発信元

FDAが進行性メラノーマの治療にペムブロリズマブを承認の画像

FDAが進行性メラノーマの治療にペムブロリズマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース 速報 最初のPD-1阻害薬がFDAにより承認 米国食品医薬品局(FDA)は本日、進行性または切除不能なメラノーマ患者で、もはや他の薬剤では奏効がみられない患者を対象とする治療薬としてペムブロリズマブ[pe
アファチニブ+セツキシマブ併用はEGFR阻害薬に耐性がある肺癌患者に有益の画像

アファチニブ+セツキシマブ併用はEGFR阻害薬に耐性がある肺癌患者に有益

第1b相臨床試験データによれば、EGFR阻害薬エルロチニブ(タルセバ)およびゲフィチニブ(イレッサ)に反応しなくなった、EGFR遺伝子変異を有する肺癌患者に対し、EGFRを標的とする抗腫瘍治療薬アファチニブ(ジオトリフ)とセツキシマブ(アー
OncoLog 2014年8月号◆乳癌骨転移に対する根治的局所療法の臨床試験の画像

OncoLog 2014年8月号◆乳癌骨転移に対する根治的局所療法の臨床試験

MDアンダーソン OncoLog 2014年8月号(Volume 59 / Number 8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2014年8月号◆ In Brief「乳癌診断に針生検が十分活用されていない」の画像

OncoLog 2014年8月号◆ In Brief「乳癌診断に針生検が十分活用されていない」

MDアンダーソン OncoLog 2014年8月号(Volume 59 / Number 8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2014年8月号◆ House Call「癌治療後のストレスの管理」の画像

OncoLog 2014年8月号◆ House Call「癌治療後のストレスの管理」

MDアンダーソン OncoLog 2014年8月号(Volume 59 / Number 8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
ALCHEMIST開始:初期肺癌患者を対象とした3試験統合『個別化医療』試験の画像

ALCHEMIST開始:初期肺癌患者を対象とした3試験統合『個別化医療』試験

米国国立がん研究所(NCI)/米国国立衛生研究所(NIH)プレスリリース原文掲載日:2014年8月18日 初期肺癌患者の遺伝子変異を特定し、その変異に対する分子標的薬治療を実施することによって患者の生存が改善するか評価することを目的として、
塩の注入は癌の治療法ではないの画像

塩の注入は癌の治療法ではない

英国医療サービス(NHS)      2014年8月13日水曜日                                                                                       
非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が肥満女性の乳癌再発率を低下させる可能性の画像

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が肥満女性の乳癌再発率を低下させる可能性

アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を日頃から服用している過体重および肥満の女性では、ホルモン応答性乳癌の再発が半分に減少したという結果が、米国癌学会(AACR)のCancer Research誌に掲載された。  
稀な腎臓癌における癌細胞の代謝変化の役割に新知見の画像

稀な腎臓癌における癌細胞の代謝変化の役割に新知見

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年8月21日 癌ゲノムアトラス研究(TCGA)ネットワークの研究者らは、稀な腎細胞癌の生物学と発生に関する新たな知見を多数得た。 研究者らは、嫌色素性腎細胞癌(ChRC
閉経後乳癌リスクは定期的な運動開始後に短期間で低下するの画像

閉経後乳癌リスクは定期的な運動開始後に短期間で低下する

定期的な運動を止めると有益性はすぐに失われる 週4時間以上のウォーキングかそれと同等の定期的な運動を過去4年間に行ってきた閉経後女性は、4年間にそれより少ない運動を行った女性に比べて、浸潤性乳癌に罹るリスクが低くなるというデータが、米国癌学
FDAが高悪性度および進行期子宮頸癌患者の治療にベバシズマブを承認の画像

FDAが高悪性度および進行期子宮頸癌患者の治療にベバシズマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報本日、米国食品医薬品局(FDA)は、難治性、再発性、進行期(転移性)子宮頸癌患者の治療に対し、新たにベバシズマブ(アバスチン)の使用を承認した。 子宮頸癌は、子宮頸部として知られる子宮下部の組
米国におけるC型肝炎は今後22年で大幅に減少の画像

米国におけるC型肝炎は今後22年で大幅に減少

米国におけるC型肝炎は、今後22年で大幅に減少 C型肝炎根絶に向けた好ましい傾向がコンピューター・シミュレーションで予測MDアンダーソンがんセンターニュースリリーステキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターとピッツバーグ公衆衛生大学院が主
乳癌の放射線療法に対する耐性をタンパク質ZEB1が促進の画像

乳癌の放射線療法に対する耐性をタンパク質ZEB1が促進

乳癌の放射線療法に対する耐性をタンパク質ZEB1が促進MDアンダーソンがんセンターニュースリリースツイスト(ねじれ)、カタツムリ、ナメクジ、とあたかも童謡に出てくる言葉のようだが、これはさまざまなタイプの組織を形成する能力を持つ、幹細胞様の
運動と魚を多く含む食事が大腸癌の再発予防に有効な可能性の画像

運動と魚を多く含む食事が大腸癌の再発予防に有効な可能性

キャンサーコンサルタンツ定期的な運動と魚を含む食事が大腸癌患者の癌再発予防率の向上に有効である可能性が、新しい研究で示された[1]。 魚の摂取頻度が週2回未満あるいは適度の運動時間が週60分未満である大腸癌患者では、大腸癌の再発リ
アスピリンによる有意な発癌率低下を示唆する研究報告の画像

アスピリンによる有意な発癌率低下を示唆する研究報告

キャンサーコンサルタンツ毎日アスピリンを低用量服用することで、数種類の癌の発生または死亡リスクが有意に低下することが、このほど複数の研究を検討して確認された[1]。 アスピリンが大腸癌および他の消化器癌のリスクを低下させることを示
新たな経口薬アスナプレビルとダクラタスビルの併用によりC型肝炎を治癒できる可能性の画像

新たな経口薬アスナプレビルとダクラタスビルの併用によりC型肝炎を治癒できる可能性

キャンサーコンサルタンツ2つの新たな臨床試験結果によれば、経口抗ウイルス薬2剤のみによる新しいレジメンは、ほとんどのC型肝炎ウイルス患者にとって副作用が少なく、短期間でより効果的な治療の選択肢となる。この試験結果がこのほどLancet誌で発
アファチニブ+セツキシマブ併用はEGFR阻害薬に耐性がある非小細胞肺癌患者に有益の画像

アファチニブ+セツキシマブ併用はEGFR阻害薬に耐性がある非小細胞肺癌患者に有益

キャンサーコンサルタンツ研究者らはこのほど、上皮増殖因子受容体(EGFR)標的薬のアファチニブ(ジオトリフ)とセツキシマブ(アービタックス)の併用は、EGFR阻害薬エルロチニブ(タルセバ)とゲフィチニブ(イレッサ)に反応しなくなっていたEG
Pembrolizumabは非小細胞肺癌の治療に有望の画像

Pembrolizumabは非小細胞肺癌の治療に有望

キャンサーコンサルタンツ現在実施中の第Ib相試験の結果から、抗PD-1抗体pembrolizumabによる研究的治療は、治療歴のないステージIV非小細胞肺癌(NSCLC)に対して高い奏効率を示し、癌の進行を遅らせることがわかった。これらの結
カーフィルゾミブは多発性骨髄腫の無増悪生存期間を延長の画像

カーフィルゾミブは多発性骨髄腫の無増悪生存期間を延長

キャンサーコンサルタンツ第3相臨床試験ASPIREの計画的中間解析の結果、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)は基準を満たすことがわかったと、Amgen社から発表があった。レナリドミド(レブラミド)および低用量デキサメタゾンに加えてカ
OncoLog 2014年7月号◆分子標的薬の副作用は作用機序によって異なるの画像

OncoLog 2014年7月号◆分子標的薬の副作用は作用機序によって異なる

MDアンダーソン OncoLog 2014年7月号(Volume 59 / Number 7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
FDAが17p欠失の慢性リンパ性白血病(CLL)の治療にイブルチニブの適応拡大を承認の画像

FDAが17p欠失の慢性リンパ性白血病(CLL)の治療にイブルチニブの適応拡大を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報新たな臨床データがCLLを適応症とする同薬剤の正式承認を支持米国食品医薬品局(FDA)は本日、慢性リンパ性白血病(CLL)に対する標準治療の奏効が不良であるとされている17番染色体欠失(17p欠失)のあ
レナリドミド+ボルテゾミブ+デキサメタゾン併用療法後のレナリドミド維持療法が症候性多発性骨髄腫患者に有効の画像

レナリドミド+ボルテゾミブ+デキサメタゾン併用療法後のレナリドミド維持療法が症候性多発性骨髄腫患者に有効

キャンサーコンサルタンツ前治療歴のない移植可能な65歳以下の症候性多発性骨髄腫患者31人を対象として、レナリドミド(レブラミド)+ボルテゾミブ(ベルケイド)+デキサメタゾンの3剤(RVD)による導入療法および地固め療法後のレナリドミド維持療
OncoLog 2014年7月号◆RAS変異の有無で結腸直腸癌肝転移の術後転帰を予測できる可能性の画像

OncoLog 2014年7月号◆RAS変異の有無で結腸直腸癌肝転移の術後転帰を予測できる可能性

MDアンダーソン OncoLog 2014年7月号(Volume 59 / Number 7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2014年7月号◆子宮頸癌の検診方法としてHPV検査がパップテストに代わることはないの画像

OncoLog 2014年7月号◆子宮頸癌の検診方法としてHPV検査がパップテストに代わることはない

MDアンダーソン OncoLog 2014年7月号(Volume 59 / Number 7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL