がん記事一覧

FDAがタイケルブ(ラパチニブ)を進行した乳癌患者に承認の画像

FDAがタイケルブ(ラパチニブ)を進行した乳癌患者に承認

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:2007年3月13日 Media Inquiries: Susan Cruzan, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA 本日、米国食品
同種異系幹細胞移植を受けた生存患者において糖尿病と高血圧のリスク増加の画像

同種異系幹細胞移植を受けた生存患者において糖尿病と高血圧のリスク増加

キャンサーコンサルタンツ2007年3月骨髄移植を受けた生存患者における試験(Bone Marrow Transplant Survivor Study)の研究者らは、同種異系幹細胞移植の長期生存者において、糖尿病と高血圧の発症が増加したこと
2007/03/06号◆癌研究ハイライト「小児がん治療の骨への影響」「乳がんと運動」「食道癌に術前放射化学療法」の画像

2007/03/06号◆癌研究ハイライト「小児がん治療の骨への影響」「乳がんと運動」「食道癌に術前放射化学療法」

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年03月06日号(Volume 4 / Number 10) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト ◇◆◇ 小児は癌や癌治療によって骨が脆弱に
2007/03/06号◆スポットライト「アロマターゼ阻害剤:機は熟した」の画像

2007/03/06号◆スポットライト「アロマターゼ阻害剤:機は熟した」

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年03月06日号(Volume 4 / Number 10) ____________________ ◇◆◇スポットライト ◇◆◇ アロマターゼ阻害剤:機は熟した 人体
2007/03/06号◆特集記事「アメリカ人女性のHPV総有病率を調査で推定」の画像

2007/03/06号◆特集記事「アメリカ人女性のHPV総有病率を調査で推定」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年03月06日号(Volume 4 / Number 10) ____________________ ◇◆◇特集記事 ◇◆◇ アメリカ人女性のHPV総有病率を調査で推定 Natio
2007/03/06号◆特別レポート「肺癌検診は死亡率を低下させないかもしれないとの試験結果」の画像

2007/03/06号◆特別レポート「肺癌検診は死亡率を低下させないかもしれないとの試験結果」

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年03月06日号(Volume 4 / Number 10) ____________________ ◇◆◇特別レポート ◇◆◇ 肺癌検診は死亡率を低下させないかもしれ
アムルビシンが再発性や難治性小細胞肺癌に有効の画像

アムルビシンが再発性や難治性小細胞肺癌に有効

キャンサーコンサルタンツ2006年12月日本の研究者らの報告によると、難治性や再発性小細胞肺癌(SCLC)患者に、アントラサイクリン系新化合物アムルビシンを投与した場合の奏効率は50%であった。この第2相臨床試験の詳細は、Journal o
2007/02/27号◆特集記事「タモキシフェンの長期にわたる予防効果が確認された」の画像

2007/02/27号◆特集記事「タモキシフェンの長期にわたる予防効果が確認された」

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月27日号(Volume 4 / Number 9) ____________________ ◇ ◆ ◇ 特集記事 ◇ ◆ ◇ タモキシフェンの長期にわたる予防効
2007/02/27号◆癌研究ハイライト「たばこと死亡率」「高用量ビタミンD、前立腺癌」「待機療法」「小児癌後に二次性肉腫」他の画像

2007/02/27号◆癌研究ハイライト「たばこと死亡率」「高用量ビタミンD、前立腺癌」「待機療法」「小児癌後に二次性肉腫」他

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月27日号(Volume 4 / Number 9) ____________________ ◇ ◆ ◇ 癌研究ハイライト ◇ ◆ ◇ たばこを替える男性は死亡率
2007/02/20号◆癌研究ハイライト「大腸内視鏡検査実施状況」「乳がんホルモン療法」「非喫煙女性の肺がん増加」他の画像

2007/02/20号◆癌研究ハイライト「大腸内視鏡検査実施状況」「乳がんホルモン療法」「非喫煙女性の肺がん増加」他

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月20日号(Volume 4 / Number 8) ____________________ ◇ ◆ ◇ 癌研究ハイライト ◇ ◆ ◇ メディケア加入者の大腸内視
2007/02/20号◆特集記事「1p36欠損と癌の関連性が明らかになる」の画像

2007/02/20号◆特集記事「1p36欠損と癌の関連性が明らかになる」

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月20日号(Volume 4 / Number 8) ____________________ ◇ ◆ ◇ 特集記事 ◇ ◆ ◇ 1p36欠損と癌の関連性が明らかに
レブラミドは転移性腎細胞癌に有効の画像

レブラミドは転移性腎細胞癌に有効

キャンサーコンサルタンツ2006年12月Cleveland Clinicの研究者らは、治療歴のない、または治療歴1回のみで奏効しなかった転移性腎細胞癌(MRCC)患者に、レブリミド®(レナリドマイド)が有効であると報告した。この研究の詳細は
2007/02/14号◆特集記事「遺伝子変異に乳癌を防ぐ可能性」の画像

2007/02/14号◆特集記事「遺伝子変異に乳癌を防ぐ可能性」

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月14日号(Volume 4 / Number 7) ____________________ ◇ ◆ ◇ 特集記事 ◇ ◆ ◇ 遺伝子変異に乳癌を防ぐ可能性 乳癌
2007/02/14号◆癌研究ハイライト「化学療法の造血薬で白血病リスク」「ホジキン病治療後に心臓発作」「多くの進行癌患者がCAM使用」他の画像

2007/02/14号◆癌研究ハイライト「化学療法の造血薬で白血病リスク」「ホジキン病治療後に心臓発作」「多くの進行癌患者がCAM使用」他

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月14日号(Volume 4 / Number 7) ____________________ ◇ ◆ ◇ 癌研究ハイライト ◇ ◆ ◇ アフリカ系アメリカ人では、
フルダラ+ノバントロン導入療法後セヴァリン強化療法は濾胞性リンパ腫に100%寛解率をもたらすの画像

フルダラ+ノバントロン導入療法後セヴァリン強化療法は濾胞性リンパ腫に100%寛解率をもたらす

キャンサーコンサルタンツ2006年12月イタリアの研究者は、少なくとも部分寛解または完全寛解(100%)を得た患者に、フルダラ(フルダラビン)[Fludara (fludarabine) ]とノバントロン(ミトキサントロン)(FM)[Nov
2007/02/06号◆特集記事「膵臓腫瘍で発見された癌幹細胞」の画像

2007/02/06号◆特集記事「膵臓腫瘍で発見された癌幹細胞」

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月06日号(Volume 4 / Number 6) ____________________ ◇ ◆ ◇ 特集記事 ◇ ◆ ◇ 膵臓腫瘍で発見された癌幹細胞 膵臓
2007/02/06号◆癌研究ハイライト「マンモグラフィ受診率低下」「悪性リンパ腫の局所放射線治療利益なし」「卵巣癌腹腔内投与はQOL不良」他の画像

2007/02/06号◆癌研究ハイライト「マンモグラフィ受診率低下」「悪性リンパ腫の局所放射線治療利益なし」「卵巣癌腹腔内投与はQOL不良」他

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月06日号(Volume 4 / Number 6) ____________________ ◇ ◆ ◇ 癌研究ハイライト ◇ ◆ ◇ 40歳以上の女性のマンモグ
乳癌に特異的な分子を用いた予後検査法がFDAにより承認 (Mammaprint)の画像

乳癌に特異的な分子を用いた予後検査法がFDAにより承認 (Mammaprint)

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:February 6, 2007 Media Inquiries:Karen Riley, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA 本日、
活性化免疫細胞療法であるProvengeはアンドロゲン非依存性前立腺癌の治療に有望の画像

活性化免疫細胞療法であるProvengeはアンドロゲン非依存性前立腺癌の治療に有望

キャンサーコンサルタンツ2006年11月Provenge® (Sipuleucel-T)はプラセボと比較すると無症候性転移性アンドロゲン非依存性前立腺癌(AIPC)患者の生存期間を改善するかもしれないと、多施設臨床試験に携わった研究者らによ
2007/01/30号◆癌研究ハイライト「亜ヒ酸、白血病(APL)」「乳房温存術後の放射線療法」「タモキシフェン乳がん予防」他の画像

2007/01/30号◆癌研究ハイライト「亜ヒ酸、白血病(APL)」「乳房温存術後の放射線療法」「タモキシフェン乳がん予防」他

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年01月30日号(Volume 4 / Number 5) ____________________ ◇ ◆ ◇ 癌研究ハイライト ◇ ◆ ◇ 亜ヒ酸がAPL成人患者の生
2007/01/30号◆特集記事「p53遺伝子の修復は抗腫瘍作用を助ける可能性」の画像

2007/01/30号◆特集記事「p53遺伝子の修復は抗腫瘍作用を助ける可能性」

同号原文|  米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年01月30日号(Volume 4 / Number 5) ____________________ ◇ ◆ ◇ 特集記事 ◇ ◆ ◇ p53遺伝子の修復は抗腫瘍作用を
腎細胞癌治療でNexavarが果たす役割まとめの画像

腎細胞癌治療でNexavarが果たす役割まとめ

キャンサーコンサルタンツ 2006年12月 Cleveland ClinicのRonald Butowski医師は2006年11月にニューヨークで行われた第24回Chemotherapy Foundation Symposiumで、Nexa
Aranesp(darbepoetin alfa)安全性情報の画像

Aranesp(darbepoetin alfa)安全性情報

原文腫瘍関連医療従事者向け  アムジェン社は、今回の大規模多施設ランダム化、プラセボ対照試験の結果、Aranespが化学療法の併用が原因ではない貧血の癌患者において、赤血球輸血や倦怠感を低下させるのに有効でないとの報告を腫瘍医ら医
アスピリンは頭頸部癌のリスクを低下させるかもしれないの画像

アスピリンは頭頸部癌のリスクを低下させるかもしれない

キャンサーコンサルタンツ2006年11月アスピリンの長期使用が頭頚部癌の発生リスクを低下させるかもしれないとRoswell Parkがんセンターの研究者が報告した。この病院を中心とする症例対照研究の詳細は2006年11月に発行のArchiv