発信元

OncoLog2014年6月号◆House Call「癌患者の睡眠障害」の画像

OncoLog2014年6月号◆House Call「癌患者の睡眠障害」

MDアンダーソン OncoLog 2014年6月号(Volume 59 / Number 6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog2014年6月号◆In Brief「強度変調放射線療法(IMRT)により頭頸部癌患者の生存が改善」の画像

OncoLog2014年6月号◆In Brief「強度変調放射線療法(IMRT)により頭頸部癌患者の生存が改善」

MDアンダーソン OncoLog 2014年6月号(Volume 59 / Number 6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
癌ゲノムアトラス(TCGA)研究者が胃癌の4つのサブタイプを特定の画像

癌ゲノムアトラス(TCGA)研究者が胃癌の4つのサブタイプを特定

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年7月23日 胃癌は4つの異なる分子サブタイプに分類できることを、癌ゲノムアトラス(TCGA)ネットワークの研究者らがつきとめた。本研究は2014年7月23日付けのNa
OncoLog 2014年6月号◆進行性甲状腺癌患者の治療に有望な新薬の画像

OncoLog 2014年6月号◆進行性甲状腺癌患者の治療に有望な新薬

MDアンダーソン OncoLog 2014年6月号(Volume 59 / Number 6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
皮膚メラノーマに対するトラメチニブ+ダブラフェニブ併用療法試験は、療法切り替えを可能にするため早期終了の画像

皮膚メラノーマに対するトラメチニブ+ダブラフェニブ併用療法試験は、療法切り替えを可能にするため早期終了

キャンサーコンサルタンツ独立データモニタリング委員会はこのほど、転移性皮膚メラノーマ患者におけるtrametinib[トラメチニブ](米国商標名Mekinist)+dabrafenib[ダブラフェニブ](米国商標名Tafinlar)の併用療
FDAが慢性リンパ性白血病(CLL)、濾胞性B細胞性非ホジキンリンパ腫(FL)、小リンパ腫(SLL)の再発患者にイデラリシブを承認の画像

FDAが慢性リンパ性白血病(CLL)、濾胞性B細胞性非ホジキンリンパ腫(FL)、小リンパ腫(SLL)の再発患者にイデラリシブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は2014年7月23日、3種類の血液悪性腫瘍治療薬としてidelalisib[イデラリシブ](Zydelig)を承認した。 イデラリシブは、慢性リンパ性白血病(CLL
HPV検査陰性は子宮頸部細胞診陰性より鋭敏に子宮頸癌の低リスク女性を予測ー米国国立衛生研究所(NHI)の画像

HPV検査陰性は子宮頸部細胞診陰性より鋭敏に子宮頸癌の低リスク女性を予測ー米国国立衛生研究所(NHI)

米国国立がん研究所(NCI)米国国立衛生研究所(NHI)プレスリリース原文掲載日:2014年7月18日 NIH研究班は100万人以上の女性を対象とした研究に基づき、ヒトパピローマウイルス(HPV)検査での陰性結果は、パップテスト(
フォリン酸+フルオロウラシル併用へのオキサリプラチン追加によって進行性膵臓癌患者の生存期間が延長する可能性の画像

フォリン酸+フルオロウラシル併用へのオキサリプラチン追加によって進行性膵臓癌患者の生存期間が延長する可能性

キャンサーコンサルタンツ第3相試験にて、フォリン酸とフルオロウラシル(5-FU)を併用する化学療法に化学療法薬オキサリプラチン(エルプラット)を追加することによって、ゲムシタビン(ジェムザール)投与では回復がみられなかった進行性膵臓癌患者の
進行メラノーマに対するニボルマブ評価試験は優れた結果を得たため早期終了の画像

進行メラノーマに対するニボルマブ評価試験は優れた結果を得たため早期終了

キャンサーコンサルタンツ進行メラノーマに対して開発中の癌免疫療法薬ニボルマブの臨床試験が早期終了となったとの報告が、火曜日、Bristol-Myers Squibb社から発表された。ニボルマブが生存期間を延長すると判断されたためである。&n
エンザルタミドとアビラテロンの併用ホルモン療法は転移性前立腺癌におけるテストステロンを安全かつ有効に抑制の画像

エンザルタミドとアビラテロンの併用ホルモン療法は転移性前立腺癌におけるテストステロンを安全かつ有効に抑制

キャンサーコンサルタンツ2種類のホルモン抑制剤エンザルタミド(イクスタンジ)とアビラテロン(ザイティガ)の併用は安全であるとともに、初回のホルモン療法に抵抗性を示した転移性前立腺癌患者のテストステロン値を低下させるとの研究結果が、2014年
転移性大腸癌患者でベムラフェニブの新たな併用投与が有効の画像

転移性大腸癌患者でベムラフェニブの新たな併用投与が有効

転移性大腸癌患者でベムラフェニブの新たな併用投与が有効MDアンダーソンがんセンターニュースリリース ポスター番号:3516シカゴ — 奏効率が低いことで知られる進行性大腸癌患者で、vemurafenib(ベムラフェニブ)、セツキシマブおよび
乳房に塗布するタモキシフェンゲルは経口投与よりも副作用が少なく効果的の画像

乳房に塗布するタモキシフェンゲルは経口投与よりも副作用が少なく効果的

タモキシフェンの分解産物4-OHT(4-ヒドロキシタモキシフェン)のゲル製剤を非浸潤性乳管癌(DCIS)患者の乳房に塗布したところ、タモキシフェン経口投与と比較して、癌細胞増殖の阻害に同等の効果が得られ、副作用の発現率は低下したとの臨床試験
新たな抗癌剤TAS-102は進行性大腸癌患者の生存期間を延長するの画像

新たな抗癌剤TAS-102は進行性大腸癌患者の生存期間を延長する

キャンサーコンサルタンツ新たな配合剤TAS-102は、標準治療が奏効しない転移性大腸癌患者において、全生存期間を延長するという研究結果がこのほど報告された。この研究結果は先日、スペインのバルセロナで開催された欧州腫瘍学会(ESMO)第16回
イデラリシブのFDA承認の画像

イデラリシブのFDA承認

商標名:Zydelig[ザイデリグ]再発した慢性リンパ性白血病、濾胞性リンパ腫および小細胞性リンパ腫に対し承認臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing information
膵臓癌が2030年までに米国での癌関連死の第2位になると予測の画像

膵臓癌が2030年までに米国での癌関連死の第2位になると予測

米国では2030年までに、膵臓癌および肝臓癌が、依然として癌による死亡の第1位である肺癌に続き、それぞれ死亡原因の2位と3位になるとの分析結果が米国癌学会(AACR)誌に発表された。   カリフォルニア州マンハッタンビーチの膵臓癌
肺癌の最も多い組織型で新たに複数のゲノム変異が同定―癌ゲノムアトラス研究(TCGA)プロジェクトで発見された主要な発癌経路の変異は既存薬の治療標的となるかの画像

肺癌の最も多い組織型で新たに複数のゲノム変異が同定―癌ゲノムアトラス研究(TCGA)プロジェクトで発見された主要な発癌経路の変異は既存薬の治療標的となるか

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年7月9日 癌ゲノムアトラス(TCGA)研究ネットワークの研究者らは、肺癌で最も多い組織型である肺腺癌の発癌の原因としてよく知られている経路に、新しい変異を複数発見した。これらの
ナブパクリタキセルとゲムシタビンの併用で進行膵臓癌患者生存期間が継続的に改善の画像

ナブパクリタキセルとゲムシタビンの併用で進行膵臓癌患者生存期間が継続的に改善

キャンサーコンサルタンツ進行膵臓癌を対象にしたMPACT試験の解析更新治療歴のない転移性膵臓癌患者に対するナブパクリタキセル(アブラキサン)とゲムシタビン(ジェムザール)の併用療法を調査する転移性膵臓腺癌臨床試験(MPACT試験)の追跡調査
低用量アスピリンの長期服用により膵臓癌リスクが低下する可能性の画像

低用量アスピリンの長期服用により膵臓癌リスクが低下する可能性

低用量アスピリンの長期服用により、膵臓癌の発症リスクが低下することが米国癌学会(AACR)の学会誌であるCancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention誌で発表された。   「低用量
テムシロリムスは横紋筋肉腫の若年患者の無イベント生存を改善の画像

テムシロリムスは横紋筋肉腫の若年患者の無イベント生存を改善

キャンサーコンサルタンツ横紋筋肉腫の若年患者においてテムシロリムス(トーリセル)を化学療法レジメンと併用すると無イベント生存が改善するとの研究結果が、2014年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会(シカゴ)で発表された。 横紋筋肉
Apatinibは二次治療に抵抗性を示す進行性胃癌患者の生存期間を延長するの画像

Apatinibは二次治療に抵抗性を示す進行性胃癌患者の生存期間を延長する

キャンサーコンサルタンツApatinib[アパチニブ]は、二次治療に抵抗性を示す進行性胃癌患者の全生存期間を有意に延長したとの第3相試験の結果が、2014年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会(シカゴ)で発表された。 胃癌は米国で
FDAが悪性度の高い希少疾患である末梢T細胞リンパ腫に対しベリノスタットを承認の画像

FDAが悪性度の高い希少疾患である末梢T細胞リンパ腫に対しベリノスタットを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は2014年7月3日、非ホジキンリンパ腫(NHL)の増殖の速い型である末梢T細胞リンパ腫(PTCL)患者の治療薬として、belinostat[ベリノスタット](Beleodaq
ベリノスタットのFDA承認の画像

ベリノスタットのFDA承認

商標名:Beleodaq・再発性・難治性の末梢性T細胞リンパ腫への承認(2014/07/03)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing information(英文)で参照で
治験薬MPDL3280Aは転移性膀胱癌の治療に有望の画像

治験薬MPDL3280Aは転移性膀胱癌の治療に有望

キャンサーコンサルタンツ 開発中の治験薬MPDL3280AがPD-L1陽性の転移性膀胱癌治療に有効であることを示す第1相臨床試験の結果が、2014年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で報告された。 米国では年間に男性約5万人、女
強度のニコチン依存では肺癌リスクが高まることが判明の画像

強度のニコチン依存では肺癌リスクが高まることが判明

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年6月19日 ニコチン依存が高い人 ― 目覚めから5分以内にその日最初のタバコを吸う人 ― は、目覚めから1時間以上経ってから吸う人に比べて肺癌を発症するリスクが高い。