がん記事一覧

2007/04/17号◆特集記事「血管新生阻害剤が神経膠芽細胞腫(GBM)に有望」の画像

2007/04/17号◆特集記事「血管新生阻害剤が神経膠芽細胞腫(GBM)に有望」

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月17日号( Volume 4 / Number 15) ●2007/4よりNCI隔週発行となりました ____________________ ◇◆◇特集記事 ◇◆◇ 血管新生阻
2007/04/17号◆AACR年次総会報告の画像

2007/04/17号◆AACR年次総会報告

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月17日号( Volume 4 / Number 15) ●2007/4よりNCI隔週発行となりました ____________________ ◇◆◇AACR年次総会報告 ◇◆◇
2007/04/17号◆注目の臨床試験の画像

2007/04/17号◆注目の臨床試験

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月17日号( Volume 4 / Number 15) ●2007/4よりNCI隔週発行となりました ____________________ ◇◆◇注目の臨床試験 ◇◆◇ 腫瘍
乳癌高リスク女性にMRIスクリーニングを推奨の画像

乳癌高リスク女性にMRIスクリーニングを推奨

キャンサーコンサルタンツ 2007年3月 乳癌のリスクが高い女性のスクリーニング検診に使用するMRI(磁気共鳴映像法)のガイドラインを、アメリカ癌協会(ACS)が、CA Cancer Journal of Clinicians 誌2007年
3A期非小細胞肺癌の患者の一部では放射線療法が最良の選択であるかもしれないの画像

3A期非小細胞肺癌の患者の一部では放射線療法が最良の選択であるかもしれない

キャンサーコンサルタンツ 2007年3月欧州癌研究治療機関(EORTC)のLung Cancer Group(肺癌グループ)に所属する研究者らは、化学療法が奏効する3A期N2非小細胞肺癌(NSCLC)の患者はその後放射線療法を行う群と手術を
糖尿病治療薬は放射線治療による脳損傷の予防に有望の画像

糖尿病治療薬は放射線治療による脳損傷の予防に有望

原文 糖尿病治療薬は放射線治療による脳損傷の予防に有望 ウェイクフォレスト大学 2007年1月10日 ウェイクフォレスト大学医学部の研究者らは、動物実験において、一般的な糖尿病治療薬が全脳照射後にしばしば生じる記憶障害や学習障害を予防すると
2007/04/03号◆スポットライト「術前乳癌治療の指針を決定すべき」の画像

2007/04/03号◆スポットライト「術前乳癌治療の指針を決定すべき」

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月3日号( Volume 4 / Number 14) NCIキャンサーブレティン顧問:古瀬清行 ●2007/4よりNCI隔週発行となりました __________________
2007/04/03号◆特集記事「MRIがほぼ全ての対側乳癌を検出」の画像

2007/04/03号◆特集記事「MRIがほぼ全ての対側乳癌を検出」

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月3日号( Volume 4 / Number 14) NCIキャンサーブレティン顧問:古瀬清行 ●2007/4よりNCI隔週発行となりました __________________
2007/04/03号◆注目の臨床試験「化学療法誘発性神経障害の予防」の画像

2007/04/03号◆注目の臨床試験「化学療法誘発性神経障害の予防」

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月3日号(Volume 4 / Number 14)   NCIキャンサーブレティン顧問:古瀬清行 ●2007/4よりNCI隔週発行となりました ____________
2007/04/03号◆特別レポート「染色体領域と前立腺癌を結ぶ新たなエビデンス」の画像

2007/04/03号◆特別レポート「染色体領域と前立腺癌を結ぶ新たなエビデンス」

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月3日号( Volume 4 / Number 14) NCIキャンサーブレティン顧問:古瀬清行 ●2007/4よりNCI隔週発行となりました __________________
2007/4/3号◆癌研究ハイライト「ラパマイシンはマウスにてタバコ誘発性肺癌を予防」の画像

2007/4/3号◆癌研究ハイライト「ラパマイシンはマウスにてタバコ誘発性肺癌を予防」

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月3日号(Volume 4 / Number 14) NCIキャンサーブレティン顧問:古瀬清行 ●2007/4よりNCI隔週発行となりました ___________________
ベバシズマブが致命的な脳腫瘍患者の生存期間を延長/デューク大学医療センターの画像

ベバシズマブが致命的な脳腫瘍患者の生存期間を延長/デューク大学医療センター

原文 癌の薬剤が致命的な脳腫瘍患者の生存期間を延長 デューク大学医療センター* 2007年2月20日 ノースカロライナ州DURHAM-腫瘍の血液供給を遮断することで癌の腫瘍を縮小する比較的新しい型の薬剤であるアバスチンは、もっとも一般的で致
増殖因子により術後補助化学療法を受けている閉経後患者の2次性AML、MDSリスク増大のおそれの画像

増殖因子により術後補助化学療法を受けている閉経後患者の2次性AML、MDSリスク増大のおそれ

キャンサーコンサルタンツ2007年2月コロンビア大学の研究者らは、術後補助化学療法にNewpogen®(フィルグラスチム)やLeukine®(サルグラモスチム)を併用している閉経後リンパ節転移陽性初期乳癌患者は、化学療法単独の治療を受けた患
癌性骨痛に1回照射が費用対効果が良好/米国がん協会2003の画像

癌性骨痛に1回照射が費用対効果が良好/米国がん協会2003

原文 癌性骨痛に1回照射が費用効果が良好 多数回照射と同等の有効性あり 米国がん協会 (ACS) 2003/2/7 新たな研究によれば、癌の転移による骨痛の治療には、放射線の1回照射が多数回照射と同等の有効性があるとみられ、より費用対効果が
2007/03/27号◆注目の臨床試験「PSA値のみの進行性前立腺癌に対するCilengitide 」の画像

2007/03/27号◆注目の臨床試験「PSA値のみの進行性前立腺癌に対するCilengitide 」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年03月27日号(Volume 4 / Number 13) ____________________ ◇◆◇注目の臨床試験 ◇◆◇ PSA値のみの進行性前立腺癌に対するCileng
2007/03/27号◆癌研究ハイライト「イマチニブ「休薬」は疾患進行リスク」「ゾレドロン酸と骨密度増加」「手術は進行肺癌の生存率を改善しない」「ホジキンリンパ腫」の画像

2007/03/27号◆癌研究ハイライト「イマチニブ「休薬」は疾患進行リスク」「ゾレドロン酸と骨密度増加」「手術は進行肺癌の生存率を改善しない」「ホジキンリンパ腫」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年03月27日号(Volume 4 / Number 13) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト ◇◆◇ イマチニブ「休薬」は疾患進行のリスクを伴う J
手術可能な食道癌の術前化学療法の有益性が確認されたの画像

手術可能な食道癌の術前化学療法の有益性が確認された

キャンサーコンサルタンツ2007年3月食道癌患者に対する術前化学放射線療法と術前化学療法が生存期間を有意に改善することをAustralasian Gastro-Intestinal Trials Group(AGITG; 豪州胃腸臨床試験グ
2007/03/27号◆特集記事「二次癌に対する注目を喚起」の画像

2007/03/27号◆特集記事「二次癌に対する注目を喚起」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年03月27日号(Volume 4 / Number 13) ____________________ ◇◆◇特集記事 ◇◆◇ 二次癌に対する注目を喚起 アメリカでは1千万人以上が癌
研究者らの提言――腫瘍医は心臓病専門医のごとき心構えで医療に臨むべき(サンアントニオ乳癌シンポジウム)/Medscape2006/12の画像

研究者らの提言――腫瘍医は心臓病専門医のごとき心構えで医療に臨むべき(サンアントニオ乳癌シンポジウム)/Medscape2006/12

原文 | Medscape 研究者らの提言――腫瘍医は心臓病専門医のごとき心構えで医療に臨むべきMedscape Allison Gandey 2006年12月11日(オーランド) 2006年12月18日(サンアントニオ)――腫瘍医は治療の
2007/03/20号◆癌研究ハイライト「分子イメージング」「多発性骨髄腫、2種の移植法」他の画像

2007/03/20号◆癌研究ハイライト「分子イメージング」「多発性骨髄腫、2種の移植法」他

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン年03月20日号(Volume 4 / Number 12) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト ◇◆◇ マウスにおける転移の位置を正確に特定する新
2007/03/20号◆特集記事「2020年には深刻な腫瘍医不足が予想される」の画像

2007/03/20号◆特集記事「2020年には深刻な腫瘍医不足が予想される」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年03月20日号(Volume 4 / Number 12) ____________________ ◇◆◇特集記事 ◇◆◇ 2020年には深刻な腫瘍医不足が予想される 今後20年
臍帯血移植と血縁者間幹細胞移植で同等の成績(東京大学)の画像

臍帯血移植と血縁者間幹細胞移植で同等の成績(東京大学)

キャンサーコンサルタンツ2007年2月 血液悪性疾患において、臍帯血移植を受けた患者の治療成績は、HLA適合血縁者間移植を受けた患者の成績と同等であることが日本の研究者らから報告された。この研究の詳細は2007年2月号のBlood
FDAがタイケルブ(ラパチニブ)を進行した乳癌患者に承認の画像

FDAがタイケルブ(ラパチニブ)を進行した乳癌患者に承認

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:2007年3月13日 Media Inquiries: Susan Cruzan, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA 本日、米国食品
同種異系幹細胞移植を受けた生存患者において糖尿病と高血圧のリスク増加の画像

同種異系幹細胞移植を受けた生存患者において糖尿病と高血圧のリスク増加

キャンサーコンサルタンツ2007年3月骨髄移植を受けた生存患者における試験(Bone Marrow Transplant Survivor Study)の研究者らは、同種異系幹細胞移植の長期生存者において、糖尿病と高血圧の発症が増加したこと