発信元

女性の乳癌発症リスクを低下させる薬剤の画像

女性の乳癌発症リスクを低下させる薬剤

米国予防医学専門委員会(USPSTF)このページは、米国予防医学専門委員会(USPSTF)の女性における原発性乳癌のリスクを低下させる薬剤についての推奨グレードをまとめたものである。 現行の推奨グレードリリース日:2013年9月臨床医は乳癌
Palbociclibがホルモン受容体陽性の転移性乳癌に有望な結果の画像

Palbociclibがホルモン受容体陽性の転移性乳癌に有望な結果

サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4およびCDK6の阻害剤であるパルボシクリブ[palbociclib]をホルモン受容体陽性、転移性乳癌患者に一次治療として投与したところ、無増悪生存期間が有意に改善したという第2相試験PALOMA-1の結果
FDAが子宮頸癌の1次スクリーニング検査としてHPV検査を初承認/FDAニュースの画像

FDAが子宮頸癌の1次スクリーニング検査としてHPV検査を初承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2014年4月24日  Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが子宮頸癌の1次スクリーニング検査としてHPV検査を初承認米国食品医薬品局(FDA)は本日、25歳以
ベバシズマブと標準化学療法の併用によりプラチナ耐性、再発卵巣癌の無増悪生存期間が改善の画像

ベバシズマブと標準化学療法の併用によりプラチナ耐性、再発卵巣癌の無増悪生存期間が改善

キャンサーコンサルタンツ標準化学療法にベバシズマブ(アバスチン)を加えると、プラチナ耐性の再発卵巣癌の女性の無増悪生存期間と全奏効率が有意に改善されるという試験結果が、Journal of Clinical Oncology誌の電子版にいち
FDAが胃癌の治療にラムシルマブを承認/FDAニュースの画像

FDAが胃癌の治療にラムシルマブを承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2014年4月21日 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが胃癌の治療にラムシルマブを承認米国食品医薬品局(FDA)は2014年4月21日、進行した胃癌または食
OncoLog 2014年3月号◆腹腔鏡下肝切除術の使用が拡大の画像

OncoLog 2014年3月号◆腹腔鏡下肝切除術の使用が拡大

MDアンダーソン OncoLog 2014年3月号(Volume 59 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
シルツキシマブのFDA承認の画像

シルツキシマブのFDA承認

商標名:Sylvant™HIVおよびHHV8が陰性である多中心性キャッスルマン病患者の治療薬としてシルツキシマブを承認(2014/04/23)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間相互作用および禁忌等の全処方情報がFull prescribi
T-VECワクチンは進行メラノーマにおける遠隔部位の腫瘍縮小も促進の画像

T-VECワクチンは進行メラノーマにおける遠隔部位の腫瘍縮小も促進

キャンサーコンサルタンツ試験的癌ワクチンtalimogene laherparepvec(T-VEC)が、進行メラノーマ患者の腫瘍縮小を促進し、全身性免疫反応を誘発したという試験結果が、アリゾナ州フェニックスで開催された2014年米国外科腫
リンパ節転移が1個から3個の乳癌患者にも乳房切除後の放射線治療が有効の画像

リンパ節転移が1個から3個の乳癌患者にも乳房切除後の放射線治療が有効

キャンサーコンサルタンツリンパ節転移が数個の乳癌患者に対して、乳房切除後に放射線治療を実施すると、乳癌の再発率または死亡率が低下するという試験結果が、Lancet誌に掲載された。 乳房切除後の放射線治療は、リンパ節転移陽性患者にお
2014年米国癌学会(AACR)年次総会でNCIの研究に脚光の画像

2014年米国癌学会(AACR)年次総会でNCIの研究に脚光

米国国立がん研究所(NCI)パースペクティブ原文掲載日:2014年4月7日 サンディエゴで開催された今年の米国癌学会(AACR)年次総会で、米国国立癌研究所(NCI)の研究者であるSteven Rosenberg医師およびLoui
転移性乳癌に対する新たな抗癌剤(LY2835219)が第1相試験で有望な結果の画像

転移性乳癌に対する新たな抗癌剤(LY2835219)が第1相試験で有望な結果

新規抗癌剤であるサイクリン依存性キナーゼ(CDK)4および6の経口阻害剤LY2835219が転移性乳癌患者、特にホルモン受容体(HR)陽性患者に対する単剤療法として有望であるとの第1相試験の結果が4月5~9日に開催された2014年米国癌学会
OncoLog2014年3月号◆肺癌検診プログラム改良への努力の画像

OncoLog2014年3月号◆肺癌検診プログラム改良への努力

MDアンダーソン OncoLog 2014年3月号(Volume 59 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
トラスツズマブは局所進行性あるいは炎症性乳癌女性に有効の画像

トラスツズマブは局所進行性あるいは炎症性乳癌女性に有効

更新日:2014/4/7 原文掲載日:2010/3/15 Trastuzumab Benefits Women with Locally Advanced or Inflammatory Breast Cancer Lancet誌2010年
OncoLog 2014年3月号◆遠隔転移のある前立腺癌患者に対して原発腫瘍を治療する必要はあるのかの画像

OncoLog 2014年3月号◆遠隔転移のある前立腺癌患者に対して原発腫瘍を治療する必要はあるのか

MDアンダーソン OncoLog 2014年3月号(Volume 59 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
診断されたばかりの方に―男性の妊よう性温存の画像

診断されたばかりの方に―男性の妊よう性温存

LIVESTRONG > 支援を得る(We Can Help) > 診断されたばかりの方に(Just Diagnosed) LIVESTRONGは、ランス・アームストロング財団の公式サイトです。 翻訳更新:2014年4月20日
ALK陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)にセリチニブが高い効果の画像

ALK陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)にセリチニブが高い効果

キャンサーコンサルタンツ治験薬ceritinib[セリチニブ](LDK378)はALK陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に高い効果を示すという試験結果が、New England Journal of Medicine誌に発表された。&
NCI臨床試験プログラム改革の概要の画像

NCI臨床試験プログラム改革の概要

米国国立がん研究所(NCI)ニュース原文掲載日:2014年4月4日 臨床試験改革の必要性 臨床試験は、科学的発見を癌予防や治療に変化させる重要なステップである。米国国立癌研究所(NCI)は半世紀以上に渡って、国内や世界中
乳癌のホルモン療法の画像

乳癌のホルモン療法

NCIファクトシート 投稿日:02/02/2014 原文掲載日: 08/02/2012 キーポイントホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは一部の乳癌の増殖を刺激することがあります。ホルモン療法は、このような腫瘍の増殖を止めたり遅らせたりす
抗酸化物質と癌予防の画像

抗酸化物質と癌予防

NCIファクトシート  原文掲載日:2014年1月16日 抗酸化物質と癌予防キーポイント抗酸化物質とは、フリーラジカルとして知られる別の化学物質の働きを抑える化学物質です。フリーラジカルは反応性が高く、癌につながる恐れのある傷害な
ASCOは、癌の臨床試験における水準引き上げと患者にとってより有意義な成果の獲得を研究者および製薬産業に要請の画像

ASCOは、癌の臨床試験における水準引き上げと患者にとってより有意義な成果の獲得を研究者および製薬産業に要請

連絡先: Kirsten Goldberg (571) 483-1548 kirsten.goldberg@asco.org   本日、米国臨床腫瘍学会(ASCO)は癌研究者、臨床試験依頼者、および製薬会社に対し、癌患者の生存の有
早期乳癌患者に対するセンチネルリンパ節生検のガイドラインを改定―エビデンスが多くの患者に低侵襲診断を適応すべきことを支持の画像

早期乳癌患者に対するセンチネルリンパ節生検のガイドラインを改定―エビデンスが多くの患者に低侵襲診断を適応すべきことを支持

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、早期乳癌の患者に対するセンチネルリンパ節生検の適応に関して新たな推奨を公表した。このガイドライン「早期乳癌患者に対するセンチネルリンパ節生検(米国臨床腫瘍学会 診療ガイドライン改定版)」は、本日発行のJour
現在推奨されている乳房生検の診療方針に矛盾する新たなデータの画像

現在推奨されている乳房生検の診療方針に矛盾する新たなデータ

二種の乳房の組織病変を長期にわたり経過観察したところ、既存の理解に反して両種の病変は、共に乳癌に進展する可能性があるという研究結果が米国癌学会の機関誌であるCancer Prevention Research誌に掲載された。  
ニボルマブは進行メラノーマに持続的効果を示すの画像

ニボルマブは進行メラノーマに持続的効果を示す

キャンサーコンサルタンツ治験段階にある抗PD-1薬であるnivolumab(ニボルマブ)は、進行メラノーマ患者で持続的な効果を示すという試験結果がJournal of Clinical Oncology誌に掲載された。 毎年、皮膚
エキセメスタンとアナストロゾールで骨密度に有意差はないの画像

エキセメスタンとアナストロゾールで骨密度に有意差はない

キャンサーコンサルタンツ早期乳癌の補助療法としてエキセメスタン(アロマシン)またはアナストロゾール(アリミデックス)の治療を受けた女性では、骨塩量の低下に有意差がないとする試験結果がLancet Oncology誌に発表された。