女性のがん

女性の癌に関する研究発表の概要—米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)/NCIパースペクティブの画像

女性の癌に関する研究発表の概要—米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)/NCIパースペクティブ

米国国立がん研究所(NCI)パースペクティブ原文掲載日:2014年6月2日 6月にシカゴで行われた米国臨床腫瘍学会(ASCO)の2014年度年次総会で米国国立癌研究所(NCI)が協力し支援した女性癌について数々の臨床試験結果が発表
再発性卵巣癌に対する有効性の高い薬剤併用療法が臨床試験解析で示唆されるの画像

再発性卵巣癌に対する有効性の高い薬剤併用療法が臨床試験解析で示唆される

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年5月31日 本日、シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会において、再発性卵巣癌に対する薬剤併用療法が著しく改善したことが報告された(late brea
◆治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬の画像

◆治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬

米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会では、卵巣癌、肺癌、甲状腺癌および白血病における主要な進歩に注目   第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で、進行性の卵巣癌、肺癌、甲状腺癌、および慢性リンパ球性白血病に対する4つの試験
新規分子標的薬セディラニブ+オラパリブの併用療法は再発性卵巣癌患者の無増悪生存期間を有意に延長させるの画像

新規分子標的薬セディラニブ+オラパリブの併用療法は再発性卵巣癌患者の無増悪生存期間を有意に延長させる

 <治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬(ASCO2014)> 折畳記事   *この要約には演題抄録に含まれない更新情報が含まれています。   2種類の研究中の経口薬であるPARP阻害剤オラパリブと血管新生
ビタミンCによる化学療法の効果促進は証明されずの画像

ビタミンCによる化学療法の効果促進は証明されず

英国医療サービス(NHS)      2014年2月10日月曜日                                                                                       
FDAが子宮頸癌の1次スクリーニング検査としてHPV検査を初承認/FDAニュースの画像

FDAが子宮頸癌の1次スクリーニング検査としてHPV検査を初承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2014年4月24日  Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが子宮頸癌の1次スクリーニング検査としてHPV検査を初承認米国食品医薬品局(FDA)は本日、25歳以
ベバシズマブと標準化学療法の併用によりプラチナ耐性、再発卵巣癌の無増悪生存期間が改善の画像

ベバシズマブと標準化学療法の併用によりプラチナ耐性、再発卵巣癌の無増悪生存期間が改善

キャンサーコンサルタンツ標準化学療法にベバシズマブ(アバスチン)を加えると、プラチナ耐性の再発卵巣癌の女性の無増悪生存期間と全奏効率が有意に改善されるという試験結果が、Journal of Clinical Oncology誌の電子版にいち
BRCA1遺伝子変異を持つ女性では、早期の予防的卵巣摘出術により最大の有益性が得られることが大規模試験で示されるの画像

BRCA1遺伝子変異を持つ女性では、早期の予防的卵巣摘出術により最大の有益性が得られることが大規模試験で示される

BRCA遺伝子変異を持つすべての女性において死亡リスクが大幅に低下    BRCA1遺伝子変異を持つ女性では、予防的卵巣摘出術の実施時期を35歳過ぎまで延期した場合、予防的手術前または手術時点での卵巣癌発症リスクが上昇することが示されたため
ガーダシルは18歳以上の女性では予防効果が小さいの画像

ガーダシルは18歳以上の女性では予防効果が小さい

キャンサーコンサルタンツガーダシル(組換え沈降四価ヒトパピローマウイルスワクチン)を接種した女性のうち、特にワクチン接種時に18歳以上だったか、ワクチン接種前に細胞診異常が見つかった女性において、高度扁平上皮内病変(HSIL)および軽度異形
アスピリンの常用が卵巣癌リスクを低下させる可能性—米国国立衛生研究所(NIH)の画像

アスピリンの常用が卵巣癌リスクを低下させる可能性—米国国立衛生研究所(NIH)

米国国立がん研究所(NCI)/米国国立衛生研究所(NIH)プレスリリース原文掲載日:2014年2月6日 毎日アスピリンを服用している女性では卵巣癌リスクが20%低下するかもしれないことが、米国国立衛生研究所(NIH)の一部である米
子宮内膜癌に対する放射線治療により膀胱癌の発症リスクが上昇する可能性の画像

子宮内膜癌に対する放射線治療により膀胱癌の発症リスクが上昇する可能性

キャンサーコンサルタンツ子宮内膜癌(子宮体癌ともいう)の治療に放射線療法を用いることにより、後の人生で膀胱癌の発症リスクが上昇する可能性があることがBJU International誌に掲載された試験結果で示された。 子宮内膜癌は
アフリカ系アメリカ人女性では現在使用されている子宮頸癌予防HPVワクチンの効果が小さいの画像

アフリカ系アメリカ人女性では現在使用されている子宮頸癌予防HPVワクチンの効果が小さい

10月27日~30日の日程で開催中の第12回AACR癌予防研究の最前線国際年次総会(The 12th Annual AACR International Conference on Frontiers in Cancer Preventio
HPVワクチンの一回接種で子宮頸癌を十分に予防できる可能性の画像

HPVワクチンの一回接種で子宮頸癌を十分に予防できる可能性

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を1回だけ受けた女性の血中に、ウイルスに対する抗体が、4年間にわたって安定した状態で維持されていることが確認された。このことから、1回のワクチン接種で、長期間持続する免疫応答を誘導し、新たなHP
セディラニブが再発卵巣癌患者の生存期間を延長の画像

セディラニブが再発卵巣癌患者の生存期間を延長

キャンサーコンサルタンツ 再発卵巣癌の女性患者が試験薬セディラニブと化学療法の併用治療を受け、また化学療法後に維持療法としてセディラニブの投与を受けた場合に生存期間が有意に延長することがアムステルダムで開催された2013年欧州臨床
OncoLog2013年5月号◆In Brief「β遮断薬の使用により放射線治療中の肺癌患者の生存率が上昇」、「Selumetinib(セルメチニブ)が再発した低悪性度卵巣癌患者の治療に有望」、「バレニクリンの使用で喫煙者の禁煙成功率が改善」の画像

OncoLog2013年5月号◆In Brief「β遮断薬の使用により放射線治療中の肺癌患者の生存率が上昇」、「Selumetinib(セルメチニブ)が再発した低悪性度卵巣癌患者の治療に有望」、「バレニクリンの使用で喫煙者の禁煙成功率が改善」

MDアンダーソン OncoLog 2013年5月号(Volume 58 / Number 5)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
低年齢の女子にはガーダシルの接種回数が少なくても有効な可能性の画像

低年齢の女子にはガーダシルの接種回数が少なくても有効な可能性

キャンサーコンサルタンツJournal of the American Medical Association誌に掲載された研究の結果によるとヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチンであるガーダシルは、10代後半以降には、3回接種が
進行性卵巣癌にヴォトリエントの維持療法が有効の画像

進行性卵巣癌にヴォトリエントの維持療法が有効

キャンサーコンサルタンツ第3相臨床試験において初回化学療法完了後のヴォトリエント錠®(パゾパニブ)が、進行性卵巣癌患者における予後を改善した。この結果は2013年米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次総会で発表された。 卵巣癌は、すで
多発性進行癌治療における重要な進展とHPV関連癌リスクへの新たな知見の画像

多発性進行癌治療における重要な進展とHPV関連癌リスクへの新たな知見

問合わせ先: Kelly Baldwin 312-949-3232 kelly.baldwin@asco.org   黒色腫、卵巣癌、結腸直腸癌治療に関する新たな進展が米国臨床腫瘍学会(ASCO)の第49回年次総会にて発表された。
Doxorubicin Hydrochloride LiposomeのFDA承認の画像

Doxorubicin Hydrochloride LiposomeのFDA承認

商品名: Doxil[ドキシル]本剤以外の化学療法後の卵巣癌患者およびカポジ肉腫患者の治療への使用を承認(2013/02/04)多発性骨髄腫への承認(2007/05/17)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方
ヒトパピローマウイルス(HPV)2価ワクチンのFDA承認の画像

ヒトパピローマウイルス(HPV)2価ワクチンのFDA承認

商品名:サーバリックス®・10~25歳の女児および成人女性において、ヒトパピローマウイルス(HPV)16型および18型に起因する子宮頸癌と前癌病変の予防に承認(2009/10/16)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌な
子宮頸癌の米国内外パラダイム:VIAとベバシズマブ/NCIパースペクティブの画像

子宮頸癌の米国内外パラダイム:VIAとベバシズマブ/NCIパースペクティブ

2013年6月2日 NCIパースペクティブ 今年1年で米国では12,000人以上の女性が、世界では50万人以上の女性が子宮頸癌にかかると考えられているが、細胞診(Pap検査)やヒトパピローマウイルス(HPV)検査などの効果的な早期診断方法に
子宮内膜がんのゲノム分類の基礎を確立-最善の治療選択のために適切な分類が重要の画像

子宮内膜がんのゲノム分類の基礎を確立-最善の治療選択のために適切な分類が重要

米国国立がん研究所(NCI)/プレスリリース 約400種の子宮内膜腫瘍の総合的ゲノム解析で、ある分子的特徴(例えば変異頻度)が、現在の病理学的手法を補完し、子宮内膜腫瘍の主なタイプの分類に役立ち、将来的な治療戦略への知見をもたらす可能性があ
新たな2段階免疫療法は再発性卵巣癌患者に有望の画像

新たな2段階免疫療法は再発性卵巣癌患者に有望

• 卵巣癌では、新規の別種治療法に関するニーズが満たされていない •患者に自分自身の血液細胞と癌から作られた個別化ワクチンを接種した。   第104回米国癌学会(4月6~10日ワシントンD.C.にて開催)で発表された2件の第I相臨
シスプラチン耐性癌細胞は、開発中のPARP阻害剤に感受性を示すの画像

シスプラチン耐性癌細胞は、開発中のPARP阻害剤に感受性を示す

• シスプラチン耐性非小細胞肺癌細胞では過剰活性化PARP1が高発現している • in vitroでPARP阻害剤による細胞死が認められた • PARP阻害剤がマウスにおけるシスプラチン耐性腫瘍の増殖を遅延させた   米国癌学会の