米国臨床腫瘍学会(ASCO)

胸部がん患者、COVID-19診断前3カ月以内の化学療法歴で死亡リスク増加の画像

胸部がん患者、COVID-19診断前3カ月以内の化学療法歴で死亡リスク増加

ASCOの見解 「胸部がん患者は、既存の肺損傷、喫煙、高齢、併存疾患といった多くの要因のためCOVID-19に対してことのほか脆弱です。現時点ではわからないことが多く、答えはわずかです。本研究の結果はCOVID-19に感染したがん患者の転帰
術後オシメルチニブが局所非小細胞肺がん患者の再発を遅延の画像

術後オシメルチニブが局所非小細胞肺がん患者の再発を遅延

ASCOの見解 「オシメルチニブ(販売名:タグリッソ)は、すでに、EGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺がん患者に対する初回治療の標準治療となっています。本試験で認められた無病生存期間の改善は、外科的治療や化学療法後にも再発リスクが高い早期疾
ビデオ会議による介入でがん患者の遠距離介護者の不安と苦痛が減少の画像

ビデオ会議による介入でがん患者の遠距離介護者の不安と苦痛が減少

ASCOの見解 「COVID-19により愛する人と離ればなれになり、がん患者やその家族の不安が増す中、バーチャルな形で情緒的なサポートを提供することが、これまで以上に重要になってきています。本研究は、遠隔地にいる患者家族の情緒的な満足度を改
がん診療に高齢者の機能評価を導入すると、高齢患者のQOLが向上し入院が減少の画像

がん診療に高齢者の機能評価を導入すると、高齢患者のQOLが向上し入院が減少

ASCOの見解 「65歳以上の人口は今後も世界中で増加し続けることが予想されており、高齢患者に提供する治療の質を最適化するために、より厳密な研究が急務となっています。本研究は、高齢者機能評価により、高齢がん患者のQOLが明確に改善され、より
ASCO2020バーチャルがん科学会議、注目のトップ演題(5月29-31日)の画像

ASCO2020バーチャルがん科学会議、注目のトップ演題(5月29-31日)

がん患者、プレシジョン医療、および医療へのアクセスに対するCOVID-19の影響に関する最新研究を特集 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は今年、最新のがん科学を新たにバーチャル形式で世界の腫瘍学関連団体に配信する。肺がん、大腸がん、卵巣がん、膀
COVID-19後のがん診療システムをもたらす今後の道筋を発表の画像

COVID-19後のがん診療システムをもたらす今後の道筋を発表

米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology、以下「学会」)およびその関連組織であるAssociation for Clinical Oncology(以下「協会」)は、COVID-19(コロ
COVID-19パンデミック時のがんケア、限られた医療資源の分配に関する新ガイダンスの画像

COVID-19パンデミック時のがんケア、限られた医療資源の分配に関する新ガイダンス

COVID-19パンデミック時、全米の医療機関が不足する医療資源の配分について難しい決断を迫られる可能性があるため、米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、本日、腫瘍コミュニティを支援するための推奨を発表した。いくつかの地域はすでに危機的状況で、人
新型コロナウイルス:がん患者さんが知っておくべきこと:コロナワクチンの画像

新型コロナウイルス:がん患者さんが知っておくべきこと:コロナワクチン

更新日:2021年2月5日 本記事は、毎日内容がレビューされ、更新されています。    【最新英語版はこちら】   メリー・ジェニファー・マーカム医師、米国内科学会フェローは、フロリダ大学、血液・腫瘍学責任者代理、フロリダ大学医学部の准教授
コロナウイルスとがんについてのよくある質問:患者とサバイバーのための回答の画像

コロナウイルスとがんについてのよくある質問:患者とサバイバーのための回答

―翻訳でCOVID-19と戦う集団(大須賀覚、小坂泰二郎、上田美穂、田嶋洋平、滝西安隆、他)より提供― 2020年6月25日更新分翻訳(7月3日更新)  - リチャード・L・シルスキー、MD、FACP、FSCT、FASCO 親愛なる友よ 米
腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんの新治療試験の画像

腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんの新治療試験

がんなどの疾患により良い治療法を医師が発見できる主な方法が臨床試験である。常に多くの臨床試験が精力的に進められ、実現可能な新規がん治療法および副作用の予防・軽減方法が模索されている。本ポッドキャストシリーズでは、Cancer.Net(ASC
薬物による疼痛治療の画像

薬物による疼痛治療

2019年4月 Cancer.Net編集委員会承認 多くのがん患者さんが治療中または治療後に痛みを感じます。しかし、医療チームは、がんに関連するほぼすべての痛みを管理することができます。 がんのケアと治療の重要な部分の1つは、疼痛などの副作
高齢がん患者に関するエビデンス改善に向けたFDAガイダンス案の画像

高齢がん患者に関するエビデンス改善に向けたFDAガイダンス案

米国臨床腫瘍学会(ASCO)会長Howard A. “Skip” Burris III医師(FACP、FASCO)が声明を発表 「米国食品医薬品局(FDA)ががん治療薬臨床試験への高齢者登録を奨励するガイダンス草案を発表したことをわれわれは
薬剤リポジトリ・プログラム指針を提示―高額費用、入手、廃棄の課題を解決の画像

薬剤リポジトリ・プログラム指針を提示―高額費用、入手、廃棄の課題を解決

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、州の薬剤リポジトリ・プログラムに関する意見表明をした。クローズドシステム内での管理を条件とする、経口薬のみに限定した薬剤リポジトリ・プログラムをASCOは支持するという内容である。ASCOはまた、これらの
ASCOアドバンス・オブ・ザ・イヤー(2020)は「がん外科治療の洗練」の画像

ASCOアドバンス・オブ・ザ・イヤー(2020)は「がん外科治療の洗練」

優先研究課題では、がん臨床の進歩を加速する機会を明示し、報告書「Clinical Cancer Advances」(がん臨床の進歩)では、政府資金の影響の大きさを強調 新たな、より良い方法で組み合わされた革新的な全身療法の出現により、がんの
低所得および低学歴地域の若年大腸がん患者は死亡リスクが高いの画像

低所得および低学歴地域の若年大腸がん患者は死亡リスクが高い

ASCOの見解 「私たちは、近年若年成人の大腸がんの発生が増加しているという、懸念される動向を確認しました。居住地が若年成人の大腸がんの予後に大きな影響を及ぼしているという本研究の知見と併せて、この問題には大いに注目する必要があります。住む
ASCOのTAPUR試験の新データ発表:消化器がんシンポジウム2020の画像

ASCOのTAPUR試験の新データ発表:消化器がんシンポジウム2020

Targeted Agent and Profiling Utilization Registry(TAPUR)試験コホートにおける、進行大腸がん患者でのさまざまな分子標的薬に関する肯定的な結果は、2020年1月23日から25日にカリフォル
リンパ腫治療の進展ー2019年米国血液学会(ASH)年次総会の画像

リンパ腫治療の進展ー2019年米国血液学会(ASH)年次総会

2019年米国血液学会(ASH)年次総会および展示会が12月7日から10日にフロリダ州オーランドで開催された。この総会には世界中から専門家が集まり、血液や骨髄の腫瘍などを含む血液関連疾患の治療における新たな進展について話し合う。 このポッド
心理的因子と社会的支援が、がん性疼痛に影響するの画像

心理的因子と社会的支援が、がん性疼痛に影響する

専門家の見解 「医師は患者の痛みを軽減するよう修練を積み、熱心に取り組んでいますが心理的健康の評価は見過ごしがちです」2019年がんサポーティブケアシンポジウムのニュースプランニングチームメンバーであるMonica S. Krishnan医
化学療法による末梢神経障害は、オンコロジーマッサージ療法で疼痛軽減の画像

化学療法による末梢神経障害は、オンコロジーマッサージ療法で疼痛軽減

専門家の見解 「化学療法によって誘発される末梢神経障害(CIPN)は最も苦痛で長期にわたり持続する、生活の質(QOL)への影響が大きいがん治療の副作用の一つです」と2019年Supportive Care in Oncology Sympo
放射線治療への反応と再発を予測するATM、BRCA遺伝子マーカーを特定の画像

放射線治療への反応と再発を予測するATM、BRCA遺伝子マーカーを特定

ASCOの見解 「放射線治療への反応と治療後再発の可能性を予測するために遺伝子シグネチャを使用すると、個々の患者の予後についての理解が深まり、最終的に治療の種類、時期、および強度を変更して、個々の患者の生存および生活の質を改善できます。これ
1回の採血でがんを判別できる新検査技術の画像

1回の採血でがんを判別できる新検査技術

ASCOの見解 「がんの症状がなく、特にリスクが高い人のがんを判別できる血液検査で、正確ながんスクリーニングや早期の判別を容易にすることにより、がん診断を変えることができるでしょう。さらに研究を進める必要があるものの、今回明らかになった結果
臨床試験参加に影響する要因、および参加した患者の利益が示されるの画像

臨床試験参加に影響する要因、および参加した患者の利益が示される

ASCOの見解 「適切な患者を臨床試験に登録することは、腫瘍医である私たちの義務です」と、ASCO専門委員、FACP(米国内科学会フェロー)、クオリティケアシンポジウムのニュースプランニングチームのリーダーであるMerry-Jennifer
薬剤費および事前承諾手続きが障壁であることが研究で浮き彫りにの画像

薬剤費および事前承諾手続きが障壁であることが研究で浮き彫りに

ASCOの見解 「がんケアの高額な費用には多くの側面があり、適時に一貫したケアを受ける際の障壁になることが多くあります」と、ASCOの専門委員であり、クオリティケアシンポジウム・ニュースプランニングチームのメンバーであるNeeraj Aga
米医療費負担適正化法(ACA)により、卵巣がんの診断・治療が迅速化の画像

米医療費負担適正化法(ACA)により、卵巣がんの診断・治療が迅速化

ASCOの見解 「あらゆる種類のがん、特に卵巣がんにおいて早期発見と迅速な治療は重要です。この研究は、健康保険が利用できることが重要であり、ケアを受ける機会格差の是正にも役立ち、最終的には卵巣がん患者に対する長期的な転帰を改善することを裏づ