米国臨床腫瘍学会(ASCO)

簡単な介入でマンモグラフィー検診の期日を過ぎた女性の受診率が向上の画像

簡単な介入でマンモグラフィー検診の期日を過ぎた女性の受診率が向上

<乳癌の予防、検診、治療における発展ー2014年乳癌シンポジウム主要研究ハイライト> (折畳記事) *この要約には抄録にはない最新データが記載されています 専門家の見解: 「乳癌の検診による検出率を向上させる方法として、画像診断の技術の発達
女優アンジェリーナ・ジョリーの告白によってカナダのがんセンターでのBRCA遺伝子検査の受診率が倍増かの画像

女優アンジェリーナ・ジョリーの告白によってカナダのがんセンターでのBRCA遺伝子検査の受診率が倍増か

<乳癌の予防、検診、治療における発展ー2014年乳癌シンポジウム主要研究ハイライト> (折畳記事) *この要約には抄録にはない最新データが記載されています 専門医の見解: 「有名人を襲う健康問題には、特別な関心が寄せられます。アンジェリーナ
術前化学療法への反応性と腫瘍タイプは乳癌における局所再発の強い予測因子の画像

術前化学療法への反応性と腫瘍タイプは乳癌における局所再発の強い予測因子

<乳癌の予防、検診、治療における発展ー2014年乳癌シンポジウム主要研究ハイライト> (折畳記事) *この要約には抄録にはない最新データが記載されています 専門家の見解: 「腫瘍径は大きいが転移をしていない乳癌の女性に対して、しばしば術前化
予防的対側乳房切除術の考慮に影響を与えている要因が調査により明らかにの画像

予防的対側乳房切除術の考慮に影響を与えている要因が調査により明らかに

乳癌の予防、検診、治療における発展ー2014年乳癌シンポジウム主要研究ハイライト (折畳記事) *この要約には抄録にない最新データが記載されています 専門家の見解: 「生存率は同等であるにもかかわらず、乳房温存手術+放射線治療よりも両胸の乳
乳癌の予防、検診、治療における発展ー2014年乳癌シンポジウム主要研究ハイライトの画像

乳癌の予防、検診、治療における発展ー2014年乳癌シンポジウム主要研究ハイライト

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース   本日行われた制限付きの記者向け報道会見において、2014年乳癌シンポジウムからの5つの研究に焦点が当てられた。会見では、予防的乳房切除、推奨されたマンモグラフィ検診に対する患者の遵
乳癌の手術および再建術による合併症は稀であるが、両側乳房切除術は片側乳房切除術よりも特定の合併症リスクが高いの画像

乳癌の手術および再建術による合併症は稀であるが、両側乳房切除術は片側乳房切除術よりも特定の合併症リスクが高い

<乳癌の予防、検診、治療における発展ー2014年乳癌シンポジウム主要研究ハイライト> (折畳記事) *この要約には抄録にはない最新データが記載されています   専門医の見解: 「遺伝子検査の時代では遺伝性の乳癌が意識されるようにな
HER2陰性進行乳癌治療に関する新ガイドラインの画像

HER2陰性進行乳癌治療に関する新ガイドライン

米国臨床腫瘍学会(ASCO)はHER2陰性進行乳癌女性患者に対する化学療法および分子標的治療に関する新規診療ガイドラインを発表した。このガイドラインでは、さまざまな治療法の有効性と副作用に関し、科学的に実証された根拠に基づく詳細な情報が提供
終末期のスタチン投与中止は安全であり、患者のQOLを改善するの画像

終末期のスタチン投与中止は安全であり、患者のQOLを改善する

 患者、がんサバイバー、介護者のQOLを改善する新たな戦略が研究で明らかに(ASCO2014)(折畳記事) 余命1年以下の患者の場合、スタチン投与を中止することは安全であることが、連邦政府の資金提供を受け実施されたランダム化試験で明らかにな
イブルチニブは難治性、再発性慢性リンパ性白血病(CLL)患者の疾患の進行を有意に遅らせ、生存期間を延長するの画像

イブルチニブは難治性、再発性慢性リンパ性白血病(CLL)患者の疾患の進行を有意に遅らせ、生存期間を延長する

 <治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬(ASCO2014)> 折畳記事   *概要には抄録にない最新のデータが含まれます。   第3相RESONATE試験の初期の結果によると、イブルチニブは、慢性リンパ性
電話による早期の緩和ケアサポートで介護者の生活の質が改善/米国臨床腫瘍学会(ASCO)の画像

電話による早期の緩和ケアサポートで介護者の生活の質が改善/米国臨床腫瘍学会(ASCO)

 患者、がんサバイバー、介護者のQOLを改善する新たな戦略が研究で明らかに(ASCO2014)(折畳記事)   ENABLE IIIと呼ばれる新たな試験の結果から、緩和ケア電話サポート特定プログラム(specific pallia
低リスクのHPV陽性頭頸部癌患者を対象とした低線量放射線療法は安全であるの画像

低リスクのHPV陽性頭頸部癌患者を対象とした低線量放射線療法は安全である

<患者、がんサバイバー、介護者のQOLを改善する新たな戦略が研究で明らかに(ASCO2014)> (折畳記事) *この要約には演題抄録に含まれない更新情報が含まれています。   ヒトパピローマウィルス(HPV)陽性中咽頭癌を有する特定の患者
患者、がんサバイバー、介護者のQOLを改善する新たな戦略が研究で明らかにの画像

患者、がんサバイバー、介護者のQOLを改善する新たな戦略が研究で明らかに

「少ない方が効果的」という治療戦略、早期緩和ケアの有用性、および女性乳癌患者の妊よう性を温存する新しい治療法のエビデンスが新たな研究で示される   第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で本日、癌治療の短期的・長期的影響を緩
新規分子標的薬レンバチニブは、放射性ヨウ素抵抗性の進行分化型甲状腺癌患者において高い奏効率をもたらし、癌の進行を遅らせるの画像

新規分子標的薬レンバチニブは、放射性ヨウ素抵抗性の進行分化型甲状腺癌患者において高い奏効率をもたらし、癌の進行を遅らせる

 <治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬(ASCO2014)> 折畳記事   レンバチニブは、標準的放射性ヨウ素(radioiodine;RAI)内用療法に抵抗性の分化型甲状腺癌に非常に有効であることがSELECT第
ラムシルマブと標準治療薬ドセタキセルを併用した二次治療で進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者の生存期間が延長の画像

ラムシルマブと標準治療薬ドセタキセルを併用した二次治療で進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者の生存期間が延長

 <治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬(ASCO2014)> 折畳記事   ステージ4の非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象とした第3相試験であるREVEL試験の結果、新たな血管新生阻害薬であるラムシルマブ[ram
LHRHアナログ剤ゴセレリンは化学療法を受けるホルモン受容体陰性乳癌の女性患者の妊よう性温存に有用の画像

LHRHアナログ剤ゴセレリンは化学療法を受けるホルモン受容体陰性乳癌の女性患者の妊よう性温存に有用

  患者、がんサバイバー、介護者のQOLを改善する新たな戦略が研究で明らかに(ASCO2014)(折畳記事)   ゴセレリンと呼ばれるホルモン抑制剤を標準化学療法に追加するとホルモン受容体陰性早期乳癌の女性患者の妊よう性温存に効果的である可
乳癌骨転移患者に対する低頻度(3カ月に1回)のゾレドロン酸投与は、標準的な月1回投与と比較して安全であり同等の有効性が得られるの画像

乳癌骨転移患者に対する低頻度(3カ月に1回)のゾレドロン酸投与は、標準的な月1回投与と比較して安全であり同等の有効性が得られる

  患者、がんサバイバー、介護者のQOLを改善する新たな戦略が研究で明らかに(ASCO2014)(折畳記事)   OPTIMIZE-2試験(ランダム化第3相試験)の新たな結果から、乳癌骨転移患者はゾレドロン酸による月1回の治療を1年継続した
転移性大腸癌の一次治療に化学療法+ベバシズマブと化学療法+セツキシマブは同等の生存利益をもたらすの画像

転移性大腸癌の一次治療に化学療法+ベバシズマブと化学療法+セツキシマブは同等の生存利益をもたらす

 ASCO年次大会で注目された乳癌、前立腺癌、大腸癌の治療に関する重要な進展(ASCO2014プレナリーセッション) (折畳記事)   4タイプの代表的な一次治療レジメン(ベバシズマブ+FOLFOX、ベバシズマブ+FOLFIRI、
初期ホルモン療法にドセタキセルを併用することで、転移性のホルモン感受性前立腺癌患者の生存が大幅に改善の画像

初期ホルモン療法にドセタキセルを併用することで、転移性のホルモン感受性前立腺癌患者の生存が大幅に改善

 ASCO年次大会で注目された乳癌、前立腺癌、大腸癌の治療に関する重要な進展(ASCO2014プレナリーセッション) (折畳記事)   *この要約には演題抄録に含まれない更新情報が含まれています。   連邦政府資金による
ホルモン感受性早期乳癌の若齢女性に対する術後補助療法にエキセメスタンと卵巣機能抑制の併用はタモキシフェンよりも効果的の画像

ホルモン感受性早期乳癌の若齢女性に対する術後補助療法にエキセメスタンと卵巣機能抑制の併用はタモキシフェンよりも効果的

 <ASCO年次大会で注目された乳癌、前立腺癌、大腸癌の治療に関する重要な進展(ASCO2014プレナリーセッション)>(折畳記事)   2つの第3相試験(TEXT試験とSOFT試験)を併合解析したランドマーク試験(大規模臨床試験)において
◆ASCO年次大会で注目された乳癌、前立腺癌、大腸癌の治療に関する重要な進展の画像

◆ASCO年次大会で注目された乳癌、前立腺癌、大腸癌の治療に関する重要な進展

大規模第3相臨床試験により新たな標準ケアが確立、また、一般的な分子標的薬を用いた治療選択肢の有効性を確認(プレナリーセッション)   本日、第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次大会で乳癌、前立腺癌及び大腸癌に関する4つの第3相臨床試験
◆治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬の画像

◆治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬

米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会では、卵巣癌、肺癌、甲状腺癌および白血病における主要な進歩に注目   第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で、進行性の卵巣癌、肺癌、甲状腺癌、および慢性リンパ球性白血病に対する4つの試験
新規分子標的薬セディラニブ+オラパリブの併用療法は再発性卵巣癌患者の無増悪生存期間を有意に延長させるの画像

新規分子標的薬セディラニブ+オラパリブの併用療法は再発性卵巣癌患者の無増悪生存期間を有意に延長させる

 <治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬(ASCO2014)> 折畳記事   *この要約には演題抄録に含まれない更新情報が含まれています。   2種類の研究中の経口薬であるPARP阻害剤オラパリブと血管新生
HER2陽性の早期乳癌患者に対し、トラスツズマブ補助療法にラパチニブを追加しても転帰は改善せずの画像

HER2陽性の早期乳癌患者に対し、トラスツズマブ補助療法にラパチニブを追加しても転帰は改善せず

大規模な第III相臨床試験ALTTO(Adjuvant Lapatinib and/or Trastuzumab Treatment Optimisation)の結果、HER2を標的とした2種の薬剤であるトラスツズマブとラパチニブを併用する
非転移性ホルモン受容体陽性乳癌患者に対して最長10年のタモキシフェン投与を推奨(ASCOガイドライン改訂)の画像

非転移性ホルモン受容体陽性乳癌患者に対して最長10年のタモキシフェン投与を推奨(ASCOガイドライン改訂)

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は5月27日、ステージIからIIIまでのホルモン受容体陽性乳癌患者に対する補助内分泌療法の診療ガイドライン改訂を発表した。   今回の改訂は、2010年のASCOガイドライン改訂以降にレビューを実施した