米国臨床腫瘍学会(ASCO)

非浸潤性乳管がんの新コンセンサスガイドラインの画像

非浸潤性乳管がんの新コンセンサスガイドライン

プレスリリース 外科腫瘍学会(SSO)、米国放射線腫瘍学会(ASTRO)、米国臨床腫瘍学会(ASCO)が非浸潤性乳管がんにおける全乳房照射併用の乳房温存手術での断端に関する共同声明を発表 米国のがん主要3学会は、本日、全
抗がん剤は高い?安い?各国の価格事情の画像

抗がん剤は高い?安い?各国の価格事情

プレスリリース低所得国では価格が低いにもかかわらず、抗がん剤は入手困難である ASCOの見解「国によって薬価は大きく異なりますが、より重要なことは、価格が上昇すると患者に大きな負担をかけてしまうことです。全ての患者が手頃な価格で治
成人がんサバイバーの慢性疼痛管理に新ガイドラインの画像

成人がんサバイバーの慢性疼痛管理に新ガイドライン

プレスリリース 即時報道発表米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、本日、成人がんサバイバーの慢性疼痛管理に関する新しい診療ガイドラインを発行した。このガイドラインは、がん治療の後に経験する疼痛を包括的に扱っており、がんサバイバーの慢性疼
小細胞肺がんに対する新たな抗体薬物が初期研究で有望な結果(ASCO2016)の画像

小細胞肺がんに対する新たな抗体薬物が初期研究で有望な結果(ASCO2016)

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「これは、最近の流れである、抗がん剤をよりいっそう正確に必要な個所へ輸送するという高度な標的療法の新たな事例です」と、米国内科学会名誉上級会員(FACP)、米国臨
2回の幹細胞移植で高リスク小児神経芽腫の転帰が改善の画像

2回の幹細胞移植で高リスク小児神経芽腫の転帰が改善

プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「小児がん治療の進歩に関するストーリーにおいて、多くは強力な治療法を活用できるようになっています。これは、臨床研究に尽力することにより、人命を救う可能性のある結果をもたらすことができた一例です
経過観察にウェブアプリ利用で肺がんの生存期間が延長の画像

経過観察にウェブアプリ利用で肺がんの生存期間が延長

*この要約には抄録に記載がない更新情報も含まれるプレスリリースウェブを介した経過観察アプリケーション(商標名:Moovcare)が進行肺がん患者の生存期間を改善することが、フランスの多施設ランダム化第3相試験によって示された。研究者らは、患
高精度TAPUR試験にBayer社・Merck社が参加、規模拡大への画像

高精度TAPUR試験にBayer社・Merck社が参加、規模拡大へ

患者と医師に対し、適格基準の熟考および登録を奨励米国臨床腫瘍学会(ASCO)プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、Targeted Agent and Profiling Utilization Registry (TAPUR)
テモゾロミド+放射線療法が、高齢膠芽腫患者の生存期間延長の画像

テモゾロミド+放射線療法が、高齢膠芽腫患者の生存期間延長

プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「膠芽腫は高齢者で多く診断されており、今回の結果は、われわれの提供する最高の治療法が高齢患者に対し、効果的で忍容性を示す可能性があることを明らかにした重要なデータです」と、米国臨床腫瘍学会(A
術後カペシタビン+ゲムシタビン併用療法が膵臓がん患者の生存期間延長の画像

術後カペシタビン+ゲムシタビン併用療法が膵臓がん患者の生存期間延長

プレスリリース*この要約には抄録にない最新のデータが含まれています。 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「膵臓がんは依然として最も治療困難ながんの1つです。一般的な化学療法剤を追加することで、膵臓がん患者の生存期間を延長するだけで
直接的患者アプローチによる画期的乳がん研究プロジェクトの画像

直接的患者アプローチによる画期的乳がん研究プロジェクト

プレスリリース 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「今回の試験で、ほんの数カ月のうちに数千人もの患者をリクルートすることができたことは異例の成果であり、特定の治療に非常によく反応した患者の情報など、実臨床で観察された膨大なデータは
マイノリティのBRCA陽性乳がんサバイバーで予防的手術は少数の画像

マイノリティのBRCA陽性乳がんサバイバーで予防的手術は少数

プレスリリース乳がんおよび卵巣がんのリスクマネジメントにおける人種間での格差が判明米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「本研究は、乳がんおよび卵巣がんにおける人種間のさまざまな格差に、われわれが取り組む必要性を大いに喚起するものです。乳がんや
ダラツムマブ新レジメンが再発/難治性多発性骨髄腫の進行を遅らせるの画像

ダラツムマブ新レジメンが再発/難治性多発性骨髄腫の進行を遅らせる

プレスリリース 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「われわれは、多発性骨髄腫で多く認められる標的に基づいた治療を選択した場合に、患者に起こり得ることを目の当たりにしてきました。新規治療レジメンは、多くの患者でがんの増殖を急激に遅ら
アロマターゼ阻害剤10年投与でER陽性乳がん再発リスクが低下の画像

アロマターゼ阻害剤10年投与でER陽性乳がん再発リスクが低下

プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「世界中の何百万人ものエストロゲン受容体(ER)陽性女性乳がん患者にとって、今回のデータは重要です。一般に広く利用可能な治療法をより長く継続すると再発リスクが減少し、二次がんの発生を予防できる
リキッドバイオプシーは進行固形がんにて組織生検の代替となるかの画像

リキッドバイオプシーは進行固形がんにて組織生検の代替となるか

非侵襲的な血液検査が組織生検の代替となる可能性米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「遺伝子変異は患者ごとに異なるだけでなく経時的に変化する。その事実は、がん治療において常に、また特に高精度医療(Precision Medicine:プレシジョ
子宮頸がんの新ガイドライン発表ー世界各地の医療事情に即した実践的内容の画像

子宮頸がんの新ガイドライン発表ー世界各地の医療事情に即した実践的内容

プレスリリース 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、浸潤子宮頸がんに関するASCO初の臨床実践ガイドラインを発表した。この医療資源レベル別ガイドラインは、ASCOがこの種の指針としては初めて、利用可能な医療資源に応じた推奨治療を提
65歳未満の若い患者の多くに終末期でも積極的な治療が行われているの画像

65歳未満の若い患者の多くに終末期でも積極的な治療が行われている

プレスリリースASCO2012のChoosing Wisely(「賢い選択」キャンペーン)の「トップ5」推奨事項(日本語訳)の推奨にもとづく変化が臨床現場で見られず 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「終末期のケアは患者個々人の状
高精度医療(Precision Medicine)試験で患者の治療選択肢が広がるの画像

高精度医療(Precision Medicine)試験で患者の治療選択肢が広がる

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「本研究は、新たな治療法の特定に役立つ高精度医療(precision medicine:プレシジョン・メディシン)の驚異的な可能性を示していますが、臨床試験などの
PD-1阻害剤ペムブロリズマブが進行黒色腫患者の長期生存に有用性を示すの画像

PD-1阻害剤ペムブロリズマブが進行黒色腫患者の長期生存に有用性を示す

早期試験における36カ月時点の患者の全生存率データの初回報告   注釈:要約には抄録にはない最新のデータが含まれる   米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「PD-1を阻害する新規治療は多くの患者の生存期間を延長し、一部
テモゾロミド維持化学療法により退形成性神経膠腫の転帰が改善の画像

テモゾロミド維持化学療法により退形成性神経膠腫の転帰が改善

プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「医師として、私たちの目的はあらゆる治療を意味のあるものにすることです。その1つは患者に必要な治療だけを推奨すること、それ以上でもそれ以下でもありません。今回の試験では、長年結論が出ないままに
トラスツズマブとバイオシミラーの進行乳がんに対する有効性と安全性は同等の画像

トラスツズマブとバイオシミラーの進行乳がんに対する有効性と安全性は同等

プレスリリース 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「十年以上前、トラスツズマブは、がん治療を一変する革新的な分子標的薬時代を切り開く薬の一つとして登場し、HER2陽性乳がん女性の展望を変えました。今回の初期データでトラスツズマブの
術後の腹腔内化学療法の追加が、卵巣がんの進行を遅らせる可能性の画像

術後の腹腔内化学療法の追加が、卵巣がんの進行を遅らせる可能性

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「腹腔内(IP)化学療法は、新たに卵巣がんと診断され、手術で切除が成功した女性に対して効果的な治療ですが、十分には利用されていません。今回の研究データは、手術前に静脈内投与による化学療法を受けた女性の術後
ボルテミゾブベース化学療法+幹細胞移植が多発性骨髄腫の無増悪生存を延長の画像

ボルテミゾブベース化学療法+幹細胞移植が多発性骨髄腫の無増悪生存を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「新規薬剤が使われる時代になっても、実績のある治療法がその価値を保っています。新規薬剤による治療後に幹細胞移植を実施するという、新旧それぞれの最良の方法を組み合わせることで患者に最善の治療効果がもたらされ
大腸左側原発の転移性大腸がんは、右側と比べ生存期間が長いの画像

大腸左側原発の転移性大腸がんは、右側と比べ生存期間が長い

結腸の左側に発生するがんは、右側に比べ長期生存につながる米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「本研究は大腸がんの腫瘍位置に関するこれまでで最大規模の研究で、この予想外の因子によって、なぜ特定の患者は他の患者より良い結果を示すのかといういくつか
第1相臨床試験における高精度医療の活用が患者の転帰を改善の画像

第1相臨床試験における高精度医療の活用が患者の転帰を改善

ASCOの見解 「高精度医療(Precision Medicine:プレシジョン・メディシン)は、未来のがん治療の話ではなく、現在のものです。本試験は、患者と腫瘍にあわせて治療を個別化していくほど、臨床試験の早期段階の治療法であってもより良