発信元

アビラテロンは疼痛悪化までの期間を延長するの画像

アビラテロンは疼痛悪化までの期間を延長する

キャンサーコンサルタンツ化学療法による治療歴のない転移性去勢抵抗性前立腺癌患者の治療では、プレドニゾンにアビラテロン[abiraterone](Zytiga)を追加すると、プレドニゾン単独よりも、患者が報告する疼痛の悪化や健康関連QOLの低
進行した非小細胞肺癌の放射線治療には標準線量が高線量よりも効果的の画像

進行した非小細胞肺癌の放射線治療には標準線量が高線量よりも効果的

キャンサーコンサルタンツ第3相臨床試験ではステージ3の非小細胞肺癌(NSCLC)の治療に対して、放射線治療における標準線量が高線量よりも有効であった。この結果は、2013年米国臨床腫瘍学会(ASCO)の第49回年次総会で報告される予定である
OncoLog 2014年1月号◆癌患者の妊よう性の問題に取り組むの画像

OncoLog 2014年1月号◆癌患者の妊よう性の問題に取り組む

MDアンダーソン OncoLog 2014年1月号(Volume 59 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
イブルチニブのFDA承認の画像

イブルチニブのFDA承認

商標名:Imbruvica・前治療のある慢性リンパ性白血病のための承認(2014/02/12) ・既存治療後のマントル細胞リンパ腫の治療薬として承認(2013/11/13)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方
ICT-107ワクチンは多形性膠芽腫(GBM)患者の生存期間を延長しないの画像

ICT-107ワクチンは多形性膠芽腫(GBM)患者の生存期間を延長しない

キャンサーコンサルタンツ第1相臨床試験の有望な結果にもかかわらず、その後の第2相臨床試験で、ICT-107ワクチン治療は多形性膠芽腫(GBM)患者の有意な全生存期間の延長につながらなかった。 GBMは主に成人において発症する悪性度
子宮内膜癌に対する放射線治療により膀胱癌の発症リスクが上昇する可能性の画像

子宮内膜癌に対する放射線治療により膀胱癌の発症リスクが上昇する可能性

キャンサーコンサルタンツ子宮内膜癌(子宮体癌ともいう)の治療に放射線療法を用いることにより、後の人生で膀胱癌の発症リスクが上昇する可能性があることがBJU International誌に掲載された試験結果で示された。 子宮内膜癌は
癌ゲノムアトラス(TCGA)の膀胱がん研究により、可能性のある薬剤治療標的が明らかに―他のがんとの共通点もの画像

癌ゲノムアトラス(TCGA)の膀胱がん研究により、可能性のある薬剤治療標的が明らかに―他のがんとの共通点も

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年1月29日 癌ゲノムアトラス(TCGA:The Cancer Genome Atlas)研究ネットワークの研究者らは、主要タイプの膀胱癌について、癌で破壊される重要な
Pidilizumabとリツキシマブの併用が再発濾胞性リンパ腫患者で高い奏効率の画像

Pidilizumabとリツキシマブの併用が再発濾胞性リンパ腫患者で高い奏効率

キャンサーコンサルタンツLancet Oncology誌に掲載された試験結果によると、モノクローナル抗体pidilizumab+リツキシマブ(リツキサン)の併用療法が再発濾胞性リンパ腫患者で高い奏効率を示すことがわかった。 非ホジ
OncoLog 2014年1月号◆House Call「乳癌サバイバーのための減量のヒント」の画像

OncoLog 2014年1月号◆House Call「乳癌サバイバーのための減量のヒント」

MDアンダーソン OncoLog 2014年1月号(Volume 59 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog 2014年1月号◆医学の進歩が変える胆管癌治療の画像

OncoLog 2014年1月号◆医学の進歩が変える胆管癌治療

MDアンダーソン OncoLog 2014年1月号(Volume 59 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog2014年1月号◆In Brief「強度変調陽子線療法が口腔咽頭癌治療の副作用軽減を実現する可能性」の画像

OncoLog2014年1月号◆In Brief「強度変調陽子線療法が口腔咽頭癌治療の副作用軽減を実現する可能性」

MDアンダーソン OncoLog 2014年1月号(Volume 59 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
リンパ浮腫に対して弾性包帯はリンパマッサージと同等に有効の画像

リンパ浮腫に対して弾性包帯はリンパマッサージと同等に有効

キャンサーコンサルタンツJournal of Clinical Oncology誌に発表された研究結果によれば、リンパ浮腫の治療では、リンパマッサージの有効性は弾性包帯と同等であるという。 リンパ浮腫は、皮膚直下の組織にリンパ液が
低線量CTによる肺癌検診は過剰診断につながる可能性の画像

低線量CTによる肺癌検診は過剰診断につながる可能性

キャンサーコンサルタンツJAMA Internal Medicine誌に掲載された試験結果によると、低線量CT検査を用いた肺癌検診は過剰診断となる可能性がある。 米国では男女とも癌死亡の原因の第一位は肺癌である。肺癌は進行期で治療
口腔癌検診の推奨グレードの画像

口腔癌検診の推奨グレード

米国予防医学専門委員会(USPSTF)口腔癌検診このページは、米国予防医学専門委員会(U.S. Preventive Services Task Force、USPSTF)による口腔癌検査についての推奨グレードをまとめたものである。 現行の
女性におけるBRCA関連癌の遺伝子カウンセリングと遺伝子検査の推奨グレードの画像

女性におけるBRCA関連癌の遺伝子カウンセリングと遺伝子検査の推奨グレード

米国予防医学専門委員会(USPSTF)女性におけるBRCA関連癌の遺伝カウンセリング、遺伝子検査このページは、米国予防医学専門委員会(U.S. Preventive Services Task Force、USPSTF)によるBRCA関連癌
喫煙者に対する肺癌検診の推奨グレードの画像

喫煙者に対する肺癌検診の推奨グレード

米国予防医学専門委員会(USPSTF)肺癌検診 このページは、米国予防医学専門委員会(U.S. Preventive Services Task Force:USPSTF)による肺癌検診についての推奨グレードをまとめたものである。現行の推奨
癌診療改革および患者の転帰の向上に向けた学習医療システム、CancerLinQ™の開発にASCOが正式に着手の画像

癌診療改革および患者の転帰の向上に向けた学習医療システム、CancerLinQ™の開発にASCOが正式に着手

 連絡先: Aaron Tallent 571-483-1371 Aaron.Tallent@asco.org   米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、患者によりよい転帰をもたらす癌診療の高い品質と価値を実現するため、画期的な医療情報
アセトアミノフェンの含有量が325 mgを超える処方配合剤について: FDA声明―処方および調剤中止の推奨/FDA安全性情報の画像

アセトアミノフェンの含有量が325 mgを超える処方配合剤について: FDA声明―処方および調剤中止の推奨/FDA安全性情報

2014年1月14日消費者、歯科医、救急科専門医、内科医、 薬剤師、疼痛管理専門医、外科医向け原文問題点:米国食品医薬品局(FDA)は医療従事者に対し、アセトアミノフェンの含有量が325 mgを超える処方配合剤(錠剤、カプセル剤、または他の
ナブパクリタキセル+ゲムシタビンの併用により転移膵臓癌患者の生存率が改善の画像

ナブパクリタキセル+ゲムシタビンの併用により転移膵臓癌患者の生存率が改善

キャンサーコンサルタンツNew England Journal of Medicine誌に掲載された試験結果によると、ナブパクリタキセル(アブラキサン)+ゲムシタビン(ジェムザール)の併用療法は、未治療の転移膵臓癌患者の全生存期間および無増
FDAが進行性メラノーマの治療にトラメチニブ+ダブラフェニブの併用療法を承認/FDAニュースの画像

FDAが進行性メラノーマの治療にトラメチニブ+ダブラフェニブの併用療法を承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2014年1月10日 Media Inquiries: Tara Goodin, 240-402-3157 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA FDAが進行性メラノ
2013年ASCO Quality Care Symposium(診療の質シンポジウム)、診療の改善における進展に焦点の画像

2013年ASCO Quality Care Symposium(診療の質シンポジウム)、診療の改善における進展に焦点

連絡先: Aaron Tallent 571-483-1371 aaron.tallent@asco.org   本日、新たな研究が発表され、癌患者に対する診療を改善する複数の独創的な新戦略の有効性が明らかになった。そのアプローチ
ASCOおよびLIVESTRONG財団が癌治療における格差是正のための教育シリーズを共同開発の画像

ASCOおよびLIVESTRONG財団が癌治療における格差是正のための教育シリーズを共同開発

米国臨床腫瘍学会(ASCO)とLIVESTRONG財団は、質の高い癌治療の利用と提供を進めるという共通の方針に基づき、癌治療における格差是正のための教育的取り組みを開始した。ASCOとLIVESTRONG財団はこの重要な課題について、11の
遺伝子組換T細胞が血液腫瘍の治療に反応―2つの新たな臨床試験結果の画像

遺伝子組換T細胞が血液腫瘍の治療に反応―2つの新たな臨床試験結果

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート 原文掲載日:2013年12月9日 今月開催された米国血液学会(ASH)年次総会で、James Kochenderfer医師(NCI試験的移植・免疫部門 研究員)は血液腫瘍の治療における遺伝子組換T
米国臨床腫瘍学会(ASCO)によるChoosing Wiselyの新規リスト(データによる裏づけがなく日常診療で行われている5つの癌検査と診療)の画像

米国臨床腫瘍学会(ASCO)によるChoosing Wiselyの新規リスト(データによる裏づけがなく日常診療で行われている5つの癌検査と診療)

連絡先: Amanda Narod 571-483-1364 amanda.narod@asco.org   米国臨床腫瘍学会(ASCO)により新たに掲載されたリスト(データによる裏づけがなく日常的に行われている5つの癌検査と癌診