米国臨床腫瘍学会(ASCO)

Larotrectinibが小児と成人の多様ながんに長期で有効の画像

Larotrectinibが小児と成人の多様ながんに長期で有効

Larotrectinibは希少なTRK融合遺伝子異常を標的とする   ASCOの見解 「小規模な早期試験ではあるものの、この研究は希少がんにおける新薬開発の道を拓く有力な証拠となり、高精度医療(precision medicin
大腸がん再発リスクに応じて術後化学療法が個別化できる可能性の画像

大腸がん再発リスクに応じて術後化学療法が個別化できる可能性

ASCOの見解 「この場合、少ない方がいいのです。化学療法が3カ月間長くなることで有害作用が生じます。いまや、結果を損なうことなく多くの大腸がん患者を不必要な副作用から解放できるのです。本試験は、既存の治療を患者によりよく作用させる改良方法
精巣がんサバイバーに多いテストステロン低下が健康問題と関連の画像

精巣がんサバイバーに多いテストステロン低下が健康問題と関連

ASCOの見解 「現在、精巣がんは20人中19人の割合で治癒可能ですが、非常に多くの精巣がんサバイバーでテストステロンの低下がみられ、ほかの健康面に影響を及ぼす場合があります。本試験およびほかの試験に基づき、臨床医は精巣がんサバイバーにテス
健康的な生活習慣が大腸がん診断後の長期生存を改善の画像

健康的な生活習慣が大腸がん診断後の長期生存を改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解  「良好な標準的がん治療は大腸がんによる死亡を大幅に低減させますが、この研究結果では、それに加えて患者が治療後にどのような食事をとり、どう生活するかで違いがでることを明確に示しています」と、ASCO会長の
ナッツ類摂取と大腸がんの長期生存が関連の画像

ナッツ類摂取と大腸がんの長期生存が関連

ASCOの見解 「基本の健康的な食事が、がんの治療中には見落とされることがよくあります。本研究は、ナッツ類を食べるという単純なことが、患者の長期生存に影響を与える可能性があることを示しています」と、ASCO会長で米国内科学会名誉上級会員(F
HPVワクチン接種により口腔HPV感染が減少の画像

HPVワクチン接種により口腔HPV感染が減少

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンは、これまでに開発されたがん予防法の中で最も重要な予防法の一つとなる可能性があり、すでに世界中の子宮頸がんの負担を軽減しています」と、ASCO次期会長のBruce
ゲフィチニブが2-3A期の肺腺がんにおいて再発までの期間を延長の画像

ゲフィチニブが2-3A期の肺腺がんにおいて再発までの期間を延長

「この試験は、化学療法よりも副作用がはるかに少ない分子標的療法が有効な肺がん患者のタイプを明らかにするものです」と、ASCO次期会長のBruce E. Johnson医師は語った。また、「プレシジョン医療を、進行した肺がん患者だけでなく、よ
カペシタビンが胆道がん生存期間を1年以上延長するの画像

カペシタビンが胆道がん生存期間を1年以上延長する

ASCOの見解 「本試験は標準治療法が今までなかった胆道がんの補助療法に関する長年の課題を解決するのに役立ちます。この経口剤による化学療法は広く普及しており、患者に1年以上、生存を延長する機会を提供することができます」と、ASCO会長Dan
遺伝カウンセラーとの面談での心得の画像

遺伝カウンセラーとの面談での心得

2015年1月 Cancer.Net編集委員会承認 【要点】 • 遺伝カウンセラーは、遺伝性がんリスクの特定や対応について、あなたや家族を支援できるように特別な訓練を受けています。 • 家族のがん罹患歴についての情報があると、遺伝カウンセラ
遺伝子検査でがんリスクを調べるの画像

遺伝子検査でがんリスクを調べる

2016年5月 Cancer.Net編集委員会承認 遺伝子検査は、遺伝子、染色体、またはタンパク質の特定の変化を探すことにより、生涯がんにかかる確率を推定する手助けをしてくれます。この変化は変異と呼ばれます。 遺伝子検査には、乳がん、卵巣が
臨床的判断におけるがん観察研究の役割強化をASCOが勧告の画像

臨床的判断におけるがん観察研究の役割強化をASCOが勧告

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、臨床的判断におけるがん観察研究の役割を強化する一連の勧告を発表した。Journal of Clinical Oncology(JCO)誌に掲載されたASCOのリサーチ・ステートメントでは、観察研究の活用機会を
世界最大のASCO2017、患者・サバイバーケアの最前線に焦点の画像

世界最大のASCO2017、患者・サバイバーケアの最前線に焦点

第53回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会の公式プレスプログラムでは、免疫療法やプレシジョン医療から、がんサバイバーシップに至る分野で、がん予防およびケアの観点にまたがる研究の数々が注目されている。研究成果は、シカゴで6月2日〜6日に開催
家族のがん既往歴を収集して主治医と共有する必要性の画像

家族のがん既往歴を収集して主治医と共有する必要性

2016年2月 Cancer.Net編集委員会承認 画像はこちら 家族の既往歴を主治医と共有することは大切です。これは、がんと診断された場合に特に当てはまります。この記事では、がん家系の可能性を調べることがなぜ有用か、そして、どのように調べ
遺伝性がん関連症候群の一覧の画像

遺伝性がん関連症候群の一覧

Cancer.Netは、特定の種類のがんに対し遺伝子変異が認められる家系のがん罹患リスクを高める下記の遺伝的疾患について詳細な情報を提供します。 疾患名を選択すると、さらに詳しい情報を確認することができます。 (原文ページにはそれぞれの疾患
がんと遺伝子の画像

がんと遺伝子

2015年8月 Cancer.Net編集委員会承認 遺伝子について 遺伝子は体を構成する1つ1つの細胞のDNAに存在します。遺伝子は細胞の機能、すなわち、細胞がいかに速く成長するか、いかに多く分裂するか、どのくらい長く生存するかなどを制御し
患者の治験薬アクセスに関し、ASCOが声明を発表の画像

患者の治験薬アクセスに関し、ASCOが声明を発表

ASCOは、FDAのexpanded access program(EAP)、(*「人道的見地からの医薬品供給」)の強化を支持する。他方で、「患者が治験薬を試みる権利」法(Right-to-Try Measures)は有効策ではなく、患者に
子宮頸がん予防に対するHPVワクチン接種ガイドラインが発行の画像

子宮頸がん予防に対するHPVワクチン接種ガイドラインが発行

  米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、子宮頸がん予防に対するヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種の臨床実践ガイドラインを発行した。これは、子宮頸がん一次予防に関する初のガイドラインであり、社会経済的および構造的資源状況の
前立腺がんに対する小線源放射線療法ガイドラインを更新の画像

前立腺がんに対する小線源放射線療法ガイドラインを更新

米国臨床腫瘍学会(ASCO)および Cancer Care Ontarioが、本日、前立腺がん患者に対する小線源療法(内部照射)に関する共同診療ガイドラインの更新を発表した。この更新により、それぞれの患者リスク群に対するエビデンスに基づいた
乳がん治療と転帰に関するがんセンターのウェブサイト情報の検証の画像

乳がん治療と転帰に関するがんセンターのウェブサイト情報の検証

研究者らは、乳がん治療に関し、情報に基づいて意思決定するには患者の知識が不可欠である、と言う。   専門家の見解 「患者、およびその家族や友人が患者のがん診断に関して調査し、より多くの情報を得るためにインターネットを利用することが
NIH補助金減額の大統領予算案に反対、ASCO会長が声明の画像

NIH補助金減額の大統領予算案に反対、ASCO会長が声明

ASCO会長であるDaniel F. Hayes医師による声明   われわれは、米国国立衛生研究所(NIH)から60億ドルを削減するトランプ大統領の予算概要に強く反対する。NIH財政支出を20%近くも減額することは、わが国の既に脆
乳房温存術後の短期放射線療法はケアの質・価値を高めるの画像

乳房温存術後の短期放射線療法はケアの質・価値を高める

緊急リリース ASCOの見解 ASCO乳がんエキスパート Don S. Dizon医師 「患者にとって質および価値の高い治療を決定するには、臨床的メリットや費用など数多くの要因があります。本研究は、臨床的エビデンスに基づいて各患者に合わせた
初のがん免疫シンポジウム、免疫腫瘍学注目の演題の画像

初のがん免疫シンポジウム、免疫腫瘍学注目の演題

2017年米国臨床腫瘍学会・がん免疫学会(ASCO-SITC)臨床免疫腫瘍学シンポジウム(2017 ASCO-SITC Clinical Immuno-Oncology Symposium)で、免疫腫瘍学における臨床研究およびトランスレーシ
メディア向け:2017年ケアの質シンポジウム記事を公開の画像

メディア向け:2017年ケアの質シンポジウム記事を公開

2017年ケアの質シンポジウムのすべての抄録が公開された。これらの抄録はabstracts.asco.orgで公開されており、ジャーナリストが現在報道可能である。   主な研究は次のとおりである。   抄録108  院内
2017年シンポジウム、注目の泌尿生殖器がん研究の進歩の画像

2017年シンポジウム、注目の泌尿生殖器がん研究の進歩

泌尿器がん治療における重要な問題を検討する5件の研究が、フロリダ州オーランドのローゼンシングルクリークで2月16日〜18日に開催される2017年泌尿生殖器がんシンポジウムで発表される予定である。これらの注目すべき抄録では、前立腺がん、膀胱が