非浸潤性乳管がん(DCIS)に対するホルモン療法の種類は、QOLが決定の助けとなる

キャンサーコンサルタンツ

非浸潤性乳管がん(DCIS)を有する60歳以上の閉経後女性において、治療に伴う生活の質(QOL)の問題やさまざまな副作用によって、最適なホルモン療法の種類が決まる場合もある。この結果がこのほどLancet誌で発表された。

乳がん全体のおよそ75%を占めるホルモン受容体陽性乳がんは、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンへの曝露による刺激を受けて増殖する。

この女性ホルモンの曝露からがん細胞を遮断する薬剤は、ホルモン受容体陽性患者の治療において重要な要素である。

これらの薬剤は、種類により異なる機序で抗腫瘍作用を発揮する。閉経後の女性における本疾患の治療では、アナストロゾールなどのアロマターゼ阻害剤やタモキシフェンなどの抗エストロゲン剤が最もよく使われる。

過去の研究結果によると、60歳以下の早期ホルモン受容体陽性乳がん女性患者においては、アナストロゾールなどのアロマターゼ阻害剤は、タモキシフェンよりも優れた効果を示し、60歳以上の患者は、どちらの治療効果も同等であることが示されている。

QOLや症状の重症度は、薬剤の種類で異なるが、その他にも患者の健康問題(合併症)、他に服用している薬剤との相互作用、副作用による深刻な病状のリスク、年齢、副作用の忍容性などの変数にも左右される。

このほど、米国乳がん・大腸がん術後補助療法プロジェクト(National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project : NSABP)に所属する研究員らは、DCISを有する閉経後の女性を対象として、アナストロゾールとタモキシフェン投与後のQOLと症状の違いを評価した。

この試験は、NSABP B-35試験に参加したDCIS閉経女性患者1,193人を組み入れた。2003年~2006年の間、患者に対して乳房部分切除と放射線療法を行い、その後5年間、アナストロゾールまたはタモキシフェンのいずれかを投与した。

QOLの問題を評価するため、ベースライン時と治療開始から6年間、6カ月に1回の頻度で患者に質問票による調査を行った。

質問票では、アナストロゾールまたはタモキシフェンを投与した時のそれぞれの症状と重症度を患者に評価してもらった。

・全体的な身体の健康、心の健康、活力、倦怠感、落ち込み等の症状すべてにおいて、アナストロゾール投与患者とタモキシフェン投与患者の間で有意差がなかった。

・血管運動症状(閉経に関連した寝汗、ほてり、顔面紅潮、気分の変動等)、膀胱調節障害、婦人科症状においては、タモキシフェン投与患者で有意に重症度が高かった。

・筋肉痛や関節痛、また膣の症状は、アナストロゾール投与患者で有意に重症度が高かった。

・60歳未満の患者は、60歳以上の患者と比べて、血管運動症状、膣の症状、体重の問題、婦人科症状の副作用において、有意に重症度が高かった。

以上の結果、60歳以上の患者においては、タモキシフェンとアナストロゾールの有効性が同等であることを踏まえ、患者にはそれぞれの薬による健康への深刻な悪影響と症状のリスクを伝えて、治療法を決定すべきであると結論づけた。

また、60歳未満の患者の場合、治療法は有効性で決定すべきであるが(アナストロゾールを推奨)、アナストロゾールの副作用に耐え難い場合、タモキシフェンへ切り替えるのもよい代替案であると述べた。

ホルモン受容体陽性乳がん患者は、それぞれのホルモン療法による治療効果と危険性、また薬剤の影響によるQOLの問題について、主治医と話をする必要がある。

参考文献:
Ganz P, Cecchini R, Julian T, et al. Patient-reported outcomes with anastrozole versus tamoxifen for postmenopausal patients with ductal carcinoma in situ treated with lumpectomy plus radiotherapy (NSABP B-35): a randomised, double-blind, phase 3 clinical trial. The Lancet. Published online December 10, 2015. Available at: http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(15)01169-1/abstract. Accessed January 24, 2016. DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(15)01169-1


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 江澤逸子

監修 原 文堅(乳腺科/四国がんセンター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善の画像

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善

ASCOの見解(引用)「抗体薬物複合体(ADC)は、乳がん治療において有望で有益な分野であり、治療パラダイムにおける役割はますます大きくなっています。トラスツズマブ デルクステ...
【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。