米国臨床腫瘍学会(ASCO)

術後の腹腔内化学療法の追加が、卵巣がんの進行を遅らせる可能性の画像

術後の腹腔内化学療法の追加が、卵巣がんの進行を遅らせる可能性

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「腹腔内(IP)化学療法は、新たに卵巣がんと診断され、手術で切除が成功した女性に対して効果的な治療ですが、十分には利用されていません。今回の研究データは、手術前に静脈内投与による化学療法を受けた女性の術後
ボルテミゾブベース化学療法+幹細胞移植が多発性骨髄腫の無増悪生存を延長の画像

ボルテミゾブベース化学療法+幹細胞移植が多発性骨髄腫の無増悪生存を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「新規薬剤が使われる時代になっても、実績のある治療法がその価値を保っています。新規薬剤による治療後に幹細胞移植を実施するという、新旧それぞれの最良の方法を組み合わせることで患者に最善の治療効果がもたらされ
大腸左側原発の転移性大腸がんは、右側と比べ生存期間が長いの画像

大腸左側原発の転移性大腸がんは、右側と比べ生存期間が長い

結腸の左側に発生するがんは、右側に比べ長期生存につながる米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「本研究は大腸がんの腫瘍位置に関するこれまでで最大規模の研究で、この予想外の因子によって、なぜ特定の患者は他の患者より良い結果を示すのかといういくつか
第1相臨床試験における高精度医療の活用が患者の転帰を改善の画像

第1相臨床試験における高精度医療の活用が患者の転帰を改善

ASCOの見解 「高精度医療(Precision Medicine:プレシジョン・メディシン)は、未来のがん治療の話ではなく、現在のものです。本試験は、患者と腫瘍にあわせて治療を個別化していくほど、臨床試験の早期段階の治療法であってもより良
早期の緩和ケア導入が、がん患者家族のQOL向上にも効果の画像

早期の緩和ケア導入が、がん患者家族のQOL向上にも効果

ASCOの見解 「介護者によるサポートはがん患者にとって非常に重要ですが、介護者に大きな犠牲を強いることもあります。今回の研究で、早期緩和ケアは患者のために考えられたものであるけれども、介護者の負担軽減にも役立つことがわかりました」と AS
ASCO2016ハイライト演題―がん研究、および患者ケアの進歩に焦点の画像

ASCO2016ハイライト演題―がん研究、および患者ケアの進歩に焦点

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、本日、2016年ASCO年次総会の公式報道向けプログラムを発表した。注目演題では、従来の治療をさらに患者に有益にする新規アプローチに加え、高精度医療(precision medicine:プレシジョン・メディ
【リサーチアドボケート】患者・家族への論文無償提供の画像

【リサーチアドボケート】患者・家族への論文無償提供

*Cancer.Netとは、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の患者向けサイトでConquer Cancer Foundationが提供しています。 (*サイト注:すでに終了しています) 【リサーチアドボケート】(患者が研究を支援する) ペイシェ
がん研究における患者アドボケートの役割の画像

がん研究における患者アドボケートの役割

*Cancer.Netとは、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の患者向けサイトです。 Research Advocacy > Introduction to Cancer Research 【リサーチアドボケート】(患者が研究を支援する)
医薬品の承認と適応の画像

医薬品の承認と適応

*Cancer.Netとは、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の患者向けサイトです。 Research Advocacy > Introduction to Cancer Research 【リサーチアドボケート】(患者が研究を支援する)
早期浸潤性乳がんの治療決定のためのバイオマーカー使用に関する新ガイドラインの画像

早期浸潤性乳がんの治療決定のためのバイオマーカー使用に関する新ガイドライン

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、早期浸潤性乳がんで、ホルモン受容体およびヒト上皮成長因子2(HER2)受容体の状態がわかっている女性に対する新たな診療ガイドラインを公表した。本ガイドラインには、術後補助全身療法を決定する際の指針となる乳
局所進行直腸がんに対する術前の短期間放射線照射+化学療法は、標準化学放射線療法と同等の効果で毒性が低いの画像

局所進行直腸がんに対する術前の短期間放射線照射+化学療法は、標準化学放射線療法と同等の効果で毒性が低い

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解   「われわれは手術に先立ち、有効性を最大限に高め副作用が最小限に抑えられるように、患者に行う治療法をきめ細かく調整している。本研究はこれまでより短期間の放射線照射後に化学療法を行うことで腫瘍の縮小が可能
177Lutetium-DOTATATEを用いた放射性核種標識ペプチド療法は、中腸神経内分泌腫瘍の増殖を抑制の画像

177Lutetium-DOTATATEを用いた放射性核種標識ペプチド療法は、中腸神経内分泌腫瘍の増殖を抑制

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「新規療法は腫瘍の増殖に対して有意な抑制効果を示し、特に治療の選択肢が限られている患者に効果が認められることは大きな喜びです」と、本日の報道発表の議長でありASCO専門委員のSmitha Krishnam
乳がん治療後ケアに関する新たな合同ガイドラインの画像

乳がん治療後ケアに関する新たな合同ガイドライン

米国臨床腫瘍学会(ASCO)およびアメリカがん協会(ACS)は本日、乳がんサバイバーである成人女性患者の治療における合同臨床診療ガイドラインを公表した。本ガイドラインは、乳がん再発の経過観察、新たな原発がんのスクリーニング、長期および晩発障
妊娠はホジキンリンパ腫の再発リスクを高めないの画像

妊娠はホジキンリンパ腫の再発リスクを高めない

ASCOの見解 ASCOのリンパ腫専門家Merry-Jennifer Markham医師 「これはホジキンリンパ腫から寛解状態に入り、妊娠を望んでいる女性にとって喜ばしく、励みになる知らせです。本研究はまた、がん寛解後の妊孕性が依然として多
放射線腫瘍医と緩和ケア専門医が共同する革新的な取り組みによって、進行がんの患者の緩和ケアが向上の画像

放射線腫瘍医と緩和ケア専門医が共同する革新的な取り組みによって、進行がんの患者の緩和ケアが向上

この要約には抄録にない最新のデータが含まれています。   ASCOの見解 「この研究は治療の全期間における緩和ケアの重要性を強調しています」と米国臨床腫瘍学会(ASCO)の専門医で、本日のpresscast(インターネット生放送に
腫瘍内科の診療に一次緩和ケアの提供を推奨の画像

腫瘍内科の診療に一次緩和ケアの提供を推奨

ASCOの見解 「職能団体間の協力は、すべての患者にとって利用しやすく質の高い緩和ケアへの重要な一歩となります」と米国臨床腫瘍学会(ASCO)の専門医で、本日のpresscast(インターネットでのライブ配信による記者会見)の司会でもあるD
終末期患者を見極める方法に関する新たな根拠の画像

終末期患者を見極める方法に関する新たな根拠

この要約には抄録にない最新のデータが記載されています。   ASCOの見解 「どの患者に対し、終末期に関する選択について話し合いを始めればいのかを見極めることは、臨床医にとって難題といえるかもしれません。今回の研究では、ある1つの
乳がん研究における注目すべき進歩が明らかにの画像

乳がん研究における注目すべき進歩が明らかに

2015年乳がんシンポジウムで発表される2つの注目すべき研究の概要が閲覧可能となる。   今回のシンポジウムは、2007年から毎年開催された乳がんシンポジウムの最終年となる。本シンポジウムは乳がん治療に対する集学的アプローチに焦点
がんの易罹患性に関する遺伝学的検査についての提言の更新版を発表の画像

がんの易罹患性に関する遺伝学的検査についての提言の更新版を発表

新しい遺伝学的技術の最適利用のためには研究の拡充、医療従事者の教育、品質保証が必要   米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、がんの易罹患性に関する遺伝学的検査についてまとめた提言の更新版を発表した。Journal of Clini
進行非小細胞肺がん治療に関するASCOガイドラインの改訂の画像

進行非小細胞肺がん治療に関するASCOガイドラインの改訂

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、ステージIV非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対する全身療法に関する診療ガイドラインの改訂版を発行した。ガイドラインでは、一次治療、二次治療、三次治療における化学療法および標的療法の使用に関する、エビデン
がん研究を拡大し高齢者を対象に含めるよう要請の画像

がん研究を拡大し高齢者を対象に含めるよう要請

臨床試験の適格基準が過度に厳格であるために、高齢のがん患者の治療を裏づけるエビデンスが不足していることを指摘 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、連邦政府関連機関およびがん研究コミュニティに対し、臨床試験の対象を広げてより高齢の患者を含める
白血球増殖因子使用に関するASCOガイドライン改訂の画像

白血球増殖因子使用に関するASCOガイドライン改訂

本日、米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、白血球増殖因子(CSF、造血コロニー刺激因子としても知られる)の使用に関する診療ガイドライン2006年度版の改訂を発行した。CSF製剤は、化学療法の一部に伴って生じる白血球数減少および発熱(発熱性好中球
子宮体がん手術後の放射線治療に関するガイドラインを承認の画像

子宮体がん手術後の放射線治療に関するガイドラインを承認

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、米国放射線腫瘍学会(ASTRO)の子宮体がん手術後の放射線治療に関する診療ガイドラインを承認したことを発表した。   ASTROとASCOが合意した治療方法は、現時点でもっとも有効なエビデンスに
柑橘類とメラノーマのリスク増加との関連性の画像

柑橘類とメラノーマのリスク増加との関連性

ASCOの見解 ASCO専門家Gary Schwartz医師 「本試験によって、食物とがんのリスクに関する議論が深まります。試験結果は興味深いですが、グレープフルーツやオレンジの摂取を大幅に見直すよう推奨するには早すぎます。決定的なデータが