米国臨床腫瘍学会(ASCO)

腸内細菌が、がん免疫療法薬に対する反応と関連する可能性の画像

腸内細菌が、がん免疫療法薬に対する反応と関連する可能性

専門家の見解 米国臨床腫瘍学会(ASCO)専門委員のLynn Schuchter医師(FASCO)は、「免疫療法薬はがん患者の生活を急速に改善していますが、多くの患者に効果があるわけではなく、その理由は依然として不明です。本研究結果により、
免疫療法中止後も、腫瘍抑制が持続する可能性の画像

免疫療法中止後も、腫瘍抑制が持続する可能性

専門家の見解 「この研究は、有害作用のために免疫療法を継続できない患者にとって歓迎すべきニュースです」と、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の専門医で、本日のPresscast の司会でもあるSumanta Pal医師は述べた。「患者によっては免
腎がんでは、抗生物質使用で免疫療法の効果が低下の画像

腎がんでは、抗生物質使用で免疫療法の効果が低下

専門家の見解 「がん免疫療法の選択肢が増え、進化するにつれて、腸内細菌とがんに対する免疫応答との関係について理解が次第に深まっています。抗生物質が免疫療法の有効性に悪影響を及ぼす可能性があることは注目に値します。 この研究は、免疫療法の有益
リキッドバイオプシーが進行前立腺がんの治療標的を提示の画像

リキッドバイオプシーが進行前立腺がんの治療標的を提示

専門家の見解 「がんを増殖させる分子変化に対応する、患者ごとに合わせた治療を計画する際に、これらの血液検査は極めて有望と思われます。これは特に、腫瘍生検を受けることができない患者に当てはまります」、とASCOの専門委員で本日のプレスキャスト
乳がん、前立腺がん患者のうつや適応障害で通院・入院回数増加の画像

乳がん、前立腺がん患者のうつや適応障害で通院・入院回数増加

専門家の見解 「メンタルヘルスの問題はよくあることですが、認知度が低いことが多いです」と、Joshua Adam Jones医師(文学修士、米国臨床腫瘍学会ASCO専門委員)は述べた。「がんに罹患している多くの人々の健康に影響を及ぼすだけで
院内調剤所の設置で治療の質が向上し、処方ミスも減少の画像

院内調剤所の設置で治療の質が向上し、処方ミスも減少

専門家の見解 「がんセンター内にある院内調剤所の新たなモデルを採用した結果、処方ミスや、患者が薬剤を受け取るまでの時間が著しく減少しました」と、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の専門委員で、Quality Care Symposium News
大腸がん予後バイオマーカーの有効性は、腫瘍部位に依存の画像

大腸がん予後バイオマーカーの有効性は、腫瘍部位に依存

専門家の見解 「大腸がんの腫瘍部位が患者の生存期間を予測するのに役立つことを示す先の研究を見てきたが、この研究は治療をさらに個別化するのに役立つ情報を追加しています」と、ASCO専門委員Lynn Schuchter医師(FASCO)は述べた
免疫療法薬がASCO アドバンス・オブ・ザ・イヤーにの画像

免疫療法薬がASCO アドバンス・オブ・ザ・イヤーに

2月4日世界対がんデーを前に、がん研究への米連邦政府助成金の増額を要請   免疫療法薬の研究の進歩により利益を受けるがん患者は増え続けており、米国臨床腫瘍学会(ASCO)はアドバンス・オブ・ザ・イヤーに2年連続で免疫療法薬を挙げた
閉経後女性の意図的な体重減量は、子宮内膜がんリスクを低下の画像

閉経後女性の意図的な体重減量は、子宮内膜がんリスクを低下

ASCOの見解   Jennifer Ligibel医師、米国臨床腫瘍学会(ASCO)がん予防専門医 「肥満と子宮内膜がんや他のがんのリスク増加との関連性を調べる研究はこれまで1,000件以上ありましたが、体重減少とがんリスクの関
待機療法アプローチが直腸がん治療に有効な可能性の画像

待機療法アプローチが直腸がん治療に有効な可能性

専門家の見解 「直腸がんの手術は非常に有効ですが、リスク、回復期間、機能への長期的影響は患者の生活の質(QOL)に重大な影響を及ぼします。どのような直腸がん患者であれば待機療法アプローチ(watch-and-wait approach)で安
若年乳がんサバイバーの家族が抱く不安、その要因とケアの必要性の画像

若年乳がんサバイバーの家族が抱く不安、その要因とケアの必要性

専門家の見解 「愛する人ががんと診断された時、家族は自分自身の健康と幸福を顧みなくなることがよくありますが、がん患者のケアに心配と不安が伴うことはよくわかります」と本日のプレスキャスト(インターネット生放送による記者会見)の司会であるASC
2017年シンポジウムでがん治療後の患者ケアに対する新たな洞察に注目の画像

2017年シンポジウムでがん治療後の患者ケアに対する新たな洞察に注目

がん治療後ケアに関する重要な研究結果が明らかになった5件の試験が、サンディエゴのマンチェスターグランドハイアットにて1月27日、28日に開催される2017年がんサバイバーシップシンポジウムで発表される。以下に挙げる抄録によって、がんの治療と
がん患者の多くが、診断後に運動量を減らす理由とその改善策の画像

がん患者の多くが、診断後に運動量を減らす理由とその改善策

専門家の見解 「がん患者が運動を行うことの有益性が一般的によく知られているにもかかわらず、患者はさまざまな理由でがん診断後に身体活動レベルを変えることがあります」と、ASCO専門員で、本日の記者会見の司会者でもあるMerry Jennife
2017泌尿器がんシンポ、最新知見を事前発表の画像

2017泌尿器がんシンポ、最新知見を事前発表

2017年度泌尿器がんシンポジウムの共同スポンサーが、本日、本会議の公式プレスプログラムで取り上げる3件のアブストラクトを発表した。研究者らは、2017年2月13日(月)正午~1時30分(東部標準時間)に開催される指定記者向けpressca
進行大腸がん患者において身体活動量は生存期間延長と関連の画像

進行大腸がん患者において身体活動量は生存期間延長と関連

専門家の見解 ASCO専門委員であり、本日のプレスキャストの司会を務めるNancy Baxter医師( FRCSC, FACS, PhD)は、「身体活動は進行性大腸がん患者にとっては困難なものであろうが、本研究は、ほんの少しの運動量であって
PETスキャンが食道がん治療法の選択に有効の画像

PETスキャンが食道がん治療法の選択に有効

専門家の見解   「PETスキャンは、腫瘍医が食道がんに対する化学療法を微調整して実施し、個々の患者ごとに化学療法の有効性を最大化できるようにする有益な手段であると判明したようです」とASCO専門委員Nancy Baxter医師は
若年甲状腺がんサバイバーは心疾患、骨粗鬆症リスクに直面の画像

若年甲状腺がんサバイバーは心疾患、骨粗鬆症リスクに直面

要約には本抄録に含まれない最新データを含む   「早期診断を受けた場合、大半の若年甲状腺がん患者における治療は成功し、がん発症後も長く生存します」とASCOの専門委員で本日のプレスキャスト(インターネット生放送による記者会見)の司
ASCO消化器がんシンポジウム2017における主な演題の画像

ASCO消化器がんシンポジウム2017における主な演題

1月19日から21日までサンフランシスコのMoscone Westビルで開催されるASCO消化器がんシンポジウム2017で、消化器がん治療の重要な課題探索に関する6件のアブストラクトが発表される。これらの重要なアブストラクトは以下である。
ASCOが子宮頸がん検診の受診向上のための世界的推奨を発表の画像

ASCOが子宮頸がん検診の受診向上のための世界的推奨を発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、世界中の女性のがんによる主な死因の1つである子宮頸がんの検診に関する新たな世界的ガイドラインを発表した。本ガイドラインには、世界各国における、検診、陽性の検診結果に対する経過観察、子宮頸がんの前がん病変を
ウェブ利用のリハビリが、がんサバイバーの認知機能を改善の画像

ウェブ利用のリハビリが、がんサバイバーの認知機能を改善

ASCOの見解ASCOがんサバイバーシップ専門委員Patricia Ganz医師「認知機能のリハビリテーションは、がんサバイバーシップケアの中核であるべきです。なぜならば、認知症状はよく起こることであり、人々の生活に深い影響を与えるものだか
緩和ケアシンポジウム2016で優れた研究成果7件が発表の画像

緩和ケアシンポジウム2016で優れた研究成果7件が発表

プレスリリース9月9~10日、サンフランシスコ・マリオット・マーキスで開催された2016年臨床腫瘍緩和ケアシンポジウムで、緩和ケアの重要な問題を研究する7件の研究成果が発表された。 これら注目すべき要約では、患者のQOLを向上させ
精管切除と前立腺がんリスクは関連なしとの大規模研究結果の画像

精管切除と前立腺がんリスクは関連なしとの大規模研究結果

プレスリリースASCOの見解ASCO前立腺がん専門委員Sumanta Pal医師「医療制度が変わり続け、予防や健康全般、満足のいく生活状態が重視されるようになるにしたがって、がんリスクの減少に対する人々の関心が一層高まってきました。精管切除
がん患者介護者への支援に向けて、さらなる研究の必要性の画像

がん患者介護者への支援に向けて、さらなる研究の必要性

プレスリリース ASCOの見解「本研究は、がん患者の介護に特有のニーズや課題の片鱗を示しており、重要です。介護者に対する十分な支援を保証することは、高品質のがん介護の不可欠要素の1つであるべきです」とASCO専門委員Andrew
介護する家族にもケアを―うつ・不安症状を訴える傾向の画像

介護する家族にもケアを―うつ・不安症状を訴える傾向

プレスリリース 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「通院して治療を受けるがん患者の増加に伴い、患者を介護する家族がサポートを受ける必要性が今まで以上に重要になっています」と、ASCO専門委員のAndrew S. Epstein医師