米国予防医療作業部会(USPSTF)が肺癌高リスク者の検診を推奨

キャンサーコンサルタンツ

米国予防医療作業部会(U.S. Preventive Services Task Force :USPSTF)は、肺癌のリスクが高い人々を対象とした年1回の低線量CTによる検診を推奨しており、これにより相当数の肺癌関連死亡を予防することができるとしている。この検診の推奨度(案)はBである。

肺癌は男女ともに米国における癌死亡の最も多い原因である。本疾患は治療困難な進行期に発見されることが多い。

癌検診には、無症状の人々において早期の癌を検出する検査の適用も含まれている。乳癌、大腸癌および子宮頸癌などの癌では、検診が癌死亡率の低下に貢献してきた。

しかし、肺癌の早期検出は、これらの癌に比べ困難であることが証明されている。日常臨床に新規の検診法を適用するためには、その検診法を用いることにより疾病の転帰改善につながるほど早期に癌を同定することが必要であり、経済的に実行可能かつ容認できる精度で癌を検出できなくてはならない。

低線量CT検査は、胸部X線検査と比べ、より小さい結節を同定できる特別な種類の画像検査法であるため、肺癌検診の強力な候補とされている。低線量CTによって肺癌を早期に発見することができる一方、偽陽性(癌でないのに癌と診断されること)の判定もなされうる。偽陽性判定が出た結果、不必要な侵襲的治療が行われ致命的な合併症を引き起こしかねないことから、低線量CTは標準使用には適さないとみられる。しかし、現在喫煙中または過去に喫煙歴がある高齢者などの高リスク集団では、低線量CTを用いた検診の有益性は害を上回ることが考えられる。

肺癌発症の最大の危険因子は喫煙であり、米国における全肺癌のおよそ85%に関連がある。肺癌を発症するのは55歳を超えてからが最も多いことから、加齢も危険因子の1つである。

USPSTFはエビデンスを再評価後、30パックイヤー以上の喫煙歴があり、現在喫煙中または過去15年以内に禁煙した55~80歳の人々に対して肺癌検診を実施する意義があると結論づけた。「1パックイヤー」とは、煙草を平均して1日1箱1年間吸い続けた場合に相当する。30パックイヤーに達するのに、1日1箱吸う人であれば30年かかるが、1日2箱吸う人であれば15年しかかからない。

経時的に喫煙量が増えるほど肺癌のリスクは上昇するため、ここに検診の必要性が生じる。USPSTFは、こうした高リスク集団においてCT検査の有益性がリスクを上回ることを見出した。高リスク者の肺癌検診を実施することで、医師が肺癌をより治療可能性のある早期ステージに発見する助けとなることが期待される。

参考文献;
San Miguel J, Weisel K, Moreau P, et al. Pomalidomide plus low-dose dexamethasone versus high-dose dexamethasone alone for patients with relapsed and refractory multiple myeloma (MM-003): a randomised, open-label, phase 3 trial. Lancet Oncology. Published early online September 3, 2013. doi:10.1016/S1470-2045(13)70380-2


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 吉田 文

監修 小宮武文(腫瘍内科/カンザス大学医療センター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肺がんに関連する記事

ROS1陽性肺がんでレポトレクチニブが新たな治療選択肢にの画像

ROS1陽性肺がんでレポトレクチニブが新たな治療選択肢に

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ2023年11月、食品医薬品局(FDA)は、ROS1遺伝子融合と呼ばれる遺伝子変化を有する一部の進行肺がんの治療薬としてrepotrecti...
非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性の画像

非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性

ダナファーバーがん研究所アロステリック阻害薬EAI-432は、EGFR変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する新たな治療法を提供するEAI-432は、ATPポケット以外の部位に結...
一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効の画像

一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ新しいタイプの標的免疫療法薬が、肺がんの中で最も悪性度の高い小細胞肺がん(SCLC)患者の約3人に1人で腫瘍を縮小させたことが臨床試験の結果...
FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認の画像

FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年11月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、局所進行性または転移性のROS1陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、repotrectinib[レポ...