乳がん

リキッドバイオプシーとMRI併用で、乳がん患者の術前治療の奏効を高精度に予測の画像

リキッドバイオプシーとMRI併用で、乳がん患者の術前治療の奏効を高精度に予測

術前化学療法を受けた局所進行乳がん患者の完全奏効達成予測において、血漿中のcfDNA integrity(長鎖cfDNAと短鎖cfDNAの比として定義される)を評価するリキッドバイオプシー検査が、磁気共鳴画像法(MRI)の精度を改善する可能
TMB高値による免疫療法薬への反応予測は特定のがん種にのみ有用の画像

TMB高値による免疫療法薬への反応予測は特定のがん種にのみ有用

いくつかのがん種について、予測バイオマーカーを同定するためには、さらなる研究が必要であることを示唆する結果が得られた。 腫瘍内の遺伝子変異の割合が高いこと(腫瘍遺伝子変異量[TMB]高値と呼ばれる)は、免疫チェックポイント阻害薬への臨床反応
乳房インプラントについて知っておくべき7つのことの画像

乳房インプラントについて知っておくべき7つのこと

米国食品医薬品局(FDA)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ 乳房インプラントを使用した乳房再建や豊胸を考えていますか? 中身が生
ER陽性乳がんの治療決定に役立つ新たな画像検査の画像

ER陽性乳がんの治療決定に役立つ新たな画像検査

NCIが資金提供した小規模な臨床研究の結果によると、新しい画像検査が一部の進行乳がんの治療決定に役立つ可能性がある。今回の試験では、この画像検査によってタモキシフェン(ノルバデックス)やレトロゾール(フェマーラ)のような抗ホルモン療法に反応
血中循環腫瘍細胞(CTC)で転移乳がん患者の治療反応と予後を予測できる可能性の画像

血中循環腫瘍細胞(CTC)で転移乳がん患者の治療反応と予後を予測できる可能性

早期の血中循環腫瘍細胞動態が転移性乳がん患者の全生存期間に関連することを示すメタアナリシス結果が、12月8~11日開催のサンアントニオ乳がんシンポジウム2020で発表された。 「転移性乳がん患者の治療選択肢が増えるなか、迅速に治療反応を予測
メトホルミンが2型糖尿病女性における乳がんリスクに影響をおよぼす可能性の画像

メトホルミンが2型糖尿病女性における乳がんリスクに影響をおよぼす可能性

Annals of Oncology誌プレスリリース 44,541人の女性を対象にした研究により、全体的に、2型糖尿病と乳がん発症との間に関連性はないとみられることがわかった。ただし、この結果は、本研究に参加した2型糖尿病の女性の大多数がメ
アベマシクリブが早期乳がんの新たな選択肢となる可能性の画像

アベマシクリブが早期乳がんの新たな選択肢となる可能性

大規模試験の最新結果により、アベマシクリブ(販売名:ベージニオ)が、最も多い分類型の乳がん患者に対する新たな治療選択肢となることが示唆されている。 乳がんと診断される患者の約90%は早期乳がんであり、大半の場合、ホルモン受容体(HR)陽性H
乳がんワクチンGP2、第2相試験で5年再発率0%の画像

乳がんワクチンGP2、第2相試験で5年再発率0%

Greenwich LifeSciences社プレスリリース - 本日、2020年サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)で 、HER2由来ペプチドワクチンGP2の有効性に関する第2b相臨床試験の最終解析結果が発表された(ポスター発表
放射線治療中の乳がん患者の多くで症状が過小認識されている可能性の画像

放射線治療中の乳がん患者の多くで症状が過小認識されている可能性

若年患者および黒人患者では、症状の過小認識がより多くみられる可能性 放射線治療を受けた乳がん患者における症状の過小認識は、乳房痛、皮膚のかゆみ、浮腫、および疲労の報告で多くみられ、若年患者および黒人患者における症状の過小認識のオッズが有意に
妊よう性温存法は若年の乳がん患者に安全の画像

妊よう性温存法は若年の乳がん患者に安全

スウェーデンで20年以上にわたり追跡した大規模な研究によると、乳がん治療を開始する前に行う一般的な妊孕性(にんようせい)の温存法は、若い患者にとって安全であるという。 この研究の対象となった23年の間に、乳がんの治療を受ける前に胚、卵子、卵
乳がんの治療の弱点にマクロファージが関与する可能性が明らかにの画像

乳がんの治療の弱点にマクロファージが関与する可能性が明らかに

乳がんは、米国で2番目に多いがんであり、DNA修復機能をもつ乳がん遺伝子BRCAの欠損など多くの細胞制御の誤りにより発症する可能性がある。BRCA関連乳がんは、通常、ポリADPリボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬で治療されるが、最近の臨床
高齢のHR陽性乳がんに対する術後放射線療法は10年生存率に影響しない可能性の画像

高齢のHR陽性乳がんに対する術後放射線療法は10年生存率に影響しない可能性

高齢のホルモン受容体陽性乳がん患者では、乳房温存手術後に放射線療法を実施しなかった場合、術後放射線療法を実施した場合よりも局所再発率は高かったが、両群の10年生存率は同等であったとの最新データ(PRIME II試験)が示された。12月8日~
アベマシクリブは、高リスクでホルモン陽性HER2陰性の早期乳がんに有望の画像

アベマシクリブは、高リスクでホルモン陽性HER2陰性の早期乳がんに有望

標準的な術後内分泌療法とサイクリン依存性キナーゼ(CDK)阻害薬であるアベマシクリブ(販売名:ベージニオ)の併用で、ハイリスク、リンパ節転移陽性、ホルモン受容体陽性HER2陰性の早期乳がん患者の無浸潤疾患生存期間(IDFS)が継続的に改善す
再発スコアが低い早期乳がんの閉経後女性は術後化学療法の省略が可能かの画像

再発スコアが低い早期乳がんの閉経後女性は術後化学療法の省略が可能か

閉経前の女性では、術後化学療法による生存率は向上する可能性 2020年12月8日から11日まで開催されたサンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)で発表されたSWOG S1007 RxPONDER試験のデータによると、リンパ節転移陽性の
早期トリネガ乳がんのアテゾリズマブ併用療法はQOLを下げずに治療効果を改善の画像

早期トリネガ乳がんのアテゾリズマブ併用療法はQOLを下げずに治療効果を改善

早期乳がん患者に対する標準化学療法レジメン+免疫チェックポイント阻害薬併用は、化学療法単独と比べて患者の日常動作能力に悪影響を及ぼさないことが、ダナファーバー、ブリガム&ウィメンズがんセンターの新たな研究結果で示された。 免疫チェックポイン
FDAが転移HER2陽性乳がんにマルゲツキシマブを承認の画像

FDAが転移HER2陽性乳がんにマルゲツキシマブを承認

2020年12月16日、米国食品医薬品局(FDA)はヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)陽性転移乳がんを有する成人患者の治療を適応として、抗HER2抗体薬による2レジメン以上の治療歴のうち少なくとも1レジメンが転移がんに実施されている場合
乳がんサバイバーは妊娠する可能性は低いが、健常児を産み長期にわたり健康状態が良好の画像

乳がんサバイバーは妊娠する可能性は低いが、健常児を産み長期にわたり健康状態が良好

大規模メタ解析により、出産可能年齢の乳がんサバイバーが妊娠する可能性は一般の人々に比べて低く、早産などの特定の合併症のリスクが高いことが示された。しかし、妊娠したサバイバーのほとんどは健常児を出産しており、長期生存に悪影響が及ぶことはないと
乳腺濃度は、がん治療後リンパ浮腫リスクを予測の画像

乳腺濃度は、がん治療後リンパ浮腫リスクを予測

腋窩リンパ節郭清を受ける乳がん患者において、マンモグラフィ乳腺濃度はリンパ浮腫のリスクと関連する要因の一つであることが新たな研究でわかった。 プリンセスマーガレットがんセンター(カナダ、トロント)のFei-Fei Liu医師は、「現在、患者
FDAが局所再発切除不能または転移トリネガ乳がんにペムブロリズマブを迅速承認の画像

FDAが局所再発切除不能または転移トリネガ乳がんにペムブロリズマブを迅速承認

2020年11月13日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDA承認検査で腫瘍にPD-L1発現(複合陽性スコア[CPS]10以上)が認められる局所再発切除不能または転移トリプルネガティブ乳がん(TNBC)の患者の治療薬として、化学療法との併用で
テクスチャードタイプのインプラントで乳がん再発リスクが増加の画像

テクスチャードタイプのインプラントで乳がん再発リスクが増加

【ロイター】乳房切除後の乳房再建にテクスチャードタイプのインプラントを使用した場合、スムースタイプと比較して乳がん再発のリスクが高くなることが、JAMA Surgery誌で報告された。 「乳がん患者の漠然とした不安を解消するために、インプラ
浸潤性小葉乳がんの再発リスクを遺伝子検査で判定の画像

浸潤性小葉乳がんの再発リスクを遺伝子検査で判定

乳がん組織中の70遺伝子の活性を探索する検査は、手術後にがんが再発または進行するリスクが高い浸潤性小葉がん(ILC)患者を特定するのに役立つと、ダナファーバーがん研究所の研究者らが新たに発表した。この知見は、浸潤性小葉がんの女性500人近く
アベマシクリブとホルモン療法の併用で、若年性ハイリスク乳がんの再発を抑制:ESMO 2020の画像

アベマシクリブとホルモン療法の併用で、若年性ハイリスク乳がんの再発を抑制:ESMO 2020

ホルモン受容体陽性(HR+)およびヒト上皮成長因子受容体2陰性(HER2-)の若年性ハイリスク乳がん患者において、ホルモン療法にabemaciclib[アベマシクリブ](販売名:ベージニオ)を追加することで、がんの再発リスクが25%減少する
乳がんに対するパクリタキセル+アテゾリズマブ併用の有効性と安全性について、FDAが注意喚起の画像

乳がんに対するパクリタキセル+アテゾリズマブ併用の有効性と安全性について、FDAが注意喚起

2020年9月8日、米国食品医薬品局(FDA)は医療従事者、がん領域の臨床研究者、患者に対して、治療歴のない手術不能な局所進行性または転移性トリプルネガティブ乳がん(mTNBC)患者へのアテゾリズマブ(販売名:テセントリク)とパクリタキセル
乳房再建ー乳房インプラント挿入前に考慮すべきこと【FDA】の画像

乳房再建ー乳房インプラント挿入前に考慮すべきこと【FDA】

  【乳房インプラントについて知っておくべき7つのこと】米国食品医薬品局(FDA) 日本語字幕版動画URL:https://youtu.be/8HlhQAU8Ee8 乳房インプラントによる手術を決定する前に、考慮すべきいくつかの重要事項があ