発信元

レナリドミドは骨髄腫患者の二次性原発悪性腫瘍に関連の画像

レナリドミドは骨髄腫患者の二次性原発悪性腫瘍に関連

キャンサーコンサルタンツレナリドミド(レブラミド)は、特に経口薬メルファランと併用した場合、骨髄腫患者では二次性原発悪性腫瘍のリスクが増加するという試験結果が Lancet Oncology誌に掲載された。 多発性骨髄腫は、形質細
OncoLog 2014年2月号◆包括的禁煙治療プログラムによる癌患者の禁煙支援の画像

OncoLog 2014年2月号◆包括的禁煙治療プログラムによる癌患者の禁煙支援

MDアンダーソン OncoLog 2014年2月号(Volume 59 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
転移性大腸癌に対するイットリウム90放射性マイクロスフィア治療の結果予測の画像

転移性大腸癌に対するイットリウム90放射性マイクロスフィア治療の結果予測

キャンサーコンサルタンツ転移性大腸癌に対する選択的内部放射線療法の前に行う検査は治療効果予測において重要な役割を果たす可能性があることが、米国臨床腫瘍学会の2014年消化器癌シンポジウム(ASCO-GI)で発表された。また、放射性微小球の送
OncoLog2014年2月号◆分子標的薬(palbociclib)が進行性乳癌に有望の画像

OncoLog2014年2月号◆分子標的薬(palbociclib)が進行性乳癌に有望

MDアンダーソン OncoLog 2014年2月号(Volume 59 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
ベンダムスチン+ボルテゾミブ+デキサメタゾンの併用療法が再発・難治性の多発性骨髄腫患者で高い奏効率を示すの画像

ベンダムスチン+ボルテゾミブ+デキサメタゾンの併用療法が再発・難治性の多発性骨髄腫患者で高い奏効率を示す

キャンサーコンサルタンツ ベンダムスチン(トレアンダ[Treanda])+ボルテゾミブ(ベルケイド)+デキサメタゾンの併用療法が再発・難治性の多発性骨髄腫患者で高い奏効率を示すことが、Blood誌に掲載された第2相試験からわかった。&nbs
非小細胞肺癌(NSCLC)の二次治療にnintedanibとドセタキセルの併用が有効の画像

非小細胞肺癌(NSCLC)の二次治療にnintedanibとドセタキセルの併用が有効

キャンサーコンサルタンツ白金製剤を基本とした一次治療歴のある進行性非小細胞肺癌患者には、nintedanib[ニンテダニブ]とドセタキセルの併用が、二次治療として有効な選択肢であるとする試験結果がLancet Oncology誌に掲載された
リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通常の平均余命にまで回復の画像

リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通常の平均余命にまで回復

びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)と診断された患者で、診断後2年の間に、がん関連転帰イベントを発症していない場合、余命は診断前と本質的に変わらないという研究結果を、メイヨークリニックが明らかにした。がん関連転帰イベントとは、疾患
OncoLog2014年2月号◆House Call「食品と薬の相互作用を避ける」の画像

OncoLog2014年2月号◆House Call「食品と薬の相互作用を避ける」

MDアンダーソン OncoLog 2014年2月号(Volume 59 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog2014年2月号◆In Brief「PKM2が膠芽腫の予後マーカーとなる可能性」の画像

OncoLog2014年2月号◆In Brief「PKM2が膠芽腫の予後マーカーとなる可能性」

MDアンダーソン OncoLog 2014年2月号(Volume 59 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
高齢乳癌患者の一部では放射線治療の省略も選択肢にの画像

高齢乳癌患者の一部では放射線治療の省略も選択肢に

ホルモン受容体陽性、腋窩リンパ節陰性乳癌の乳房温存手術後にホルモン療法を受ける65歳以上の患者には、放射線治療の省略が妥当な選択肢のひとつになるというPRIME 2試験の結果が、12月10日~14日に開催された2013サンアントニオ乳癌シン
ポナチニブのFDA承認の画像

ポナチニブのFDA承認

商標名:Iclusig・慢性骨髄性白血病またはフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ芽球性白血病に対して承認(2012/12/14) ・安全宣言(2013/10/31)(2014年1月追記あり)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用お
2種類のワクチンGVAXとCRS-207の併用が転移性膵臓癌の生存期間を延長の画像

2種類のワクチンGVAXとCRS-207の併用が転移性膵臓癌の生存期間を延長

キャンサーコンサルタンツカリフォルニア州サンフランシスコ市で開催された2014年消化器癌シンポジウムで報告された調査結果によれば、GVAXとCRS-207の2種のワクチンの逐次的投与で転移性膵臓癌患者の生存期間が約2カ月延長した。 
ガーダシルは18歳以上の女性では予防効果が小さいの画像

ガーダシルは18歳以上の女性では予防効果が小さい

キャンサーコンサルタンツガーダシル(組換え沈降四価ヒトパピローマウイルスワクチン)を接種した女性のうち、特にワクチン接種時に18歳以上だったか、ワクチン接種前に細胞診異常が見つかった女性において、高度扁平上皮内病変(HSIL)および軽度異形
ラムシルマブとパクリタキセルの併用が転移性胃癌患者の生存期間を延長の画像

ラムシルマブとパクリタキセルの併用が転移性胃癌患者の生存期間を延長

キャンサーコンサルタンツラムシルマブ[ramucirumab]が、転移性胃癌患者の二次治療としてパクリタキセルと併用投与された場合、無増悪生存期間および全生存期間をともに有意に改善したという試験結果が、2014年消化器癌シンポジウムで発表さ
消化器癌治療の進展ーASCO GIシンポジウムハイライトの画像

消化器癌治療の進展ーASCO GIシンポジウムハイライト

2014年1月16日から18日にカリフォルニア州サンフランシスコのMoscone West Buildingで開催される2014消化器癌シンポジウム(2014 Gastrointestinal Cancers Symposium)に先だって
新たな術前併用療法がトリプルネガティブ乳癌患者の転帰改善に有望の画像

新たな術前併用療法がトリプルネガティブ乳癌患者の転帰改善に有望

多数の薬剤を検討する画期的な第2相乳癌試験であるI-SPY 2試験は、最初の薬剤の検証が終了し、有望な結果であることが明らかになった。12月10日~14日に2013サンアントニオ乳癌シンポジウムが開催され、I-SPY 2試験の結果が発表され
男性乳癌の危険因子をNIHが調査研究で確認の画像

男性乳癌の危険因子をNIHが調査研究で確認

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年2月19日 乳癌に罹患した男性約2,400人と、罹患していない男性約52,000人のデータを統合する過去最大規模の研究が実施され、男性乳癌の危険因子として、肥満、クラ
FDAが慢性リンパ性白血病(CLL)の治療にibrutinib[イブルチニブ]を承認/FDAニュースの画像

FDAが慢性リンパ性白血病(CLL)の治療にibrutinib[イブルチニブ]を承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2014年2月12日 Media Inquiries: Tara Goodin, 240-402-3157 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが慢性リンパ性白
泌尿生殖器癌シンポジウム(ASCO-GU)2014 で、泌尿生殖器癌の最新研究の進歩が明らかにの画像

泌尿生殖器癌シンポジウム(ASCO-GU)2014 で、泌尿生殖器癌の最新研究の進歩が明らかに

米国臨床腫瘍学会 泌尿生殖器癌シンポジウム(ASCO-GU)2014 に先立ち本日公表された研究から、さまざまな泌尿生殖器癌の生存転帰が明らかにされ、癌臨床試験の早期中止に関する見識がもたらされた。本年は泌尿生殖器癌シンポジウム10周年で、
アスピリンの常用が卵巣癌リスクを低下させる可能性—米国国立衛生研究所(NIH)の画像

アスピリンの常用が卵巣癌リスクを低下させる可能性—米国国立衛生研究所(NIH)

米国国立がん研究所(NCI)/米国国立衛生研究所(NIH)プレスリリース原文掲載日:2014年2月6日 毎日アスピリンを服用している女性では卵巣癌リスクが20%低下するかもしれないことが、米国国立衛生研究所(NIH)の一部である米
新たな併用療法(レトロゾール+ダサチニブ)が一部の転移性乳癌女性における病勢進行を遅らせるの画像

新たな併用療法(レトロゾール+ダサチニブ)が一部の転移性乳癌女性における病勢進行を遅らせる

 12月10日~14日開催のサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)2013にて発表された第2相臨床試験の結果によると、標準的な抗ホルモン療法のレトロゾール[letrozole]にダサチニブ[dasatinib]を追加することで、ホルモ
新たな免疫療法(Imprime PGG)が進行肺癌への可能性を示すの画像

新たな免疫療法(Imprime PGG)が進行肺癌への可能性を示す

化学療法と抗体療法に、免疫療法の一つであるImprime PGGを追加することで、末期にある非小細胞肺癌(NSCLC)患者の奏効率および全生存率が大幅に改善されたことが、1月6-9日に開催された肺癌の分子的起源に関するAACR-IASLC合
放射線治療に化学療法(PCV療法)を追加することで低悪性度の成人脳腫瘍患者の生存期間が延長の画像

放射線治療に化学療法(PCV療法)を追加することで低悪性度の成人脳腫瘍患者の生存期間が延長

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年2月3日 低悪性度神経膠腫を有し、放射線治療の完了後に化学療法レジメン(プロカルバジン(P)、ロムスチンとして知られるCCNU(C)、ビンクリスチン(V))を受けた成
発生率の高い小児軟部肉腫を引き起こす遺伝子変化をNIHの研究者らが解読の画像

発生率の高い小児軟部肉腫を引き起こす遺伝子変化をNIHの研究者らが解読

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年1月23日 研究者らが小児軟部肉腫である横紋筋肉腫の腫瘍を引き起こす遺伝子変化を解読し、この疾患には特徴的な二つの異なる遺伝子型が存在することを突き止めた。この悪性腫