がん記事一覧

赤血球生成促進剤(ESA製剤):Aranesp (darbepoetin alfa), Epogen (epoetin alfa), and Procrit (epoetin alfa)の画像

赤血球生成促進剤(ESA製剤):Aranesp (darbepoetin alfa), Epogen (epoetin alfa), and Procrit (epoetin alfa)

原文 腫瘍医、腎臓内科医、その他の医療従事者向け   FDAは、ある種の貧血を治療する赤血球生成促進剤(EPA製剤)の枠組み警告の修正および、その他の安全性に関する製品ラベルの変更を専門医療者に通達した。 これらの新たな記載部分は
限局性前立腺癌のアンドロゲン枯渇療法は心血管死亡に関連するの画像

限局性前立腺癌のアンドロゲン枯渇療法は心血管死亡に関連する

キャンサーコンサルタンツ2007年10月多施設共同試験の試験結果から、アンドロゲン枯渇療法(ADT)の実施は限局性前立腺癌の治療を受けた患者の心血管疾患による死亡リスクの増大に関連していることが明らかになった。試験の詳細はJournal o
タキソールの有用性はHER2陽性乳癌に限定の画像

タキソールの有用性はHER2陽性乳癌に限定

キャンサーコンサルタンツ2007年10月Cancer and Leukemia Group B (CALGB) の研究者らは、ヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)の発現もしくは増幅またはその両方が抗癌剤タキソールR(パクリタキセル)が初期
FDA、タシグナをフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病治療薬に承認の画像

FDA、タシグナをフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病治療薬に承認

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:2007年10月30日 Media Inquiries: Christopher DiFrancesco, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO
進行性肝細胞癌治療としてのエロキサチン+ゼローダ併用療法の画像

進行性肝細胞癌治療としてのエロキサチン+ゼローダ併用療法

キャンサーコンサルタンツ2007年10月エロキサチン(オキサリプラチン)とゼローダ(カペシタビン)の併用療法は進行性肝細胞癌に有効であるとフランスの研究者らが報告した。本試験の詳細については、2007年10月1日に発行のBritish Jo
2007/10/23号◆特別レポート「増加する予防的両側乳房切除への懸念」の画像

2007/10/23号◆特別レポート「増加する予防的両側乳房切除への懸念」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年10月23号(Volume 4 / Number 28) ____________________ ◇◆◇特別レポート◇◆◇ 増加する予防的両側乳房切除への懸念 片方の乳房のみに癌
2007/10/23号◆癌研究ハイライトの画像

2007/10/23号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年10月23号(Volume 4 / Number 28) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇ 試験にてHPVスクリーニング検査の重要な役割が示さ
FDAが進行乳癌患者用にIxempraを承認 (イクサベピロン)の画像

FDAが進行乳癌患者用にIxempraを承認 (イクサベピロン)

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:2007年10月22日 Media Inquiries: Christopher DiFrancesco, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO
2007/10/09号◆注目の臨床試験「手術不能の肝転移に対する局所化学療法」の画像

2007/10/09号◆注目の臨床試験「手術不能の肝転移に対する局所化学療法」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年10月09日号(Volume 4 / Number 27) 2007年度エルメス・クリエイティブ賞 Eニュースレター部門金賞受賞 ____________________ ◇◆◇注
アリムタ®+白金は進行性非小細胞肺癌でジェムザール+白金と同等に有効でより毒性が低いの画像

アリムタ®+白金は進行性非小細胞肺癌でジェムザール+白金と同等に有効でより毒性が低い

キャンサーコンサルタンツ2007年9月2007年International Association for the Study of Lung Cancer(IASLC)で発表された結果によれば進行性非小細胞肺癌患者(NSCLC)に白金製剤
リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)の小腸癌リスクを評価した試験の画像

リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)の小腸癌リスクを評価した試験

キャンサーコンサルタンツ2007年9月リンチ症候群患者が小腸癌を発症する生涯リスクはほぼ4%であるとオランダの研究者らが報告している。この試験の詳細は2007年9月号のGut 誌に掲載された。 遺伝性非ポリポーシス大腸癌(HNPC
アレンドロネート、エチドロネート (Didronel)、イバンドロネート(Boniva)、パミドロネート(アレディア)、リセドロネート (Actonel, Actonel W/Calcium)、チルドロネート(Skelid)、ゾレドロネート(Reclast、ゾメタ)などのビスフォスフォネート剤の画像

アレンドロネート、エチドロネート (Didronel)、イバンドロネート(Boniva)、パミドロネート(アレディア)、リセドロネート (Actonel, Actonel W/Calcium)、チルドロネート(Skelid)、ゾレドロネート(Reclast、ゾメタ)などのビスフォスフォネート剤

原文 老年病専門医、婦人科医、口腔外科医、医療従事者および消費者向け FDAは、引き続き進行中のビスフォスフォネート剤の使用と心房細動との関連についての新たな安全性データの再検討について early communicationを発
アバスチン治療後の動脈血栓塞栓事象のリスクが確定されるの画像

アバスチン治療後の動脈血栓塞栓事象のリスクが確定される

キャンサーコンサルタンツ2007年9月5つのランダム化試験に関わった研究者は、アバスチン(ベバシズマブ)と化学療法を併用した転移性結腸直腸癌、乳癌、非小細胞肺癌の治療では、化学療法単独での治療より動脈血栓塞栓症事象のリスクが増加すると報告し
非小細胞肺癌の初回治療でジェムザールをタキソテールに追加することで生存期間が延長の画像

非小細胞肺癌の初回治療でジェムザールをタキソテールに追加することで生存期間が延長

キャンサーコンサルタンツ2007年9月進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者の初回治療には、Gemzar(ジェムザール)[gemcitabine(ゲムシタビン)]をTaxotere(タキソテール)[docetaxel(ドセタキセル)]に追加する
FDAが、癌性疼痛治療薬の重篤な副作用を警告(Fentora)の画像

FDAが、癌性疼痛治療薬の重篤な副作用を警告(Fentora)

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:2007年9月26日 Media Inquiries:Susan Cruzan, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA 米国食品医薬品局
Fentora(フェンタニル口腔錠)の画像

Fentora(フェンタニル口腔錠)

原文 疼痛管理専門家など医療従事者向け死亡その他の有害事象の最近の報告を受けて、米国食品医薬品局(FDA)は公衆衛生勧告および医療従事者向け情報シートを発行し、Fentora(フェンタニル口腔錠)使用に関して医療従事者および消費者の注意を喚
アバスチン、卵巣癌初回化学療法に安全に追加可能の画像

アバスチン、卵巣癌初回化学療法に安全に追加可能

キャンサーコンサルタンツ2007年8月カリフォルニア州のHoagがんセンターとDesert Regionalがんセンターの研究者は、タキソール (パクリタキセル)、プラチノール(カルボプラチン)、 アバスチン(ベバシズマブ)の外来投与が新た
FDAがエビスタの新しい使用法を承認―閉経後女性において、浸潤性乳癌の発症リスクを減少させるの画像

FDAがエビスタの新しい使用法を承認―閉経後女性において、浸潤性乳癌の発症リスクを減少させる

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:2007年9月14日 Media Inquiries:Susan Cruzan, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA 米国食品医薬品局
血管破壊剤ASA404は肺癌の生存期間を改善するの画像

血管破壊剤ASA404は肺癌の生存期間を改善する

キャンサーコンサルタンツ2007年8月Antisoma社のプレスリリースによると、小分子の血管破壊剤(ASA404)は非小細胞肺癌(NSCLC)患者での抗腫瘍効果と生存期間を改善する。全生存率および無増悪期間を含む詳細なデータは韓国・ソウル
ゼロータ単独よりゼロータとIxabepilon(イクサベピロン)の併用が化学療法抵抗性転移性乳癌に有効の画像

ゼロータ単独よりゼロータとIxabepilon(イクサベピロン)の併用が化学療法抵抗性転移性乳癌に有効

キャンサーコンサルタンツ 2007年8月 ゼロータ(カペシタビン)にイクサベピロン(Bristol-Myers-Squibb社)を併用することで転移性乳癌患者の予後を改善すると多施設臨床試験に参加した研究者が報告した。このランダム化臨床試験
フェマーラはエストロゲン受容体陽性の卵巣癌の抑制に有効の画像

フェマーラはエストロゲン受容体陽性の卵巣癌の抑制に有効

キャンサーコンサルタンツ2007年8月イギリスの研究者グループからの報告によると、フェマーラ(レトロゾール)によってエストロゲン受容体陽性の卵巣癌を治療した結果、CA125を基にした奏効率は17%病勢安定率は26%であった。この研究の詳細は
Catumaxomabの腹腔内投与が卵巣癌による腹水を軽減するの画像

Catumaxomabの腹腔内投与が卵巣癌による腹水を軽減する

キャンサーコンサルタンツ2007年8月難治性卵巣癌による悪性腹水症の女性へのモノクローナル抗体、catumaxomab (Removab)の腹腔内投与における有意な作用を、ドイツの研究者らが報告した。第1/2相試験の詳細は Clinical
5-FU+ロイコボリンにイリノテカンを加えてもステージ3結腸癌の治療結果を改善しないの画像

5-FU+ロイコボリンにイリノテカンを加えてもステージ3結腸癌の治療結果を改善しない

キャンサーコンサルタンツ2007年8月多施設臨床試験の結果、ステージ3結腸癌患者の治療で、5-フルオロウラシル(フルオロウラシル)+ロイコボリンにCamptosar〔カンプト〕(イリノテカン)を加えても、フルオロウラシル+ロイコボリンのみの
Ixabepilon(イクサベピロン)が非小細胞肺癌(NSCLC)、膀胱癌、前立腺癌で評価されるの画像

Ixabepilon(イクサベピロン)が非小細胞肺癌(NSCLC)、膀胱癌、前立腺癌で評価される

キャンサーコンサルタンツ2007年8月最近、イクサベピロンを非小細胞肺癌、膀胱癌、前立腺癌の3つにおいて評価する臨床試験が行われた。イクサベピロンは微小管に結合し微小管安定化と有糸分裂停止に至るepothilone B analogである。