発信元

腫瘍ボード会議への腫瘍医の参加は肺癌または大腸癌患者の予後改善と関連がある可能性の画像

腫瘍ボード会議への腫瘍医の参加は肺癌または大腸癌患者の予後改善と関連がある可能性

*この要約には抄録にはない最新データが記載されています   最近行われた患者約5,000人と腫瘍医約1,600人による地域住民対象の研究で、週1回定例の腫瘍ボード(Tumor Board)会議への医師の参加は、ステージIV大腸癌お
扶養する子どもの存在が、進行癌患者のより積極的な延命治療を求める動機付けとなるの画像

扶養する子どもの存在が、進行癌患者のより積極的な延命治療を求める動機付けとなる

*この要約には抄録にはない最新データが記載されています   子を持つ進行癌患者42人を対象とした試験的研究から、子どもの存在が治療の意思決定において重要な要因になるとの結果が示された。子どもの存在が治療決定にどう影響するか聞いたと
非小細胞肺癌摘出後のMAGE-A3癌免疫補助療法剤は無病生存期間(DFS)を延長しないの画像

非小細胞肺癌摘出後のMAGE-A3癌免疫補助療法剤は無病生存期間(DFS)を延長しない

第3相二重盲検ランダム化プラセボ対照試験MAGRITの結果報告  議題: 肺などの胸部腫瘍/癌免疫学   癌を摘出したMAGE-A3陽性非小細胞肺癌(NSCLC)患者の術後補助療法として、AS15アジュバント添加遺伝子組み換えMA
難治性転移性の大腸癌患者を対象とした新たな抗癌剤TAS-102が優先審査に指定されるの画像

難治性転移性の大腸癌患者を対象とした新たな抗癌剤TAS-102が優先審査に指定される

キャンサーコンサルタンツ難治性転移性大腸癌患者の治療として現在開発中の新たな抗癌剤TAS-102が、米国食品医薬品局(FDA)によって優先審査の指定を受けた。 アメリカ癌協会の推定によると、米国では2013年に102,000人以上
ベバシズマブを併用した二次治療でHER2陰性進行乳癌患者の無増悪生存期間が改善の画像

ベバシズマブを併用した二次治療でHER2陰性進行乳癌患者の無増悪生存期間が改善

キャンサーコンサルタンツHER2陰性の進行乳癌の二次治療として、化学療法にベバシズマブ(アバスチン)を併用すれば、無増悪生存期間が改善する。ユニバーシティ・ウィメンズ病院(ドイツ、フランクフルト)のvon Minckwitz氏らはこのほど、
乾癬患者は発癌リスクが高いことを示す研究結果の画像

乾癬患者は発癌リスクが高いことを示す研究結果

キャンサーコンサルタンツ民間医療保険請求データを後方視的に分析した最近の結果から、乾癬患者における癌発生率が高く、一部の乾癬治療薬はリスクをさらに高める可能性があるものと思われた。 マサチューセッツ総合病院のAlexa B. Ki
リンパ節転移陽性前立腺癌患者の一部に放射線治療の有用性を確認の画像

リンパ節転移陽性前立腺癌患者の一部に放射線治療の有用性を確認

キャンサーコンサルタンツ ホルモン治療に加えて放射線治療を行うことが、リンパ節転移を伴う進行性前立腺癌患者に有用性をもたらすという報告が、このほどJournal of Clinical Oncology誌に掲載された。 (皮膚癌を
癌患者の3人に1人は不安障害などの精神的な健康問題を抱えているの画像

癌患者の3人に1人は不安障害などの精神的な健康問題を抱えている

概要 •ドイツ全土のがんセンターで実施された大規模研究の結果が2014年10月6日にJournal of Clinical Oncology誌電子版で発表され、癌患者の32%は、不安障害、うつ病性障害、適応障害など臨床的に重要な精神保健上の
免疫チェックポイント阻害剤がさまざまな悪性疾患に抗腫瘍活性をもたらすの画像

免疫チェックポイント阻害剤がさまざまな悪性疾患に抗腫瘍活性をもたらす

免疫チェックポイント阻害剤(ICI)における最も興味深い特徴の1つは、ICIがさまざまな組織型の転移性癌に顕著な腫瘍反応をもたらすことである   議題: 腫瘍免疫学   2014年9月27日 --免疫チェックポイント阻害
プロジェリア患者の細胞に、癌に対する保護メカニズムを発見の画像

プロジェリア患者の細胞に、癌に対する保護メカニズムを発見

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年10月2日  NCIの研究者らは、急激な早期老化を特徴とする極めてまれな遺伝子疾患患者の細胞を調べ、癌に対する新たな細胞の保護メカニズムを発見した。研究者らは、通常は癌が発現し
低腫瘍量の濾胞性リンパ腫では、再燃後リツキシマブ再治療は同維持療法に匹敵の画像

低腫瘍量の濾胞性リンパ腫では、再燃後リツキシマブ再治療は同維持療法に匹敵

米国国立がん研究所(NCI)臨床試験結果要約ランダム化臨床試験が実施され、リツキシマブ(リツキサン)による初回治療が奏効した低腫瘍量濾胞性リンパ腫では、引き続きリツキシマブによる維持療法を実施した場合も、病勢進行が明らかになってからリツキシ
白血病で免疫細胞療法後に高い寛解率の画像

白血病で免疫細胞療法後に高い寛解率

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年10月12日  化学療法抵抗性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を有する小児および若年成人患者において、実験的な免疫療法を使用した治療後に高い寛解率が得られた
肺癌患者に対するEGFRおよびALK分子学的検査についての合同ガイドラインの画像

肺癌患者に対するEGFRおよびALK分子学的検査についての合同ガイドライン

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、 米国病理学会(College of American Pathologists:CAP)、国際肺癌学会(International Association for the Study of Lung C
FDAがC型慢性肝炎に初の治療薬レディパスビル・ソホスブビル配合剤を承認の画像

FDAがC型慢性肝炎に初の治療薬レディパスビル・ソホスブビル配合剤を承認

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2014年10月10日 FDAがC型肝炎治療に初の配合剤(レディパスビル・ソホスブビル配合剤)を承認米国食品医薬品局(FDA)は、C型慢性肝炎(HCV)遺伝子型1型感染治療にレディパスビル・ソホ
日常的な癌治療と緩和ケアの統合および患者とサバイバーが抱える経済的問題への新たな取り組みー第1回癌緩和ケアシンポジウムの報道陣向けプログラムの画像

日常的な癌治療と緩和ケアの統合および患者とサバイバーが抱える経済的問題への新たな取り組みー第1回癌緩和ケアシンポジウムの報道陣向けプログラム

初開催となる癌緩和ケアシンポジウムの共同スポンサーは本日、報道陣向けプログラム内で特集される4つの研究を発表した。研究者らは、2014年10月21日火曜日12時~1時30分(東部標準時間)に制限付きの報道会見内で、その研究内容を発表する。主
肺癌患者に対する化学療法の個別化医療ー2つの最新研究による新たな第2相試験データの画像

肺癌患者に対する化学療法の個別化医療ー2つの最新研究による新たな第2相試験データ

有望な予測的バイオマーカーとしてチミジル酸シンターゼを用いた研究と、葉酸受容体を標的とする薬剤の研究についての報告   DNA合成に関連する酵素発現量を測定することで、特定の治療への肺癌の反応を予測できるという韓国の研究結果が、マ
推奨グレードの定義の画像

推奨グレードの定義

米国予防医学専門委員会(USPSTF) 推奨グレード定義 米国予防医学専門委員会(U.S. Preventive Services Task Force, USPSTF)は、アルファベット5段階(A、B、C、DまたはI)で推奨グレードを割り
非扁平非小細胞肺癌患者においてドセタキセル+シスプラチンとペメトレキセド+シスプラチンは同様の転帰を達成の画像

非扁平非小細胞肺癌患者においてドセタキセル+シスプラチンとペメトレキセド+シスプラチンは同様の転帰を達成

非扁平非小細胞肺癌患者を対象としてペメトレキセド+シスプラチンとドセタキセル+シスプラチンを直接比較した最初の試験において、有害事象の発現率はドセタキセル+シスプラチンの方が高かったが、無増悪生存期間は両レジメンで同程度であった。 &nbs
FDAが癌化学療法に伴う悪心および嘔吐の予防にネツピタント・パロノセトロン配合剤を承認の画像

FDAが癌化学療法に伴う悪心および嘔吐の予防にネツピタント・パロノセトロン配合剤を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は、10月10日、癌化学療法を受けている患者の悪心および嘔吐の予防に、ネツピタント・パロノセトロン配合剤[netupitant/palonosetron](Akynzeo)を承
知っていますか?:子宮頸がん/米国国立癌研究所(NCI)の画像

知っていますか?:子宮頸がん/米国国立癌研究所(NCI)

米国国立癌研究所(NCI)が製作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。癌統計データの重要な話題や傾向をとりあげる、この「知っていますか?」のビデオは、­米国国立癌研究所が制作し、米国の
OncoLog 2014年9月号◆バイオマーカーに基づいた臨床試験が肺癌患者の個別化治療を向上させる可能性の画像

OncoLog 2014年9月号◆バイオマーカーに基づいた臨床試験が肺癌患者の個別化治療を向上させる可能性

MDアンダーソン OncoLog 2014年9月号(Volume 59 / Number 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2014年9月号◆抗体併用化学療法は急性リンパ性白血病(ALL)に対して有望な治療方法であるの画像

OncoLog 2014年9月号◆抗体併用化学療法は急性リンパ性白血病(ALL)に対して有望な治療方法である

MDアンダーソン OncoLog 2014年9月号(Volume 59 / Number 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2014年9月号◆In Brief「大規模な分子生物学的データ解析により得られる多様な成果」の画像

OncoLog 2014年9月号◆In Brief「大規模な分子生物学的データ解析により得られる多様な成果」

MDアンダーソン OncoLog 2014年9月号(Volume 59 / Number 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2014年9月号◆深吸気呼吸停止は左乳癌の患者を放射線起因性心毒性から保護するの画像

OncoLog 2014年9月号◆深吸気呼吸停止は左乳癌の患者を放射線起因性心毒性から保護する

MDアンダーソン OncoLog 2014年9月号(Volume 59 / Number 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL