スーテントが進行非小細胞肺癌患者に効果を示す

キャンサーコンサルタンツ
2008年3月

スーテント®〔Sutent〕(スニチニブ〔sunitinib〕)が治療歴のある進行非小細胞肺癌(NSCLC)に単剤で有意な効果を示すことを、国際多施設共同試験に参加した研究者らが報告した。この第2相臨床試験の詳細はJournal of Clinical Oncology誌2008年2月1日号に掲載された。

スニチニブはfms-様チロシンキナーゼ3(Flt3)、Kit、血管内皮増殖因子(VEGF)、および血小板由来増殖因子(PDGF)受容体に対する経口キナーゼ阻害剤である。スニチニブは抗血管新生作用、直接殺癌細胞作用などを含む標的された機序によって抗癌作用を発揮する。スーテントは進行腎細胞癌治療、またGleevec(イマチニブ)投与後に進行が認められた、あるいは不耐容であった消化管間質腫瘍(GIST)治療に対して承認されている。

標準療法後に増殖が認められた進行NSCLC患者に対するスニチニブの効果を調査するため、研究者らはプラチナ系薬剤をベースとする化学療法が奏効しなかった患者63名を対象に第2相臨床試験を行った。患者にはスニチニブを1日50mg、4週間投与し、2週間休薬とした。

  7名(11.1%)に部分奏効がみられた。
  18名(28.6%)に最低8週間の病勢の安定がみられた。
  無進行生存期間の中央値は12週間、全生存期間の中央値は23.4週間であった。
  軽度から中等度の副作用として、疲労、悪心、息切れ、嘔吐、食欲不振、下痢があった。
  重篤な副作用は少なく、重度の疲労(19%)、息切れ(13%)、無力症(9.5%)、および悪心/嘔吐(7%)があった。
  2名が肺出血で、1名が脳出血で死亡した。

スーテントは忍容性が良好で、一次化学療法が奏効しなかったNSCLC患者に対する治療において現在承認済みの薬剤と同様に有効であったと考えられる、と研究者らは結論づけている。

コメント

この試験は、他の治療が奏効しなかった進行NSCLCにおけるスーテントの単剤での有効性を評価した初めての試験である。

参考文献:

Socinski MA, Novello S, Brahmer JR, et al. Multicenter, Phase II trial of sunitinib in previously treated, advanced non-small cell lung cancer. Journal of Clinical Oncology. 2008;26:650-656.

  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 河原 恭子

監修 島村 義樹(薬学)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肺がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】進行肺がん(NSCLC)、ロルラチニブで無増悪生存期間が最長にの画像

【ASCO2024年次総会】進行肺がん(NSCLC)、ロルラチニブで無増悪生存期間が最長に

ASCOの見解(引用)「これらの長期データの結果は並外れて良く、この研究でALK陽性非小細胞肺がん患者に対する一次治療薬としてのロルラチニブ(販売名:ローブレナ)の優れた持続的...
【ASCO2024年次総会】オシメルチニブは局所進行EGFR変異NSCLCの標準治療を変える可能性の画像

【ASCO2024年次総会】オシメルチニブは局所進行EGFR変異NSCLCの標準治療を変える可能性

ASCOの見解(引用)「LAURA試験は、切除不能なステージIII疾患におけるEGFR標的療法の役割を明確にした最初の試験である。本試験ではオシメルチニブと現在の標準治療である...
周術期ニボルマブ+化学療法が肺がんの転帰を改善の画像

周術期ニボルマブ+化学療法が肺がんの転帰を改善

周術期におけるニボルマブ+化学療法併用により、化学療法単独と比較して疾患の再発、進行、または死亡の確率が有意に低下することが第3相試験で明らかに

テキサス大学MDアンダーソンがんセンター...
FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認の画像

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認

外科的切除が可能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者の一部は、標的治療薬アレクチニブ(販売名:アレセンサ)による術後療法を受けるべきであることが、大規模臨床試験の結果から示唆された。

AL...