白血病

NelarabineのFDA承認の画像

NelarabineのFDA承認

原文 2011/01/11掲載  2013/07/03更新商標名:Arranon®注射剤・T細胞急性リンパ性白血病(T-ALL)T細胞およびリンパ芽球性リンパ腫(T-LBL)に対して承認(2005/10/28)臨床試験情報、安全性、投与量、
イノツズマブ・オゾガマイシンは、難治性再発性急性リンパ性白血病患者に有効の画像

イノツズマブ・オゾガマイシンは、難治性再発性急性リンパ性白血病患者に有効

キャンサーコンサルタンツ米国多施設臨床試験に参加している研究者らは、inotuzumab ozogamicin(イノツズマブ・オゾガマイシン)は、「難治性再発性の急性リンパ性白血病(ALL)患者にこれまで試された単剤の中で最も有効性の高いも
ClofarabineのFDA承認の画像

ClofarabineのFDA承認

原文 2013/07/02更新商品名:Clolar小児急性リンパ性白血病への承認臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報Full prescribing information で参照できます。FDAは、20
DasatinibのFDA承認の画像

DasatinibのFDA承認

商品名:Sprycel   原文  2013/07/02更新   フィラデルフィア染色体陽性の慢性期慢性骨髄性白血病(CP-CML) メシル酸イマチニブなど前治療に抵抗性を示すまたは不耐性を持つ慢性期(CP)慢性骨髄性白血病(CML)成人患
化学療法の新しいスケジュールは、もっとも一般的な小児白血病の生存率を向上させるの画像

化学療法の新しいスケジュールは、もっとも一般的な小児白血病の生存率を向上させる

NCIニュース本日、シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会の年次総会において、NCIに支援された新しい臨床試験結果が発表され、高リスクの小児急性リンパ性白血病(ALL)に対して、ある薬剤の大量療法スケジュールは、現在でも高い治癒率に加えてさらに
Alemtuzumab[アレムツズマブ]のFDA承認の画像

Alemtuzumab[アレムツズマブ]のFDA承認

原文 2013/07/01更新商品名: CampathB細胞慢性リンパ球性白血病への承認臨床試験情報、安全性、用量、薬物間の相互作用および禁忌などの完全処方情報 Full prescribing information が参照できます。20
PegaspargaseのFDA承認の画像

PegaspargaseのFDA承認

原文 2006/07/24掲載 2013/07/03更新商標名:Oncaspar®・急性リンパ芽球性白血病に対し承認(2006/07/24)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescrib
ラスブリカーゼのFDA承認の画像

ラスブリカーゼのFDA承認

原文 2009/10/23掲載 2013/07/03更新商標名: Elitek®・腫瘍崩壊およびその後の血漿尿酸値上昇をきたすと思われる抗癌療法を受けている白血病、リンパ腫、および固形癌の成人患者における血漿尿酸値の初期管理に対し承認(20
ニロチニブのFDA承認の画像

ニロチニブのFDA承認

原文 2010/07/14掲載 2013/07/03更新 商標名:Tasigna ・新たに診断された慢性骨髄性白血病(CML)患者に対する治療薬として承認 ・前治療のある慢性骨髄性白血病(CML)患者に対する治療薬として承認 臨床試験情報、
オファツムマブのFDA承認の画像

オファツムマブのFDA承認

原文 2009/10/29掲載 2014/04/23更新商標名:ArzerraTM・慢性リンパ性白血病に適応(2009/10/27) ・治療歴の無いCLL患者の治療としてクロラムブシルとの併用で承認(2014/04/17)臨床試験情報、安全
パリフェルミンのFDA承認の画像

パリフェルミンのFDA承認

商標名:Kepivance™原文 2004/12/15掲載 2013/07/03更新・重度の口腔粘膜炎(2004/12/15)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing inf
FDAがSprycel〔スプリセル〕を新しい適応で承認の画像

FDAがSprycel〔スプリセル〕を新しい適応で承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2010年10月28日 Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAがSpr
研究:慢性疲労症候群患者でマウス白血病ウイルス関連遺伝子配列の存在を発見の画像

研究:慢性疲労症候群患者でマウス白血病ウイルス関連遺伝子配列の存在を発見

FOR IMMEDIATE RELEASE:2010年8月23日 Media Inquiries: Shelly Burgess, 301-796-4651 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA研究:慢性疲労症候
FDAがタシグナの新しい適応を承認の画像

FDAがタシグナの新しい適応を承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2010年6月17日 Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAがタシグナ
FDAが慢性リンパ性白血病の治療薬リツキサンを承認の画像

FDAが慢性リンパ性白血病の治療薬リツキサンを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2010年2月18日 Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが慢性リンパ性白
Dacogenは高齢のAML患者の一次治療として有効の画像

Dacogenは高齢のAML患者の一次治療として有効

キャンサーコンサルタンツ 2009年12月ワシントン大学、カリフォルニア大学(UCLA)、シティ・オブ・ホープ国立医療センターの研究者の報告によれば、Dacogen (decitabine:デシタビン)は高齢の急性骨髄性白血病(AML)患者
Vidazaを使用した化学療法が高齢者急性骨髄性白血病に有効の画像

Vidazaを使用した化学療法が高齢者急性骨髄性白血病に有効

キャンサーコンサルタンツ 2009年12月高齢者急性骨髄性白血病患者、もしくは強化療法が不適の急性骨髄性白血病患者を対象に、Vidaza (アザシチジン) を用いた化学療法を行った場合、奏効率が21%、治療後の生存期間が1年間であったとフラ
FDAが慢性リンパ性白血病の新治療薬Arzerraを承認の画像

FDAが慢性リンパ性白血病の新治療薬Arzerraを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2009年10月26日 Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674, karen.riley@fda.hhs.gov Consumer Inquiries
エクジェイド(デフェラシロクス)―早期伝達の画像

エクジェイド(デフェラシロクス)―早期伝達

血液腫瘍科医などの医療従事者向け原文2009年9月25日 FDAは、エクジェイド(デフェラシロクス)の安全性事項に関する現在進行中の審査について、医療従事者に向けて早期伝達を行った。新しい安全性データによると、エクジェイドを投与中の60歳以
トリセノックス、インターフェロンα、およびレトロビルの成人T細胞白血病リンパ腫に対する有効性の画像

トリセノックス、インターフェロンα、およびレトロビルの成人T細胞白血病リンパ腫に対する有効性

キャンサーコンサルタンツ2009年5月成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)患者に対する、トリセノックス®(亜ヒ酸)、インターフェロンα、およびレトロビル®(ジドブジン)のレジメンが高い効果を示したことをイランとフランスの研究者が報告した。本研
2008/11/18号◆特別レポート「癌ゲノムの塩基配列決定から非常に珍しい変異が判明」の画像

2008/11/18号◆特別レポート「癌ゲノムの塩基配列決定から非常に珍しい変異が判明」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2008年11月18日号(Volume 5 / Number 23) ~日経「癌Experts」にもPDF掲載中~ ____________________ ◇◆◇特別レポート◇◆◇ 癌ゲノ
再発性の慢性リンパ球性白血病治療にフラボピリドールが明白な活性を示すの画像

再発性の慢性リンパ球性白血病治療にフラボピリドールが明白な活性を示す

キャンサーコンサルタンツ2008年6月オハイオ州立大学の研究者らは、Flavopiridol(フラボピリドール)は再発性の慢性リンパ球性白血病(CLL)治療に明白な活性を示すと報告した。本試験の詳細は、5月30日から6月2日にシカゴで開催さ
前立腺癌の放射線治療は急性骨髄性白血病の発症率を増加させるの画像

前立腺癌の放射線治療は急性骨髄性白血病の発症率を増加させる

キャンサーコンサルタンツ 2008年6月 2008年米国臨床腫瘍学会年次総会で発表されたある研究によると、前立腺癌の治療において外部照射療法(EBRT)を施行すると、急性骨髄性白血病(AML)を発症するリスクが2倍になるという相関が認められ
Lumiliximab・FCR併用は再発後の慢性リンパ球性白血病(CLL)に有望の画像

Lumiliximab・FCR併用は再発後の慢性リンパ球性白血病(CLL)に有望

キャンサーコンサルタンツ2008年6月lumiliximab〔ルミリキシマブ〕、フルダラビン、シクロホスファミド及びリツキシマブ(L-FCR)併用療法が、再発後の慢性リンパ球性白血病患者(CLL)の治療において効果があることがM.D.アンダ