女性のがん

骨盤領域への放射線治療はより多くの副作用をもたらすの画像

骨盤領域への放射線治療はより多くの副作用をもたらす

子宮頸がんや子宮体がんの放射線治療を受けている女性は、重篤な副作用の発生率がこれまでの認識よりもはるかに高いことが新規臨床試験の結果から分かった。患者と担当医にとって術後療法によってもたらされるであろう利益と有害性についてより正確に評価する
FDAが進行卵巣がんの初回維持療法にニラパリブを承認の画像

FDAが進行卵巣がんの初回維持療法にニラパリブを承認

2020年4月29日、食品医薬品局(FDA)はプラチナ製剤ベースの初回化学療法に完全奏効または部分奏効を示した進行上皮性卵巣がん、卵管がんまたは原発性腹膜がんの成人患者の維持療法にニラパリブ(販売名:ZEJULA、グラクソ・スミスクライン社
子宮頸部の変化を理解する―検診で異常が認められたらの画像

子宮頸部の変化を理解する―検診で異常が認められたら

子宮頸部検診結果で異常が認められる大多数の女性は、子宮頸がんに罹っていません。ほとんどの場合、早期に細胞変化が認められますが、こうした変化は(自然消失することが多いため)監視したり、(後に起こる問題を回避するために)早期治療したりすることが
ヒトパピローマウイルス(HPV)とがんの画像

ヒトパピローマウイルス(HPV)とがん

ヒトパピローマウイルス(HPV)とは何ですか? HPVは200種類以上あるウイルスの一群で、その一部の型が膣性交、肛門性交、または口腔性交を通じて感染します。 性感染性の型は、低リスク型と高リスク型の2種類に分類されます。 ・低リスク型HP
一次治療として週1回のdose-dense化学療法は、上皮性卵巣がんのPFSを改善しないの画像

一次治療として週1回のdose-dense化学療法は、上皮性卵巣がんのPFSを改善しない

ICON8試験の結果から、主に欧州人の患者集団において、標準の3週間毎のレジメンと比較し、無増悪生存期間が改善しないことが示された 日本人以外の民族を起源とする女性の上皮性卵巣がんに対する一次治療として、週1回のdose-dense化学療法
再発卵巣がんの二次手術で全生存は改善されないの画像

再発卵巣がんの二次手術で全生存は改善されない

プラチナ感受性の再発卵巣がん患者において、二次腫瘍減量術とその後に行う化学療法は、化学療法単独と比べて生存期間を延長しないとの知見が、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者から報告された。 第3相Gynecologic Oncol
PARP阻害薬3剤、卵巣がん初期治療に有望な結果の画像

PARP阻害薬3剤、卵巣がん初期治療に有望な結果

現在、PARP阻害薬として知られる薬剤は、治療後に再発した進行卵巣がん患者の治療に使用されている。最近、新しく3つの臨床試験の結果が発表され、これらの薬剤が進行卵巣がんと新たに診断された患者にも利益をもたらす可能性があることが示された。 P
FDAがHRD陽性進行卵巣がんにニラパリブを承認の画像

FDAがHRD陽性進行卵巣がんにニラパリブを承認

2019年10月23日、米国食品医薬局(FDA)が3種類以上の化学療法歴があり、相同組換え修復異常(homologous recombination deficiency:HRD)陽性の進行卵巣、卵管または原発性腹膜がん患者に対するニラパリ
英国NHSが進行卵巣がんにルカパリブを承認の画像

英国NHSが進行卵巣がんにルカパリブを承認

進行卵巣がんに対する分子標的療法が、英国医療サービス(NHS)で承認され、その費用は英国抗がん剤基金(Cancer Drugs Fund)より支払われることとなる。 Rucaparib[ルカパリブ](Rubraca[ルブラカ])は、化学療法
PARP阻害薬ニラパリブは再発卵巣がんのQOL維持に有益の画像

PARP阻害薬ニラパリブは再発卵巣がんのQOL維持に有益

プラチナベース化学療法で寛解に至った再発卵巣がん患者では、ニラパリブによる治療は、症状や毒性の現れない期間(TWiST)を有意に延長できることがダナファーバーがん研究所の最新の研究で明らかになった 。 本日、電子版Journal of Cl
豪州、カナダ、米国で進行子宮内膜がんにペムブロリズマブ+レンバチニブを同時承認の画像

豪州、カナダ、米国で進行子宮内膜がんにペムブロリズマブ+レンバチニブを同時承認

2019年9月17日、米国食品医薬品局(FDA)は、全身療法後に疾患が進行したが根治的手術または放射線治療に不適応な高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)陰性、またはミスマッチ修復機構欠損(dMMR)陰性の進行子宮内膜がん患者の治療
進行卵巣がん治療薬ルカパリブは英国NHSで初回承認されずの画像

進行卵巣がん治療薬ルカパリブは英国NHSで初回承認されず

卵巣がんの進行を遅らせる可能性のある分子標的薬は、英国医療サービス(NHS)で使用を認められなかった。 Rucaparib[ルカパリブ](Rubraca[ルブラカ])の仮決定を下すにあたり、英国国立医療技術評価機構(NICE)は生存における
HPVが引き起こすがんの推計92%はワクチンにより予防可能の画像

HPVが引き起こすがんの推計92%はワクチンにより予防可能

米国疾病対策予防センター(CDC)プレスリリース CDCのデータは、全米のHPVワクチン接種率を80%に底上げする米国保健社会福祉省(HHS)新規計画が急務であることを強調 2012~2016年にかけて、毎年平均してHPV(ヒトパピローマ)
ストレスは子宮頸がん患者の死亡率を高めるの画像

ストレスは子宮頸がん患者の死亡率を高める

米国がん学会のCancer Research誌に掲載された研究結果によれば、精神的ストレスは、子宮頸がんと診断された女性患者においてがん特異的死亡のリスクを高めるという。 「がんと診断された患者は、うつ、不安、ストレス反応および適応障害など
子宮体がんの術後放射線療法は省略可能かの画像

子宮体がんの術後放射線療法は省略可能か

子宮体がん患者の中には、5年以内に再発するリスクを増加させることなく、通常よりも強度の弱い治療で済む患者集団があることがランダム化臨床試験の結果で明らかになった。 米国国立がん研究所(NCI)の資金提供を受けた本研究では、術後に化学療法のみ
化学放射線療法は、放射線単独より子宮体がんの生存率を改善の画像

化学放射線療法は、放射線単独より子宮体がんの生存率を改善

Ⅲ期子宮体がん患者または漿液性組織像を示す患者、あるいはその両方において最も有用性が認められた 高リスク子宮体がん患者を対象とした国際ランダム化第3相試験であるPORTEC-3試験の最新データで、術後に同時化学放射線療法を受けた患者群では、
高悪性度子宮体がんサブタイプの発生率が上昇の画像

高悪性度子宮体がんサブタイプの発生率が上昇

米国立衛生研究所の一部である米国立がん研究所(NCI)の研究による新しい知見から、米国内での子宮体がん高悪性度サブタイプの発生率が、2000年~2015年に30~79歳女性の間で急速に上昇していることがわかった。この知見では、サブタイプやが
米医療費負担適正化法(ACA)により、卵巣がんの診断・治療が迅速化の画像

米医療費負担適正化法(ACA)により、卵巣がんの診断・治療が迅速化

ASCOの見解 「あらゆる種類のがん、特に卵巣がんにおいて早期発見と迅速な治療は重要です。この研究は、健康保険が利用できることが重要であり、ケアを受ける機会格差の是正にも役立ち、最終的には卵巣がん患者に対する長期的な転帰を改善することを裏づ
PD-L1とTGF-βを標的とするbintrafusp alfaはHPV関連がんに有効の画像

PD-L1とTGF-βを標的とするbintrafusp alfaはHPV関連がんに有効

最近の国際学会で報告された第1相試験の結果によれば、開発中の免疫治療薬は進行性ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん患者の腫瘍を縮小させた。 試験中の薬剤である、bintrafusp alfa[ビントラフスアルファ](M7824とも呼ばれ
進行卵巣がんにおけるリンパ節摘出術の意義の画像

進行卵巣がんにおけるリンパ節摘出術の意義

進行卵巣がんの手術を行う場合、術者は腫瘍周囲のリンパ節の外見や触感が正常であっても、それらをすべて除去することが多い。というのは、そのようなリンパ節には原発腫瘍から転移したがん細胞が付着しているかもしれず、後の化学療法に抵抗性を示す可能性が
HIV感染高リスク成人でのHPVワクチン接種率は低いの画像

HIV感染高リスク成人でのHPVワクチン接種率は低い

後天性免疫不全症候群(AIDS)を引き起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染するリスクの高い成人は、肛門がんや子宮頸がんの原因となり得るヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチン接種率が一般集団よりも低い傾向にあったことが、3月2
化学療法抵抗性の卵巣がんにPARP阻害薬単独よりアルペリシブ併用が有効の画像

化学療法抵抗性の卵巣がんにPARP阻害薬単独よりアルペリシブ併用が有効

ダナファーバーがん研究所の研究者は、臨床試験において分子標的薬を追加することで、PARP阻害薬の効果が期待できない卵巣がん患者の約3分の1で、腫瘍の部分的縮小を確認した。 PARP阻害薬オラパリブと、細胞タンパクであるPI3キナーゼαを標的
免疫療法の臨床試験:スー・スコットの物語の画像

免疫療法の臨床試験:スー・スコットの物語

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ Christian Hinrichs医師と彼の患者Sue Scot
子宮頸部前がん病変の同定でAIが好成績の画像

子宮頸部前がん病変の同定でAIが好成績

米国国立衛生研究所(NIH)およびGlobal Goodの研究者らが率いる研究チームは、女性の子宮頸部のデジタル画像を分析し、治療が必要な前がん病変を正確に同定できるコンピュータアルゴリズムを開発した。この人工知能(AI)アプローチは、 自