発信元

OncoLog 2015年3月号◆維持療法の改善が、骨髄腫患者の幹細胞移植後の生活の質を高めるの画像

OncoLog 2015年3月号◆維持療法の改善が、骨髄腫患者の幹細胞移植後の生活の質を高める

MDアンダーソン OncoLog 2015年3月号(Volume 60 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
早期ステージの結腸直腸がん治療で術前動注化学療法は術後化学療法より優れている可能性の画像

早期ステージの結腸直腸がん治療で術前動注化学療法は術後化学療法より優れている可能性

キャンサーコンサルタンツ肝臓微小転移につながる総肝動脈と、原発のがんに栄養を供給する動脈に、術前化学療法剤を直接注入することで、一部の早期結腸直腸がん患者の転帰が改善する可能性がある。この研究結果は、米国臨床腫瘍学会(ASCO)がサンフラン
個別化医療(Precision Medicine)に関して知っておくべき5つのこと/ダナファーバー癌研究所の画像

個別化医療(Precision Medicine)に関して知っておくべき5つのこと/ダナファーバー癌研究所

2015年2月18日バラク・オバマ大統領は『個別化医療に関する取り組み(Precision Medicine Initiative:プレシジョン・メディシン・イニシアチブ)』開始のため2016年の連邦予算を2億1500万ドル増額すると主張し
ラムシルマブ+ドセタキセル併用療法は進行膀胱がんに有望の画像

ラムシルマブ+ドセタキセル併用療法は進行膀胱がんに有望

キャンサーコンサルタンツラムシルマブ[ramucirumab](商品名:サイラムザ(Cyramza))+ドセタキセル(タキソテール)の併用治療は、前治療後に再発した進行膀胱がん患者の無増悪生存期間を延長すると考えられる。この成績は2月26か
トラスツズマブはHER2陽性進行乳がんの治療においてラパチニブよりも優れているの画像

トラスツズマブはHER2陽性進行乳がんの治療においてラパチニブよりも優れている

キャンサーコンサルタンツヒト上皮増殖因子受容体(HER2)陽性進行乳がん患者において、トラスツズマブ(ハーセプチン)とタキサンの併用は、ラパチニブ(タイケルブ)とタキサンの併用よりも、がんの進行を遅らせ、副作用が少ないという臨床試験の最終結
スニチニブ維持療法が小細胞肺がんに有効の画像

スニチニブ維持療法が小細胞肺がんに有効

キャンサーコンサルタンツ医師らは、スニチニブ(スーテント)を使用した維持療法が、進展型小細胞肺がん(SCLC)患者の進行を遅らせ、生存期間を延ばすと報告した。この有望な結果はこのほど、Journal of Clinical Oncology
OncoLog 2015年3月号◆House Call「病院チャプレンの役割」の画像

OncoLog 2015年3月号◆House Call「病院チャプレンの役割」

MDアンダーソン OncoLog 2015年3月号(Volume 60 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
2011年から2013年に中間・高リスクの前立腺癌が増加していることを示す初期エビデンスの画像

2011年から2013年に中間・高リスクの前立腺癌が増加していることを示す初期エビデンス

ASCO(米国臨床腫瘍学会)の見解 「この研究は、予備的ではありますが、前立腺癌に対するPSA(前立腺特異抗原)検診のリスクと利益をめぐって進行中の論争に新たな知見を与えるものです」とASCO専門委員で泌尿生殖器ニュース計画チーム(GU N
OncoLog 2015年2月号◆ナチュラルキラー細胞療法による血液がん治療の向上の画像

OncoLog 2015年2月号◆ナチュラルキラー細胞療法による血液がん治療の向上

2015年2月号(Volume 60 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL   ナチュラルキラー細
幹細胞移植が重度の多発性硬化症の治療に有効であることを示す第2相臨床試験の画像

幹細胞移植が重度の多発性硬化症の治療に有効であることを示す第2相臨床試験

キャンサーコンサルタンツ多発性硬化症(MS)の重症例に対し、幹細胞移植は薬剤ミトキサントロンより有効な治療になり得るとの研究がNeurology 誌で発表された。その研究の表題は、「多発性硬化症の自家造血幹細胞移植」である。 MS
精巣癌の既往歴がある男性は悪性度の高い前立腺癌発症の全リスクは低いものの、前立腺癌を発症しやすいの画像

精巣癌の既往歴がある男性は悪性度の高い前立腺癌発症の全リスクは低いものの、前立腺癌を発症しやすい

精巣癌の病歴のない男性における前立腺癌の発症率 (2.8%) に比べて、精巣癌の病歴を有する男性の前立腺癌の発症率 (12.6%) は高いことが、男性約18万人を対象とした症例対照研究により示唆された。また、精巣癌を経験した男性は、中間リス
ソラフェニブまたはスニチニブによる術後療法は局所進行性腎癌の転帰を改善せずの画像

ソラフェニブまたはスニチニブによる術後療法は局所進行性腎癌の転帰を改善せず

局所進行性腎癌患者の術後療法にソラフェニブ、もしくはスニチニブを用いるべきではない。これは、連邦政府の資金提供で実施された試験の結果である。ソラフェニブ、もしくはスニチニブを術後投与された患者集団の再発までの平均期間(5.6年)は、プラセボ
FDAが初のバイオシミラー、Zarxioを承認/FDAニュースの画像

FDAが初のバイオシミラー、Zarxioを承認/FDAニュース

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は本日、filgrastim-sndz(商品名:Zarxio(ザルシオ))を承認した。これにより、Zarxioは米国で最初に承認されたバイオシミラー(バイオ後続品)となる。&n
がんサバイバーー知っていますか?の画像

がんサバイバーー知っていますか?

米国国立癌研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。癌統計データの重要な話題や傾向をとりあげる、この「知っていますか?」のビデオは、­米国国立癌研究所が制作し、米国の
パルボシクリブ+レトロゾール併用でエストロゲン受容体陽性/HER2陰性進行性乳癌の転帰が改善の画像

パルボシクリブ+レトロゾール併用でエストロゲン受容体陽性/HER2陰性進行性乳癌の転帰が改善

キャンサーコンサルタンツ閉経後のエストロゲン受容体(ER)陽性/ヒト上皮増殖因子受容体2(HER2)陰性進行性乳癌患者の一次治療において、レトロゾール(フェマーラ)にパルボシクリブ[palbociclib](Ibrance)を追加することで
アビラテロン+プレドニゾン併用は化学療法未治療の去勢抵抗性前立腺癌患者の生存期間を延長し疼痛を緩和するの画像

アビラテロン+プレドニゾン併用は化学療法未治療の去勢抵抗性前立腺癌患者の生存期間を延長し疼痛を緩和する

キャンサーコンサルタンツプレドニゾンにアビラテロン(ザイティガ)を追加することによって、化学療法未治療の去勢抵抗性前立腺癌(HRPC)患者の生存期間が、有意に改善される。COU-AA-302の最終結果がLancet Oncology誌に報告
胃癌に関する遺伝子変異を調査し、個別化医療への道を開くの画像

胃癌に関する遺伝子変異を調査し、個別化医療への道を開く

キャンサーコンサルタンツAFCR援助による国際共同研究国際研究者チームがこのほど明らかにした新たな遺伝学的見解によって、癌専門医の胃癌治療法が変わる可能性がある。胃癌は世界で第4位に多い癌であり、癌の死因の第2位である。この共同研究は、As
OncoLog 2015年2月号◆HIVと癌の同時治療が生存結果を改善するの画像

OncoLog 2015年2月号◆HIVと癌の同時治療が生存結果を改善する

2015年2月号(Volume 60 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL   HIVと癌の同時治
AMG337MET阻害薬は胃癌および食道癌に目覚ましく迅速に奏効するの画像

AMG337MET阻害薬は胃癌および食道癌に目覚ましく迅速に奏効する

キャンサーコンサルタンツAMG337は、MET遺伝子増幅のある胃食道接合部癌、胃癌および食道癌の治療薬として有望な新たな低分子MET阻害薬である。MET阻害薬は、c-Metチロシンキナーゼの酵素活性を阻害する低分子分子標的薬の部類である。こ
FDAが進行肺扁平上皮癌の治療にニボルマブの適応拡大を承認の画像

FDAが進行肺扁平上皮癌の治療にニボルマブの適応拡大を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース 速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、プラチナ併用化学療法中または治療後に増悪した進行(転移性)肺扁平上皮癌患者の治療に対し、ニボルマブ(商品名:Opdivo[オプジーボ])の適応拡大を承認した。 肺癌
中間リスク前立腺癌における監視療法は生存率低下に関連の画像

中間リスク前立腺癌における監視療法は生存率低下に関連

監視療法による管理下の前立腺癌患者945人におけるデータ解析の結果、診断時に低リスクであったか中間リスクであったかによってアウトカムに差異が生じることが示された。低リスク患者に比べて中間リスク患者(PSA >10ng/ml、Gleas
進行期軟部肉腫患者の治療薬としてのトラベクテジンの画像

進行期軟部肉腫患者の治療薬としてのトラベクテジン

キャンサーコンサルタンツ米国食品医薬品局(FDA)は、脂肪肉腫や平滑筋肉腫の亜型を含む進行期軟部肉腫(STS)患者の治療薬トラベクテジン[trabectedin](YONDELIS)の新薬承認申請(NDA)について優先審査に指定した。&nb
FDAがハイリスク神経芽細胞腫に対する初の治療薬ジヌツキシマブを承認の画像

FDAがハイリスク神経芽細胞腫に対する初の治療薬ジヌツキシマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は、幼児に最も多く発症するがんの一種であるハイリスク神経芽細胞腫の小児患者に対する初回治療の一環として、ジヌツキシマブ[dinutuximab](商品名:Unituxin)を本
OncoLog 2015年2月号◆House Call「放射線について」の画像

OncoLog 2015年2月号◆House Call「放射線について」

2015年2月号(Volume 60 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL   House Cal