女性のがん

FDAがBRCA変異卵巣がんの一次治療薬にオラパリブを承認の画像

FDAがBRCA変異卵巣がんの一次治療薬にオラパリブを承認

2018年12月19日、米国食品医薬品局(FDA)は、有害または有害な可能性のある生殖細胞系列BRCA変異(gBRCAm)や体細胞BRCA変異(sBRCAm)を有する進行した上皮性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの成人患者で、初回治療のプ
新しい検査がHPV陽性女性の子宮がんスクリーニングのフォローアップに有用の画像

新しい検査がHPV陽性女性の子宮がんスクリーニングのフォローアップに有用

新しい検査が、既定の子宮がんスクリーニングにおいて、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染陽性女性の臨床管理の改善に役立つとNCI主導による研究で示されている。 p16/Ki-67二重染色と呼ばれるこの検査は、HPV陽性女性を管理するための現
子宮頸がんの低侵襲手術は開腹子宮摘出術より治癒率が劣るの画像

子宮頸がんの低侵襲手術は開腹子宮摘出術より治癒率が劣る

MDアンダーソンによる2つの研究が早期がんの手術ガイドラインに影響する可能性 MDアンダーソンニュースリリース 2018年10月31日 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らが主導した2つの研究で、早期子宮頸がん女性に対する標準
HPV(子宮頸がん)ワクチン:親が子供に接種させない本当の理由の画像

HPV(子宮頸がん)ワクチン:親が子供に接種させない本当の理由

研究の結果、安全性への心配が理由の上位であり、医師が患者への教育およびワクチン推奨に力を入れる必要があることが示唆される。 ジョンズホプキンス研究者たちの新たな調査データ研究によると、性感染を起こすヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチン
FDAがガーダシル9(HPVワクチン)を27歳-45歳成人にも拡大承認の画像

FDAがガーダシル9(HPVワクチン)を27歳-45歳成人にも拡大承認

FDAニュースリリース 2018年10月5日 米国食品医薬品局(FDA)は、ガーダシル9(ヒトパピローマウイルス(HPV)9価ワクチン、遺伝子組換え)ワクチン投与を27〜45歳の男女にも拡大承認する、一部 変更申請を本日承認した。ガーダシル
ISA101ワクチン+ニボルマブがHPV関連がんに奏効の画像

ISA101ワクチン+ニボルマブがHPV関連がんに奏効

免疫療法の併用療法が初期の単剤療法臨床試験と比較して高い奏効率を示す MDアンダーソンがんセンターニュースリリース 2018年9月27日 第2相臨床試験において、腫瘍特異的ワクチン+免疫チェックポイント阻害剤の併用療法は、治癒不能なヒトパピ
閉経後の出血と子宮体がんの関係に関する研究の画像

閉経後の出血と子宮体がんの関係に関する研究

閉経後女性における膣出血が子宮体がんとどの程度かかわりがあるかを調べた過去最大規模の解析によれば、子宮体がんと診断された女性の90%ががん診断前に出血を訴えていた。出血後に医師の診察を受けた閉経後女性のうち、子宮体がんと診断されたのは約9%
子宮頸がん検診の新推奨をジョンズホプキンス大の専門医が歓迎の画像

子宮頸がん検診の新推奨をジョンズホプキンス大の専門医が歓迎

新ガイドラインでは、30歳以上の女性に対して子宮頸がん検診に関する選択肢を提示する。   米国予防医学専門委員会(USPSTF)が発表した新ガイドラインでは、30歳以上の女性に対して子宮頸がん検診に関する選択肢を提示している。(*
子宮頸がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2018年8月更新・現在最新版]の画像

子宮頸がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2018年8月更新・現在最新版]

* 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)の独立委員会で、検診や予防医療の研究レビューを行って米国政府の推奨グレードを作成します。米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、米国政府とは独立した立場で
インテリジェントナイフは卵巣がんと正常組織を識別するの画像

インテリジェントナイフは卵巣がんと正常組織を識別する

インテリジェントナイフはよりスマートな手術となりうるか? 手術は卵巣がん治療の主要な一部であるが、適切な切除ができていない場合もある。 外科医にとって、何の組織を切除しているかを知ることは非常に重要である。卵巣の腫瘤が悪性腫瘍か良性腫瘍かを
がん予防というメッセージは、保護者とのHPVワクチン接種に関する話し合いにとって重要であるの画像

がん予防というメッセージは、保護者とのHPVワクチン接種に関する話し合いにとって重要である

医療従事者はヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種予定の9~12歳の小児の保護者と話し合うとき、がん予防を強調して伝えるべきである。これは、米国内の様々な保護者を対象に、小児にワクチン接種を受けさせるときに最も説得力があると感じた動機
子宮頸がん一次検診においてHPV検査が細胞診よりも正確の画像

子宮頸がん一次検診においてHPV検査が細胞診よりも正確

「従来の検診(細胞診)の代わりに新しい検査方法(HPV検査)を実施すれば、年間何百人もの女性が子宮頸がんを免れることができるでしょう」と、デイリーメール電子版が伝えた。 カナダで行われた研究により、子宮頸がんのほぼ全症例の原因であるヒトパピ
FDAが再発または転移性子宮頸がんにペムブロリズマブを承認の画像

FDAが再発または転移性子宮頸がんにペムブロリズマブを承認

2018年6月12日米国食品医薬品局(FDA)は、FDA承認の検査でPD-L1発現陽性(CPS ≥1)で、化学療法施行中または施行後に増悪した再発または転移性子宮頸がんの治療薬としてペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ、Merck and
FDAが卵巣がんの化学療法との併用でベバシズマブを承認の画像

FDAが卵巣がんの化学療法との併用でベバシズマブを承認

2018年6月13日、米国食品医薬品局(FDA)は、初回の外科的切除後のステージ3または4の上皮性卵巣がん、卵管がんまたは原発性腹膜がん患者に対して、カルボプラチンおよびパクリタキセルとの併用、さらにその後の単剤治療薬としてベバシズマブ(商
試験的スクリーニング検査により子宮内膜がんと卵巣がんの検出が可能の画像

試験的スクリーニング検査により子宮内膜がんと卵巣がんの検出が可能

試験的スクリーニング検査により、一部の子宮内膜がんおよび卵巣がんを、早期により治療可能な段階で検出できることが研究で明らかになった。PapSEEK(パップシーク)というリキッド・バイオプシー(液体生検)の一種は、がんに関連するDNAの変化を
ヒトパピローマウイルス(HPV) ~知っていますか?~の画像

ヒトパピローマウイルス(HPV) ~知っていますか?~

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ ヒトパピローマウイルス(HPV)には、感染すると男性にも女性にもが
トラスツズマブ併用で子宮漿液性がんの生存期間が延長の画像

トラスツズマブ併用で子宮漿液性がんの生存期間が延長

ジョンズホプキンス大学   2018年4月10日   標準化学療法レジメンにトラスツズマブを追加することで、まれなタイプの子宮がん女性の生存期間が延長する。   今回の臨床第2相試験で、HER2/neu変異が子
FDAが再発卵巣がん維持療法薬としてルカパリブを承認の画像

FDAが再発卵巣がん維持療法薬としてルカパリブを承認

2018年4月6日、米国食品医薬品局(FDA)は、白金製剤ベースの化学療法に完全奏効または部分奏効する再発上皮性卵巣がん、卵管がん、または原発性腹膜がんの維持療法薬としてポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(poly ADP-ribose
免疫療法薬+PARP阻害剤併用で卵巣がんの寛解率が上昇の画像

免疫療法薬+PARP阻害剤併用で卵巣がんの寛解率が上昇

ダナファーバーがん研究所 治療困難な卵巣がんを有する女性において、免疫療法剤とDNA修復阻害剤の併用は、いずれかの薬剤単独よりも有意に有効な可能性があるとダナファーバーがん研究所の研究者らが主導した第1/2相臨床試験で示された。この結果は、
BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査の画像

BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査

米国国立がん研究所(NCI) ファクトシート   ■ BRCA1、BRCA2とは何ですか? BRCA1、BRCA2とはがん抑制タンパク質を生成する遺伝子です。この遺伝子が産生するタンパク質には傷ついたDNAを修復する働きがあり、細
卵巣がん  ~知っていますか?~の画像

卵巣がん  ~知っていますか?~

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ 卵巣がんの罹患率と死亡率が減少傾向にあることを知っていますか?さま
クラミジア感染で卵巣がんリスクが上昇の画像

クラミジア感染で卵巣がんリスクが上昇

2018年米国がん学会(AACR)年次総会(4月14日~18日、イリノイ州シカゴで開催)に先立ち、マスコミ向けに公表されたデータによると、性感染症であるクラミジアに以前に感染したことのある女性の血中にみられる抗体は卵巣がんリスクを2倍にする
TAPUR試験が新たに4つの患者群を追加し登録を拡大の画像

TAPUR試験が新たに4つの患者群を追加し登録を拡大

4コホート(患者群)に患者を追加登録:免疫療法薬の組み合わせにより登録患者総数は500人を越える 米国臨床腫瘍学会(ASCO)のTargeted Agent and Profiling Utilization Registry(TAPUR)
特定の免疫細胞が卵巣がんの生存期間改善と関連する可能性の画像

特定の免疫細胞が卵巣がんの生存期間改善と関連する可能性

卵巣がん患者の腫瘍内に存在するある種の免疫細胞が、一部の患者における生存期間の改善に関連していることが、大規模国際研究において示された。   卵巣腫瘍組織解析コンソーシアムの研究者らは、この解析のために5,500人超の患者の腫瘍に