QOL向上につながる生活習慣改善を推奨されても、癌サバイバーは実行していない

キャンサーコンサルタンツ
2008年5月

アメリカ癌協会の研究者らは、定期的な運動、果物・野菜摂取の増量、禁煙などの生活習慣改善を奨励されても、実行する癌サバイバーは少数にすぎないと発表した。本研究論文詳細は、2008年5月1日発行のClinical Oncology誌に掲載された。

アメリカ癌協会は、癌サバイバーに向けてQOLの向上のためのガイドラインを作成している。本研究では、3つの推奨項目と身体的QOLスコアの関連性を推察した。3つの推奨項目とは、運動量、1日5皿の果物・野菜摂取、禁煙であった。

6つの癌患者団体から9,105人のサバイバーが、生活習慣と健康状態についての全国調査に参加した。調査より、以下の結果が明らかになった。

・1日5皿の果物・野菜を摂取していた癌サバイバーは、わずか14-19%であった。
・推奨運動量を実践していたのは、癌サバイバの29-47%であった。
・禁煙の実施者は、癌サバイバーの82-91%であった。
・全体として、上記全3項目実施者は、癌サバイバーのわずか5%であった。

上記結果をより詳細に分析した結果、生活習慣改善推奨項目、特に、推奨運動量を実践している癌サバイバーでは、身体的QOLスコアがより高かった。さまざまな癌種のうち、乳癌、前立腺癌、大腸癌、膀胱癌、子宮癌およびメラノーマのサバイバーにおいて、QOLスコアと推奨項目のあいだに有意に肯定的な関連性がみられた。

コメント
生活習慣改善のための推奨項目を実行した癌サバイバーはほとんどいなかったが、ガイドラインを遵守したサバイバーの多くが生活の質の向上を報告した、と研究者らは結論している。患者に推奨項目の実施を奨励することは医療従事者の務めであり、癌サバイバーにとっても身体的QOL向上に重要である、とも付け加えた。

参考文献
Reference: Blanchard, C., Courneya, K., Stein, K. Cancer survivors’ adherence to lifestyle behavior recommendations and associations with health related quality of life: results from the American Cancer Society’s SCS-II. Journal of Clinical Oncology. 2008; 26(13): 2198-2204.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 ユーテセット康子 訳、野中希 校正

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

がんサバイバーに関連する記事

がんサバイバーの心理社会的な健康ニーズへの対応の画像

がんサバイバーの心理社会的な健康ニーズへの対応

がんやがんの治療の影響は、紛れもなくストレスの多いものです。多くの人は順調に回復しますが、がんサバイバーの約25%は、不安やうつ、心理的・社会的(心理社会的)苦痛などの問題を持続的に抱えています。 このインタビューでは、UCLAジョンソン総
画像検査の不安『スキャンザイエティー』とは何か?がんサバイバーの対処法の画像

画像検査の不安『スキャンザイエティー』とは何か?がんサバイバーの対処法

がんと診断された人たちが画像検査を受ける際、さまざまな感情を引き起こす場合があります。検査前、検査中、検査結果を待つ間にストレスや心配を感じることが共通して見られます。このような感情はScanxiety(スキャンザイエティ)と呼ばれています
がん患者の子どもたちは、親の闘病について知らされないことが多いの画像

がん患者の子どもたちは、親の闘病について知らされないことが多い

【欧州臨床腫瘍学会(ESMO) 2021 プレスリリース】 がんであることを告知されると、診断を受けた本人だけでなくその家族の日常生活は、突然、そして永続的に変化する。がん患者の子どもたちのための適切なコミュニケーションとサポートは重要なニ
がんサバイバーの歩行機能は生存を左右する重要要因となる可能性の画像

がんサバイバーの歩行機能は生存を左右する重要要因となる可能性

がんサバイバーは歩行機能が低下するリスクが高く、さらに歩行機能の低下が死亡リスク上昇に関連することが、米国がん学会の学術誌であるCancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention誌に掲載された研究で