アファチニブ+セツキシマブ併用はEGFR阻害薬に耐性がある非小細胞肺癌患者に有益

キャンサーコンサルタンツ

研究者らはこのほど、上皮増殖因子受容体(EGFR)標的薬のアファチニブ(ジオトリフ)とセツキシマブ(アービタックス)の併用は、EGFR阻害薬エルロチニブ(タルセバ)とゲフィチニブ(イレッサ)に反応しなくなっていたEGFR陽性非小細胞肺癌(NSCLC)を縮小させる効果があると報告した。この新規の併用は、癌がいずれかのセカンドライン治療薬への耐性があるかどうかに関係なく、患者にとって有益とみられる。

肺癌は、米国内外で依然として癌による死因の第一位であり、それだけにより効果的な治療方法の究明が重要視されている。米国では、NSCLCは全肺癌の75~80%を占める。ここ数年で進歩がみられるものの、進行期の肺癌患者の大部分は、いまだに肺癌が原因で亡くなっている。新しい治療法が切に必要とされている。

癌研究が進展するにつれ、ある癌の特性はその癌の経過ならびに特定の治療法への反応に計り知れない影響をもつということが次第に明らかになってきた。NSCLCにおいては、EGFR遺伝子変異がEGFR標的薬エルロチニブやゲフィチニブの効果に影響を及ぼす可能性がある。検査でEGFR遺伝子変異が陽性である進行性NSCLC患者において、分子標的薬エルロチニブによる初期治療は化学療法と比較して治療成績が良好で、重篤な副作用が少ない。これらのEGFR標的療法は、EGFR遺伝子変異陽性のNSCLC患者の標準治療となっているが、これらの標的療法への耐性が時間とともに現れるため、新しい治療法が求められている。

今回の臨床試験で治療を受けた患者は、事前にかなり治療を受けており、エルロチニブやゲフィチニブによる治療に耐性を示すEGFR変異陽性の肺癌を患っていた。126人の患者が併用療法を受け、うち29%は平均5.7カ月間、癌の一部あるいは完全消失が続いた。

参考文献:

Janjigian Y, Smit E, Groen H, et al. Dual inhibition of EGFR with Afatinib and Cetuximab in Kinase Inhibitor-Resistant EGFR-Mutant Lung Cancer with and without T790M Mutations. Cancer Discovery. Published online First July 29, 2014.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 太田奈津美

監修 吉松由貴(呼吸器内科/淀川キリスト教病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肺がんに関連する記事

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認の画像

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認

外科的切除が可能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者の一部は、標的治療薬アレクチニブ(販売名:アレセンサ)による術後療法を受けるべきであることが、大規模臨床試験の結果から示唆された。

AL...
グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望の画像

グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望

ASCO専門家の見解
「今回の発表で、KRAS G12Cを阻害する複数の薬剤は、同程度に有効であるというデータを得ることができました。中国以外の国での臨床現場を変えるには、 この薬剤が、...
欧州肺がん会議2024の画像

欧州肺がん会議2024

ESMO肺がん会議2024は、呼吸器外科医、胸部外科医、呼吸器内科医、呼吸器専門医、腫瘍内科医および放射線腫瘍医、画像下治療を行う放射線科医、病理医など、胸部腫瘍学分野の様々な専門家が...
免疫療法抵抗性肺がんにデュルバルマブ+セララセルチブ療法が有望の画像

免疫療法抵抗性肺がんにデュルバルマブ+セララセルチブ療法が有望

MDアンダーソンがんセンターデュルバルマブ+セララセルチブが肺がん患者の免疫反応を高め、予後を改善することが第2相試験で明らかにテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者...