米国臨床腫瘍学会(ASCO)

リキッドバイオプシーが早期大腸がん発見に有望の画像

リキッドバイオプシーが早期大腸がん発見に有望

「大腸がん検診は命を救うこともありますが、米国では現在の検診方法オプションが患者にとって簡便でなく少々面倒であるため、連邦政府が掲げる検診目標にはまだ到達していません。この研究はさらに調査が必要ですが、簡単で精度の高い血液検査によって検診率
2018年泌尿生殖器がんシンポ:前立腺、膀胱、腎臓がん最新知見の画像

2018年泌尿生殖器がんシンポ:前立腺、膀胱、腎臓がん最新知見

2018年泌尿生殖器がんシンポジウム(Genitourinary Cancers Symposium)の協賛者らは本日、会議の公式記者発表で注目が集まる4件のアブストラクトを発表した。研究者らは、記者向けに解禁されるプレスキャストで、これら
TAPUR試験が新たに4つの患者群を追加し登録を拡大の画像

TAPUR試験が新たに4つの患者群を追加し登録を拡大

4コホート(患者群)に患者を追加登録:免疫療法薬の組み合わせにより登録患者総数は500人を越える 米国臨床腫瘍学会(ASCO)のTargeted Agent and Profiling Utilization Registry(TAPUR)
アルコール摂取が発がんリスク上昇と関連の画像

アルコール摂取が発がんリスク上昇と関連

アルコール摂取は、量の多少に関わらず、乳がん、大腸がん、食道がん、頭頸部がんなど複数の発がんリスク上昇に関連することが、米国臨床腫瘍学会(ASCO)が収集したエビデンスから明らかになった。アルコールをがんの明らかなリスク要因と特定した本日発
ヨガが肺がん患者とその介護者に有効な支持療法となる可能性の画像

ヨガが肺がん患者とその介護者に有効な支持療法となる可能性

専門委員の見解 「ヨガを実践することでさまざまな効果が得られることは、以前から知られていました。本研究の知見が、進行がん患者とその介護者がヨガを実践するきっかけとなれば理想的です」と、本日のプレスキャストの司会を務める米国臨床腫瘍学会(AS
ASCO、がん臨床試験に対する適格基準の緩和を推奨の画像

ASCO、がん臨床試験に対する適格基準の緩和を推奨

米国臨床腫瘍学会(ASCO)とフレンズ・オブ・キャンサーリサーチ(Friends)は、がん臨床試験に対し、より多くが参加できる適格基準の使用を求めている。この推奨は、本日Clinical Oncology(JCO)誌に掲載された’スペシャル
白血病患者と腫瘍専門主治医とで予後認識が大幅に異なるの画像

白血病患者と腫瘍専門主治医とで予後認識が大幅に異なる

専門家の見解 「がんが検出された時期に関わらず、診断された経験は、患者にとてつもなく大きなストレスと不安を引き起こす可能性があります。患者が治療リスクと起こりがちな予後を正確に理解して、情報に基づいたより良い決定を主治医と行うために、医師・
HPVワクチン接種率は小児がんサバイバーにおいて特に低いの画像

HPVワクチン接種率は小児がんサバイバーにおいて特に低い

医療専門家の推奨がワクチン接種への理解を深める重要な要因との調査結果   ASCOの見解 Merry-Jennifer Markham医師(米国内科学会フェロー/ASCOがんサバイバーシップ専門委員) 「近年、若年がんサバイバーは
緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少の画像

緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少

ASCOの見解   公衆衛生における緩和ケアの重要な役割が強調される   「この研究は、緩和ケアが進行がん患者にもたらす利益と、腫瘍の標準治療と緩和ケアを同時に行うことの重要性について、さらに多くのエビデンスを提供します。また、他
女性のための妊よう性、その問題と温存の画像

女性のための妊よう性、その問題と温存

多くのがん治療により、一時的あるいは永久的な妊よう性への影響が生じます。妊よう性とは、妊娠する能力のことで、不妊とは妊娠あるいは妊娠継続が難しいことです。 治療が始まる前に、ご自分のヘルスケアチームと話し、治療が自分の妊よう性にどのような影
妊よう性とがんに関する5つのポイントの画像

妊よう性とがんに関する5つのポイント

Aditi Narayan氏はLIVE STRONG財団のソーシャルワーカーであり、研究および評価プログラムマネージャーでもあります。Narayan氏は地域型ナビゲーションプログラム、およびLIVE STRONG財団がんサバイバー研究の実施
男性の妊よう性へ治療がおよぼす影響とその温存の画像

男性の妊よう性へ治療がおよぼす影響とその温存

2016年3月 Cancer.Net編集委員会承認 多くのがん治療が妊よう性に影響を及ぼします。この影響は、一時的な場合も永続的な場合もあります。妊よう性とは、子どもを作ることができる状態です。子どもを作ることができない状態が不妊です。 &
4期非小細胞肺がん(NSCLC)のガイドライン改定の画像

4期非小細胞肺がん(NSCLC)のガイドライン改定

米国臨床腫瘍学会(ASCO)診療ガイドラインが改定され、進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の治療における免疫療法の役割が明確になる。またこの改定では、腫瘍のEGFR、ALK、およびROS1遺伝子に変化がある患者に対する分子標的薬の適応につ
がん患者の妊娠出産:妊よう性の支援とさまざまな選択肢の画像

がん患者の妊娠出産:妊よう性の支援とさまざまな選択肢

がん治療によっては子供を持つことが難しくなる場合があります。子供を持つ能力は妊よう性と呼ばれます。 生殖器を害する化学療法、放射線療法および外科手術は妊よう性に影響を及ぼす可能性があります。不妊症は以下の原因によって引き起こされることがあり
心停止後進行がん患者の生存率の低さ、終末期ケア意思決定の一助にの画像

心停止後進行がん患者の生存率の低さ、終末期ケア意思決定の一助に

病院の新しいデータが進行がんのケアプランニングに役立つかもしれない。   ASCOの観点   「この研究は、医師は患者と終末期ケアについて早い段階の率直な話し合いをする必要がある、という事実を強固にしました。進行がん患者でも蘇生を
がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン改定の画像

がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン改定

米国臨床腫瘍学会(ASCO)臨床診療ガイドラインが更新され、がん治療において悪心および嘔吐を予防する医薬品が新規に追加された。7月31日に発表された最新情報では、オランザピン、NK1受容体拮抗薬およびデキサメタゾンの適正使用に関する新しいエ
症状自己報告Webシステムの使用が生存期間延長に効果の画像

症状自己報告Webシステムの使用が生存期間延長に効果

がん領域における患者報告アウトカム(PRO)利用の増加を裏付ける研究 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 ASCO専門委員Harold J. Burstein医師は言う。「オンライン・テクノロジーは私たちの生活のまさにあらゆる場面でコミュニ
MammaPrintに関するASCOガイドライン更新の画像

MammaPrintに関するASCOガイドライン更新

MammaPrintゲノム検査の使用に関する新たな推奨が本日発表された。この推奨は、今後早期乳がん患者に対する補助化学療法についての判断の指針になると考えられる。この推奨は、早期乳がん患者におけるバイオマーカーの利用に関する米国臨床腫瘍学会
CAR-T細胞療法で多発性骨髄腫が長期寛解の画像

CAR-T細胞療法で多発性骨髄腫が長期寛解

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「まだ早い段階ですが、これらのデータはCAR-T (キメラ抗原受容体発現T細胞) 細胞療法が多発性骨髄腫に寛解をもたらすことを強く示すものです」と、ASCO専門家のMichael S. Sabel医師は述
ダコミチニブがEGFR陽性肺がんに有効な可能性の画像

ダコミチニブがEGFR陽性肺がんに有効な可能性

ASCOの見解 「EGFR標的療法が導入されてから15年近くたち、その時以来多数の患者の生存期間延長に役立っています。これらの治療薬の第二世代はより有効的ですが、より重い副作用を引きおこす可能性もあります。そのため、患者とその主治医はリスク
小児がんサバイバーの重篤な健康問題の発生率が着実に低下の画像

小児がんサバイバーの重篤な健康問題の発生率が着実に低下

ASCOの見解 「この数十年で、小児がんほど治療が劇的に進展した腫瘍学分野はほかにないでしょう。 治療やケアの進歩に伴い、小児がん患者は生存期間が延長したのみならず、がん治療の長期的な副作用の減少による恩恵を受けています。今回の研究結果は、
アビラテロン併用で前立腺がん患者の生存期間が延長の画像

アビラテロン併用で前立腺がん患者の生存期間が延長

ASCOの見解 「本研究は、主に転移前立腺がん患者の標準ホルモン療法にアビラテロンを追加することを支持する有力なエビデンスを示すものであり、これにより、同条件下においてアビラテロンを標準治療として確立するエビデンスを一層強固なものにしていま
トラスツズマブ+ペルツズマブ、一部の女性で浸潤性乳がん発生率低下の画像

トラスツズマブ+ペルツズマブ、一部の女性で浸潤性乳がん発生率低下

ASCOの見解 「HER2分子標的治療薬の導入と治療の成功は乳がん治療の転換点となりました。本研究に参加した女性の一部でHER2標的治療薬1種類の単独投与よりも2種類を併用投与した場合でより高い効果が得られたことに期待がもたれますが、再発リ
免疫療法が、再燃した中皮腫に効果を示す可能性の画像

免疫療法が、再燃した中皮腫に効果を示す可能性

ASCOの見解 「われわれは、より多種類のがんへの使用拡大に伴い、免疫療法の第2の波を目にしています。長い間、治療の選択肢があまりに少なかった中皮腫に対し、免疫療法が効果的な新しい治療法であることを本研究は示しています」と米国臨床腫瘍学会(