白血病(CLL)患者において、忍容性が良好であり、長期にわたり高い寛解率をもたらすという臨床試験結果がNew England Journal of Medicine誌に掲載された。

CLLは異型リンパ球の産生を特徴とする疾患である。リンパ球は分化した免疫細胞であり、主にB細胞およびT細胞の2種類で存在する。B細胞とT細胞は骨髄で産生され、それぞれが特有の機能によって感染から身を守る役割を果たす。CLLの症例の大半は正常よりもはるかに寿命が長い成熟B細胞を有する。B細胞は血液、骨髄、リンパ節および脾臓に蓄積するため、それらの部位で過剰となり、血液および免疫細胞の形成と機能が抑制される。

さらに、腫瘍性のリンパ球自体は正常に機能しないため、身体の感染に対する抵抗力がいっそう低下する。この疾患は徐々に悪化する傾向がある。

acalabrutinibは、ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤である。BTKは、CLL細胞表面から細胞核内遺伝子へ増殖シグナルを伝達して、がん細胞の生存と増殖を可能にするタンパク質の鎖の一部であるが、本剤はこのBTKに恒久的に結合することにより作用する。BTK阻害剤はこの増殖シグナルの流れを遮断し、CLL細胞を死滅させる。CLL治療薬として最初に承認されたBTK阻害剤ibrutinib[イブルチニブ](商品名:Imbruvica)とは異なり、acalabrutinibはより選択的にBTK伝達経路を阻害し、既知の副作用をいくらか回避する可能性があることを今回の試験結果は示唆する。

第1相、第2相と連続して行われた臨床試験に参加したCLL患者について、異なる投与量ごとにacalabrutinibを評価し、治療開始から平均14.3カ月間追跡した。研究者らの全体報告によると、治療の寛解率は95%であった。本剤をヒトに初めて使用した今回の臨床試験に参加した患者61人のうち、治療を終了できたのは87%であった。リヒター症候群(CLLが急速増殖型のリンパ腫に変化する珍しい病態)に移行した患者はおらず、がんが進行したのは1人のみであった。

acalabrutinibは、CLL治療において有望視されており、革新的な治療薬である。ここ数年間で、新規医薬品数と治療選択肢が増えたことはCLL患者の利益になっており、CLL治療全体に対する希望を与えている。

参考文献:
Reference: Byrd J, Harrington B, O’Brien S, et al. Acalabrutinib (ACP-196) in Relapsed Chronic Lymphocytic Leukemia. New England Journal of Medicine. December 7, 2015DOI: 10.1056/NEJMoa1509981.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 岐部幸子

監修 北尾章人(血液・腫瘍内科/神戸大学大学院医学研究科)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

白血病に関連する記事

【ASCO2024年次総会】アシミニブは新規診断白血病(CML)の治療選択肢として有望の画像

【ASCO2024年次総会】アシミニブは新規診断白血病(CML)の治療選択肢として有望

ASCOの見解(引用)「アシミニブ(販売名:セムブリックス)は、現在の標準治療である分子標的治療薬と比較して優れた有効性を示し、有害事象、投薬の中断および中止が少なく、安全性プ...
意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
【米国血液学会(ASH)】進行した急性骨髄性白血病に新規メニン阻害薬が有望の画像

【米国血液学会(ASH)】進行した急性骨髄性白血病に新規メニン阻害薬が有望

MDアンダーソンがんセンター特定の遺伝子変異を有する白血病に有望な効果が、MDアンダーソン主導の2つの臨床試験で示されるテキサス大学MDアンダーソンがんセンター主導の2つの臨床...
再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望の画像

再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望

オハイオ州立大学総合がんセンターオハイオ州立大学総合がんセンター・アーサーG.ジェイムズがん病院リチャードJ.ソロベ研究所(OSUCCC – James)の研究者らが研究している新しい...