がん記事一覧

2007/06/26号◆注目の臨床試験「前立腺癌に対する放射線治療の比較試験」の画像

2007/06/26号◆注目の臨床試験「前立腺癌に対する放射線治療の比較試験」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年6月26日号(Volume 4 / Number 20) ____________________ ◇◆◇注目の臨床試験◇◆◇ 前立腺癌に対する放射線治療の比較試験 ◇臨床試験名
経口Satraplatinは転移性前立腺癌に有効で、忍容性は良好の画像

経口Satraplatinは転移性前立腺癌に有効で、忍容性は良好

キャンサーコンサルタンツ2007年5月経口satraplatinが、転移性前立腺癌の治療に忍容性良好で、かつ効果的であることを、SPARC (再発性癌に対するサトラプラチンとプレドニゾン) 臨床実験に関連のある研究者らが報告した。プラセボ対
ネクサバールによる肝細胞癌患者の生存期間の延長の画像

ネクサバールによる肝細胞癌患者の生存期間の延長

キャンサーコンサルタンツ2007年6月2007年度米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表された最新の抄録より、Nexavar〔ネクサバール〕(ソラフェニブ)の投与は進行性肝細胞癌 (HCC) 患者の生存期間を有意に延長し、増悪までの期間を2倍に
2007/06/12号◆癌研究ハイライト「葉酸で大腸ポリープ増加」「進行肺癌にカルボプラチンよりもシスプラチン」の画像

2007/06/12号◆癌研究ハイライト「葉酸で大腸ポリープ増加」「進行肺癌にカルボプラチンよりもシスプラチン」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年6月12日号(Volume 4 / Number 19) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇ 葉酸試験で驚くべき結果が示された 早期大腸癌を予防
2007/06/12号◆注目の臨床試験「脳腫瘍に対する食事療法+漢方薬」の画像

2007/06/12号◆注目の臨床試験「脳腫瘍に対する食事療法+漢方薬」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年6月12日号(Volume 4 / Number 19) ____________________ ◇◆◇注目の臨床試験◇◆◇ 脳腫瘍に対する食事療法+漢方薬 ◇臨床試験名 新たに
2007/06/12号◆スポットライト「ゆっくりではあるが確実な科学から医学への転換」の画像

2007/06/12号◆スポットライト「ゆっくりではあるが確実な科学から医学への転換」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年6月12日号(Volume 4 / Number 19) ____________________ ◇◆◇スポットライト◇◆◇ 「ゆっくりではあるが確実な科学から医学への転換 本年
2007/06/12号◆ASCO年次総会速報の画像

2007/06/12号◆ASCO年次総会速報

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年6月12日号(Volume 4 / Number 19) ____________________ ◇◆◇ASCO(米国臨床腫瘍学会)年次総会速報◇◆◇ 予防的放射線治療で肺癌の脳
2007/06/12号◆特集記事「生存期間の延長をもたらす進行肝臓癌の治療」の画像

2007/06/12号◆特集記事「生存期間の延長をもたらす進行肝臓癌の治療」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年6月12日号(Volume 4 / Number 19) ____________________ ◇◆◇特集記事◇◆◇ 生存期間の延長をもたらす進行肝臓癌の治療 分子標的薬ソラフ
薬の併用療法が前立腺癌の進行を止める助けとなるの画像

薬の併用療法が前立腺癌の進行を止める助けとなる

原文 薬の併用療法が前立腺癌の進行を止める助けとなることがオレゴン健康科学大学癌研究所によって発見 オレゴン健康科学大学 2007年2月16日 オレゴン州ポートランド-抗癌剤であるドセタキセル〔docetaxel〕に高用量の活性型ビタミンD
輸血から癌になるリスクはないの画像

輸血から癌になるリスクはない

キャンサーコンサルタンツ2007年5月スウェーデンとデンマークの研究者らは、献血から5年以内に癌を発症した人たちからの血液を輸血したとしても、受血者は癌にならないと結論づけた。この研究の詳細は、2007年5月19日号のランセット誌上にて発表
食道の前癌状態への新しい治療アプローチ/デューク大学の画像

食道の前癌状態への新しい治療アプローチ/デューク大学

原文 食道の前癌状態への新しい治療アプローチ デューク大学医療センター*  2007年5月22日 ノースカロライナ州ダラム-集中させたラジオ波を用いての焼灼が、癌の前駆病変になりうる食道の異常細胞増殖に対する安全で新しい方法になりそうだ。
NEWS:新しい研究で抗癌剤の開発期間を短縮の画像

NEWS:新しい研究で抗癌剤の開発期間を短縮

2007年6月3日 国立衛生研究所(NIH)の一部である国立癌研究所(NCI)の研究者のチームによると、ABT-888と呼ばれている新しい化合物は、臨床試験の最初の段階を終えました。この臨床試験では、実験室から臨床までの抗癌剤の開発期間を最
FDAが進行性腎臓癌の新薬を承認(Torisel)の画像

FDAが進行性腎臓癌の新薬を承認(Torisel)

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:2007年5月30日 Media Inquiries: Susan Cruzan or Sandy Walsh, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-I
ジェムザールにタルセバを追加することで膵臓癌患者の生存率が改善の画像

ジェムザールにタルセバを追加することで膵臓癌患者の生存率が改善

キャンサーコンサルタンツ2007年5月国際ランダム化試験において、ジェムザール(ゲムシタビン)にタルセバ(エルロチニブ)を加えることで、進行膵臓癌患者の生存率が改善することが立証された。この研究の詳細は2007年4月26日のJournal
2007/05/29号◆スポットライト「癌治療後のリンパ浮腫-どれくらい深刻か?」の画像

2007/05/29号◆スポットライト「癌治療後のリンパ浮腫-どれくらい深刻か?」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月29日号(Volume 4 / Number 18) ____________________ ◇◆◇スポットライト◇◆◇ 癌治療後のリンパ浮腫-どれくらい深刻か?  癌から生
2007/05/29号◆癌研究ハイライト「乳癌遺伝的変異」「シスプラチン、子宮頸癌生存を改善」ユーイング肉腫、ウィルムス腫瘍の画像

2007/05/29号◆癌研究ハイライト「乳癌遺伝的変異」「シスプラチン、子宮頸癌生存を改善」ユーイング肉腫、ウィルムス腫瘍

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月29日号(Volume 4 / Number 18) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇ 乳癌に関連する共通した遺伝的変異 研究者らはいくつ
2007/05/29号◆特集記事「癌幹細胞の臨床応用に向けて」の画像

2007/05/29号◆特集記事「癌幹細胞の臨床応用に向けて」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月29日号(Volume 4 / Number 18) ____________________ ◇◆◇特集記事◇◆◇ 癌幹細胞の臨床応用に向けて 先週NIHキャンパスで行われた
2007/05/29号◆注目の臨床試験「リンパ腫に対する標的治療」の画像

2007/05/29号◆注目の臨床試験「リンパ腫に対する標的治療」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月29日号(Volume 4 / Number 18) ____________________ ◇◆◇注目の臨床試験◇◆◇ リンパ腫に対する標的治療 ◇臨床試験名 再燃、または
アービタックス®は進行結腸直腸癌の転帰を改善するの画像

アービタックス®は進行結腸直腸癌の転帰を改善する

キャンサーコンサルタンツ2007年5月米国癌学会(AACR)の2007年年次総会で発表された2つの研究により、アービタックス®(セツキシマブ)が転移性結腸直腸癌の治療歴のある患者の治療転帰を改善することが示されている。 セツキシマ
マイトマイシンCの長期投与が膀胱癌コントロールに有効の画像

マイトマイシンCの長期投与が膀胱癌コントロールに有効

キャンサーコンサルタンツ 2007年5月ドイツの研究者の報告によると、毎月3年間続けて膀胱内にマイトマイシンC(MMC)を投与すると、表在性膀胱癌の再発が減少する。この研究の詳細はEuropean Urology で2007年3月12日にオ
アトバコンは小児のカリニ肺炎に効果的な感染予防法の画像

アトバコンは小児のカリニ肺炎に効果的な感染予防法

キャンサーコンサルタンツ2007年5月セントジュード小児研究病院の研究者らは、アトバコン(Mepron®, Malarone®) が白血病の小児らのカリニ肺炎に対して効果的な感染予防法であると報告した。この研究の詳細は、2007年4月15日
2007/05/15号◆注目の臨床試験「ビスフォスフォネート剤による乳癌補助療法」の画像

2007/05/15号◆注目の臨床試験「ビスフォスフォネート剤による乳癌補助療法」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月15日号(Volume 4 / Number 17) ____________________ ◇◆◇注目の臨床試験◇◆◇ ビスフォスフォネート剤による乳癌補助療法 ◇臨床試験
2007/05/15号◆癌研究ハイライト「マンモグラフィー検診率低下」「HPV口腔咽頭癌」「HPVワクチン」「C型肝炎とNHLリスク」の画像

2007/05/15号◆癌研究ハイライト「マンモグラフィー検診率低下」「HPV口腔咽頭癌」「HPVワクチン」「C型肝炎とNHLリスク」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月15日号(Volume 4 / Number 17) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇ 近年のマンモグラフィー検診率低下による懸念 Can
2007/05/15号◆特集記事「FDA諮問委員会がESA使用指針の変更を勧告」の画像

2007/05/15号◆特集記事「FDA諮問委員会がESA使用指針の変更を勧告」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月15日号(Volume 4 / Number 17) ____________________ ◇◆◇特集記事◇◆◇ FDA諮問委員会がESA(エリスロポエチン製剤)使用指針の