免疫療法の臨床試験:スー・スコットの物語

日本語動画のURL:https://youtu.be/N6yg1X30XSM

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆

Christian Hinrichs
医師と彼の患者Sue Scottが語る、がん研究センターでの臨床試験の物語。Hinrichs医師は基礎・臨床研究を行い、がん患者のための新規治療であるT細胞療法の発見と開発を進めています。 この研究には、HPV陽性がん患者のための、HPVを標的とする腫瘍浸潤T細胞の臨床試験が含まれており、一部の患者で子宮頸がんの完全退縮をもたらしうることが示されています。 Hinrichs医師の研究室では、HPVを標的とするT細胞レセプターの遺伝子も発見しており、このレセプターを基に進行したHPV陽性がん患者のための新たな遺伝子療法の試験を行っています。 がん研究センター(CCR)は国立がん研究所の一部です。

CCRの詳細はこちら:https://ccr.cancer.gov/

臨床試験の検索はこちら:http://trials.cancer.gov

【訳注】

  • この動画で紹介されているのは、現在まだ研究段階の治療法です。
  • したがって、必要な法律等にのっとって、科学的な検証が可能な臨床試験としてのみ行われるべきものです。

     
◆─────────────────◆

元動画掲載日

日本語版公開日

翻訳担当者 白石里香

字幕指導寺田真由美

監修 吉原 哲(兵庫医科大学 血液内科・細胞移植)

出演者

  • Sue Scott(子宮頸がん患者)
  • Christian Hinrichs医師(米国国立がん研究所がん研究センター)

原語動画URLhttps://www.youtube.com/watch?v=-irjicX1KG0

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

子宮がんに関連する記事

オラパリブ+デュルバルマブ追加で化学療法単独よりも子宮体がんの進行リスクが低下 -ESMO2023の画像

オラパリブ+デュルバルマブ追加で化学療法単独よりも子宮体がんの進行リスクが低下 -ESMO2023

MDアンダーソンがんセンターアブストラクト: LBA41

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らによると、抗PD-L1モノクローナル抗体デュルバルマブ(販売名:イミフィンジ)...
キャッチアップHPV検査が65歳以上の子宮頸がん予防に役立つ可能性の画像

キャッチアップHPV検査が65歳以上の子宮頸がん予防に役立つ可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の有無を調べる検査は現在、子宮頸がん検診の標準的検査項目で、同時にパップテストを行うこともある(同時...
子宮体がんにセリネクソール維持療法は無増悪生存期間を延長の画像

子宮体がんにセリネクソール維持療法は無増悪生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「TP53野生型の子宮体がん腫瘍を評価した第3相SIENDO試験のサブセット解析から、パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法の...
子宮頸部前がん病変をAIの活用で正確に検出―日本の研究発表の画像

子宮頸部前がん病変をAIの活用で正確に検出―日本の研究発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「子宮頸がん検診においてコルポスコピー((腟拡大鏡診)は重要な役割を果たしています。本研究は、がん検診に人工知能の力を活用することで、...