女性のがん

2008/12/16号◆癌研究ハイライトの画像

2008/12/16号◆癌研究ハイライト

同号原文|   NCI Cancer Bulletin2008年12月16日号(Volume 5 / Number 25) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇
植物性フラボノイドが卵巣癌のリスクを軽減の画像

植物性フラボノイドが卵巣癌のリスクを軽減

キャンサーコンサルタンツ2008年9月フラボノイドを含有する植物由来の食品を多く摂取すると、卵巣癌のリスクがほぼ半減する可能性があるとイタリアの研究者らは報告した。この研究結果はInternational Journal of Cancer
FDAが外陰癌及び膣癌予防にガーダシルの拡大使用を承認するの画像

FDAが外陰癌及び膣癌予防にガーダシルの拡大使用を承認する

原文 FOR IMMEDIATE RELEASE:2008年9月12日 Media Inquiries:Karen Riley, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが外陰癌及び膣
子宮頸癌、腫瘍内の血流量により治療転帰が予測可能の画像

子宮頸癌、腫瘍内の血流量により治療転帰が予測可能

2008年8月オハイオ州コロンバス - オハイオ州立大学総合がんセンターの研究者らによると、患者の体内の赤血球値と腫瘍内の血流を測定することが、個々の子宮頸癌患者の治療効果を予測するのに役立つということである。 「私たちは、循環血
アバスチンは再発性卵巣癌に有効の画像

アバスチンは再発性卵巣癌に有効

キャンサーコンサルタンツ2007年11月第2相臨床試験からのデータは、再発性卵巣癌の治療でアバスチン(ベバシズマブ)は有効で、適度に認容性がよいと示唆している。これらの試験の詳細は2007年11月20日発行のJournal of Clini
2007/12/18号◆スポットライト「変わりつつある子宮頸癌検診のアプローチ」の画像

2007/12/18号◆スポットライト「変わりつつある子宮頸癌検診のアプローチ」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年12月18日号(Volume 4 / Number 32) ___________________ ◇◆◇スポットライト◇◆◇ 変わりつつある子宮頸癌スクリーニングのアプローチ D
アバスチン、卵巣癌初回化学療法に安全に追加可能の画像

アバスチン、卵巣癌初回化学療法に安全に追加可能

キャンサーコンサルタンツ2007年8月カリフォルニア州のHoagがんセンターとDesert Regionalがんセンターの研究者は、タキソール (パクリタキセル)、プラチノール(カルボプラチン)、 アバスチン(ベバシズマブ)の外来投与が新た
フェマーラはエストロゲン受容体陽性の卵巣癌の抑制に有効の画像

フェマーラはエストロゲン受容体陽性の卵巣癌の抑制に有効

キャンサーコンサルタンツ2007年8月イギリスの研究者グループからの報告によると、フェマーラ(レトロゾール)によってエストロゲン受容体陽性の卵巣癌を治療した結果、CA125を基にした奏効率は17%病勢安定率は26%であった。この研究の詳細は
Catumaxomabの腹腔内投与が卵巣癌による腹水を軽減するの画像

Catumaxomabの腹腔内投与が卵巣癌による腹水を軽減する

キャンサーコンサルタンツ2007年8月難治性卵巣癌による悪性腹水症の女性へのモノクローナル抗体、catumaxomab (Removab)の腹腔内投与における有意な作用を、ドイツの研究者らが報告した。第1/2相試験の詳細は Clinical
2007/05/01号◆癌研究ハイライト「急性転化期CMLにダサチニブ」「卵巣がんとホルモン補充療法」「食事指導」の画像

2007/05/01号◆癌研究ハイライト「急性転化期CMLにダサチニブ」「卵巣がんとホルモン補充療法」「食事指導」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月1日号(Volume 4 / Number 16) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト ◇◆◇ CASP8遺伝子の変異は複数の癌に関係している C
2007/04/17号◆AACR年次総会報告の画像

2007/04/17号◆AACR年次総会報告

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月17日号( Volume 4 / Number 15) ●2007/4よりNCI隔週発行となりました ____________________ ◇◆◇AACR年次総会報告 ◇◆◇
2007/03/06号◆特集記事「アメリカ人女性のHPV総有病率を調査で推定」の画像

2007/03/06号◆特集記事「アメリカ人女性のHPV総有病率を調査で推定」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年03月06日号(Volume 4 / Number 10) ____________________ ◇◆◇特集記事 ◇◆◇ アメリカ人女性のHPV総有病率を調査で推定 Natio
2007/02/06号◆癌研究ハイライト「マンモグラフィ受診率低下」「悪性リンパ腫の局所放射線治療利益なし」「卵巣癌腹腔内投与はQOL不良」他の画像

2007/02/06号◆癌研究ハイライト「マンモグラフィ受診率低下」「悪性リンパ腫の局所放射線治療利益なし」「卵巣癌腹腔内投与はQOL不良」他

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月06日号(Volume 4 / Number 6) ____________________ ◇ ◆ ◇ 癌研究ハイライト ◇ ◆ ◇ 40歳以上の女性のマンモグ
Doxil®とカルボプラチン®は再発卵巣癌に効果的の画像

Doxil®とカルボプラチン®は再発卵巣癌に効果的

キャンサーコンサルタンツ2006年11月プラチナ製剤感受性の再発性卵巣癌の女性がCaelyxRとMYOCETRとしても市販されているDoxil(ドキソルビシン内包PEG化リポソーム製剤)とパラプラチン(カルボプラチン)で38%の完全寛解率が
アバスチン併用は複数回および強い治療を受けた子宮頸癌に対し効果があるの画像

アバスチン併用は複数回および強い治療を受けた子宮頸癌に対し効果がある

キャンサーコンサルタンツ2006年11月 ワシントン大学の研究者らは、これまでにかなりの治療を受けてきた再発子宮頸癌患者で、アバスチン(ベバシズマブ)と5-FU、もしくはゼローダ(カペシタビン)併用は効果的である、という報告をした
2006/11/21号◆癌研究ハイライト「PSA検査」「進行性前立腺に術後補助放射線」「子宮頸癌、放射線併用」他の画像

2006/11/21号◆癌研究ハイライト「PSA検査」「進行性前立腺に術後補助放射線」「子宮頸癌、放射線併用」他

同号原文| NCI キャンサーブレティン2006年11月21日号(Volume 3 / Number 45) ____________________ ◇ ◆ ◇ 癌研究ハイライト ◇ ◆ ◇   ガイドラインに反してPSA検査が
2006/11/14号◆癌研究ハイライト「頭部放射線治療と脳梗塞」「HPVと子宮頸癌」「腫瘍溶解性ウイルス」などの画像

2006/11/14号◆癌研究ハイライト「頭部放射線治療と脳梗塞」「HPVと子宮頸癌」「腫瘍溶解性ウイルス」など

同号原文| NCI キャンサーブレティン2006年11月14日号(Volume 3 / Number 44) ____________________ ◇ ◆ ◇ 癌研究ハイライト ◇ ◆ ◇ 頭部放射線治療が小児癌生存者の脳梗塞に関連 1
再発卵巣癌に対するDoxil/ジェムザールの有効性を確認の画像

再発卵巣癌に対するDoxil/ジェムザールの有効性を確認

キャンサーコンサルタンツ 2006年9月 Doxil (ドキソルビシン内包PEG化リポソーム製剤)とジェムザール(ゲムシタビン)の併用療法は、プラチナ製剤不応性の卵巣癌に対し有望かつ忍容性が高い治療法であることがオーストリアの研究者らによっ
アバスチン(ベバシズマブ)は卵巣癌に有効:追加的エビデンスの画像

アバスチン(ベバシズマブ)は卵巣癌に有効:追加的エビデンス

キャンサーコンサルタンツ2006年8月Gynecologic Oncology誌掲載の最近の論文2報によると、アバスチン(ベバシズマブ)は卵巣癌患者に有意な治療効果を示すことが確認されている。 アバスチンは、血管内皮増殖因子(VE
子宮頸癌予防ワクチン(Gardasil、Cervarix)の画像

子宮頸癌予防ワクチン(Gardasil、Cervarix)

キャンサーコンサルタンツ2006年7月子宮頸部癌のワクチン候補Cervarix(グラクソ・スミスクライン社)は、本剤を接種した15歳~55歳の女性全員(100%)において、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)16型および18型に対する抗体反応がみら
FDAはヒトパピローマウイルスに起因する子宮頚癌及びその他の女性疾患予防のための新ワクチンを承認の画像

FDAはヒトパピローマウイルスに起因する子宮頚癌及びその他の女性疾患予防のための新ワクチンを承認

迅速な承認は公衆衛生上の大きな進歩 米国食品医薬品局(FDA)は本日Gardasilを、ヒトパピローマウイルス(HPV)6、11、16、18型に起因する子宮頚癌、前癌症状である生殖器の病変、生殖器疣贅(ゆうぜい)を防ぐために開発された最初の
【NCIニュース】抗がん剤腹腔内(IP)投与で進行卵巣癌患者の生存を1年以上延長の画像

【NCIニュース】抗がん剤腹腔内(IP)投与で進行卵巣癌患者の生存を1年以上延長

米国国立がん研究所(NCI) 臨床報告ニュース米国国立衛生研究所(NIH)に所属する米国国立癌研究所(NCI)は本日、手術後の進行卵巣癌患者に2つの方法を用いた抗癌剤治療を推奨する報告を発行しました。薬剤の静脈投与と腹部直接投与を組み合わせ
子宮頸癌IB期の術後放射線照射により予後改善の画像

子宮頸癌IB期の術後放射線照射により予後改善

キャンサーコンサルタンツ 2006年5月婦人科腫瘍学グループ(GOG)が実施した、長期追跡調査を伴う多施設無作為試験において、IB期子宮頸癌が術後骨盤放射線治療により再発率が低下することが明らかになった。この第3相無作為試験の詳細については
FDAは、子宮頸部の前癌病変の発見を助ける新しい画像処理システムを承認の画像

FDAは、子宮頸部の前癌病変の発見を助ける新しい画像処理システムを承認

原文食品医薬品局は、本日、子宮頸癌の前癌細胞が含まれる子宮頸管部位を確認し、癌の成長の可能性の徴候である子宮頸癌の前駆病変の発見を助ける新しい画像処理システムを承認した。マサチューセッツ州のレキシントンのMediSpectra社で製造された