血液腫瘍

FDAが芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍にtagraxofuspを承認の画像

FDAが芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍にtagraxofuspを承認

2018年12月21日、米国食品医薬品局(FDA)は、芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)の成人患者および2歳以上の小児患者に対して、CD123特異的細胞毒性薬tagraxofusp(商品名:ELZONRIS、Stemline The
高齢の慢性リンパ性白血病においてイブルチニブが化学免疫療法を上回るの画像

高齢の慢性リンパ性白血病においてイブルチニブが化学免疫療法を上回る

慢性リンパ性白血病(CLL)の高齢患者に対して、これまでベンダムスチン+リツキシマブ投与が最も効果の高い治療法のひとつと考えられてきたが、第3相多施設臨床試験の結果から最新の分子標的薬であるイブルチニブ投与の方が進行を有意に抑制することがわ
FDAがFLT3変異陽性の再発性白血病(AML)治療薬としてギルテリチニブを承認の画像

FDAがFLT3変異陽性の再発性白血病(AML)治療薬としてギルテリチニブを承認

<FDA承認> 2018年11月28日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDA承認済み検査でFLT3遺伝子変異陽性であった、再発または難治性の急性骨髄性白血病(AML)成人患者の治療薬として、ギルテリチニブ[gilteritinib](商品名
FDAが非ホジキンリンパ腫にrituximab-abbsを承認の画像

FDAが非ホジキンリンパ腫にrituximab-abbsを承認

2018年11月28日、米国食品医薬品局(FDA)は、CD20陽性B細胞非ホジキンリンパ腫(NHL)の患者に対して、リツキシマブ(商品名:リツキサン、Genentech Inc.社)の初のバイオシミラー(バイオ後続品)としてrituxima
ASH2018 、白血病・リンパ腫治療の臨床試験結果の画像

ASH2018 、白血病・リンパ腫治療の臨床試験結果

白血病・リンパ腫患者に対する免疫療法および試験的な分子標的薬の臨床試験の新たな結果を、ダナファーバーがん研究所の研究者らが米国血液学会(12月1~4日)で報告している。 ここでは3つの発表について概説する。その中の1つは、CAR-T細胞療法
白血病(AML)の第2相試験で多剤免疫療法+化学療法が奏効の画像

白血病(AML)の第2相試験で多剤免疫療法+化学療法が奏効

  MDアンダーソンがんセンターで行われた臨床試験で、3剤併用療法は急性骨髄性白血病において完全奏効率43%を示している。 MDアンダーソンニュースリリース:2018年11月13日 免疫チェックポイント阻害剤(ICPI)2剤と、標
芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍の第2相試験でtagraxofuspが奏効の画像

芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍の第2相試験でtagraxofuspが奏効

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らが率いる、芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)患者を対象とした第1相および第2相試験で、tagraxofuspという臨床試験薬が高い奏効率を示した。BPDCNは、まれではあるが悪性度が
CAR-T療法を受けたリンパ腫(DLBCL)患者の半数以上が2年後も生存の画像

CAR-T療法を受けたリンパ腫(DLBCL)患者の半数以上が2年後も生存

ZUMA-1試験とは別に行われたリアルワールドデータに基づく研究において同様の結果が報告される びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に関する第1/2相多施設共同試験に参加した患者における試験終了後の状態について解析したところ、「ax
FDAが高齢者急性白血病の治療にvenetoclaxを承認の画像

FDAが高齢者急性白血病の治療にvenetoclaxを承認

2018年11月21日、米国食品医薬品局は、75歳以上で新たに急性骨髄性白血病(AML)と診断されたか、強力な導入化学療法を妨げる合併症を有するAML患者の治療において、アザシチジン、デシタビンもしくは低用量のシタラビンの併用薬にvenet
骨髄系腫瘍に対する造血幹細胞移植の新たな研究成果-ASH2018の画像

骨髄系腫瘍に対する造血幹細胞移植の新たな研究成果-ASH2018

造血幹細胞移植を受けた骨髄系腫瘍の患者の成績向上に関連するダナファーバーがん研究所の研究者らによる複数の報告が12月1~4日に行われた米国血液学会(ASH)年次総会において発表された。これらの研究は、移植後の再発予防や、低用量化学療法を用い
FDAが75歳以上または合併症がある成人のAMLにglasdegibを承認の画像

FDAが75歳以上または合併症がある成人のAMLにglasdegibを承認

2018年11月21日、米国食品医薬品局(FDA)は、75歳以上、もしくは強力な寛解導入療法に適さない合併症がある新規に診断された急性骨髄性白血病(AML)の患者に対して、glasdegib(商品名:DAURISMO、Pfizer Labs
FDAが血球貪食性リンパ組織球症にemapalumabを承認の画像

FDAが血球貪食性リンパ組織球症にemapalumabを承認

2018年11月20日、米国食品医薬品局(FDA)は、成人および小児(新生児以上)の原発性血球貪食性リンパ組織球症(HLH)患者で難治性、再発、もしくは進行性の疾患を有する患者、または従来のHLH治療法に不耐性を示す患者に対してemapal
FDAが2種類のリンパ腫にブレンツキシマブ ベドチンを承認の画像

FDAが2種類のリンパ腫にブレンツキシマブ ベドチンを承認

2018年11月16日、米国食品医薬品局は未治療の全身性未分化大細胞リンパ腫(sALCL)または、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫および非特定型末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)を含むCD30陽性PTCL に化学療法を併用する形でのブレンツキシマ
養子T細胞療法を用いた試験で、まれな脳感染症PML併発患者の治療に成功の画像

養子T細胞療法を用いた試験で、まれな脳感染症PML併発患者の治療に成功

この治療は白血病、リンパ腫その他の免疫不全疾患に関連する可能性がある 進行性多巣性白質脳症(PML)は希少で死に至ることの多い脳の感染症であり、がんおよび免疫システムを損傷する疾患の患者に見受けられることがあるが、養子T細胞療法として知られ
CAR-T細胞:患者の免疫細胞を遺伝子操作してがんを治療するの画像

CAR-T細胞:患者の免疫細胞を遺伝子操作してがんを治療する

米国国立がん研究所(NCI) 何年もの間、がん治療の基本は外科手術、化学療法、放射線療法であった。ここ20年の間に、イマチニブ(グリベック)やトラスツズマブ(ハーセプチン)などの分子標的薬治療薬(主にがん細胞内に存在する特定の分子変化を狙い
CD19標的のCAR T細胞療法における耐性獲得の機序の画像

CD19標的のCAR T細胞療法における耐性獲得の機序

CD19を標的とするCAR T細胞療法において、CD19の遺伝子の変異獲得や、白血病細胞へのキメラ抗原受容体(CAR)の導入によって、隣接するCD19抗原がCARで覆われることにより耐性が獲得されうるということが、Nature Medici
免疫系の賦活による緩徐進行性リンパ腫の縮小の画像

免疫系の賦活による緩徐進行性リンパ腫の縮小

緩徐進行性(低悪性度)B細胞性リンパ腫患者に対して、低線量の放射線と免疫賦活化合物を併用する小規模臨床試験が行われた。この臨床試験において、大多数の患者で腫瘍の縮小が認められた。 臨床試験ではSD-101という化合物を用いたin situワ
FDAが再発または難治性の白血病(CLL、SLL)にデュベリシブを承認の画像

FDAが再発または難治性の白血病(CLL、SLL)にデュベリシブを承認

2018年9月24日、米国食品医薬品局は、再発または難治性の慢性リンパ球性白血病(CLL)または小リンパ球性リンパ腫(SLL)で2種類以上の治療施行後の成人患者を対象として、duvelisib[デュベリシブ](商品名:COPIKTRA、Ve
FDAが有毛細胞白血病にモキセツモマブを承認の画像

FDAが有毛細胞白血病にモキセツモマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)は2018年9月13日、プリンヌクレオシドアナログ(PNA)による治療を含む2回以上の全身療法歴のある再発または難治性の有毛細胞白血病(HCL)の成人患者を適応として、CD22を標的とした細胞毒性薬剤であるmoxe
家族性白血病の遺伝子研究で長年の謎が解明の画像

家族性白血病の遺伝子研究で長年の謎が解明

数十年にわたる医学上の謎が、テネシーにあるカリフォルニア大学サンフランシスコ校(USCF)およびセントジュード小児研究病院の研究者らによって解明された。研究チームは家族性血液疾患の原因となる1組の遺伝性遺伝子変異を発見した。この遺伝子変異は
FDAがアジスロマイシン長期使用によるがん再発リスク増大を警告の画像

FDAがアジスロマイシン長期使用によるがん再発リスク増大を警告

対象:がん患者、医療従事者、腫瘍医 問題点:特定の炎症性肺疾患を予防する目的で、造血幹細胞移植を受ける血液またはリンパ節のがん患者に抗生物質のアジスロマイシン(商品名:Zithromax、Zmax)を長期投与すべきでない。臨床試験の結果によ
FDAが非ホジキンリンパ腫にモガムリズマブを承認の画像

FDAが非ホジキンリンパ腫にモガムリズマブを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、1種類以上の全身療法実施後の再発または難治性の菌状息肉症(MF)またはセザリー症候群(SS)の成人患者に対し、モガムリズマブ(mogamulizumab、商品名:ポテリジオ)点滴静注を承認した。本承認
フレイル(虚弱)評価ツールが多発性骨髄腫患者の生存を予測の画像

フレイル(虚弱)評価ツールが多発性骨髄腫患者の生存を予測

実年齢だけでなく、身体機能と生活の質(QOL)の2要素を考慮するフレイル(虚弱)インデックスが高齢患者の治療意思決定に役立つ可能性 「多発性骨髄腫やそれ以外のがんを発症している高齢患者の治療合併症のリスクが高いことはわかっています。ですが、
FDAが再発/難治性の急性骨髄性白血病にイボシデニブを承認の画像

FDAが再発/難治性の急性骨髄性白血病にイボシデニブを承認

2018年7月20日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDA承認検査で感受性IDH1変異が検出された再発または難治性の急性骨髄性白血病(AML)の成人患者に対し、ivosidenib[イボシデニブ](商品名:Tibsovo、Agios Pha