臨床計算ツール<clinical calculator>

MDアンダーソン OncoLog 2015年9月号(Volume 60 / Number9)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL

役立つリソース:臨床計算ツール<clinical calculator>

がんの治療法は、患者や病態の多様な特徴を踏まえた上で決定しなければならない。医師がエビデンスに基づき治療法の提案を行うための一助となるよう、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターの専門家チームが一連のオンライン版、臨床計算ツール(clinical calculator)を開発した。この臨床計算ツールは、さまざまながん種の患者における生存期間や治療転帰を予測できるよう設計され、医師が入力した患者データに基づき予測を行う。

たとえば、乳がんに対する術前化学療法の効果を予測する計算表では、患者の年齢、術前化学療法レジメン(計画)、腫瘍のT分類/直径/組織型/組織学的グレード/エストロゲン受容体ステータス、腫瘍が多中心性か否かを入力するよう表示されている。これらの情報から、個々の患者における術前化学療法の病理学的完全奏効(pCR)の達成、術前化学療法後における直径3 cm未満の浸潤性腫瘍の残存、乳房温存手術が可能か否かに関するがい然性(確率)が予測される。

乳がん治療に関しては、他に下記の項目を予測する臨床計算表もある。術後の無病生存、残存腫瘍量、術前化学療法の有無によるリンパ節ステータス、また66~79歳の女性における乳房温存術後に見込まれる放射線療法の有益性など。さらに、食道がんの患者におけるリンパ節転移の予測、大腸がんや膵臓がんの患者における生存転帰の予測にも臨床計算ツールは有効である。

臨床計算ツールは、ピアレビュー誌の記事から得たデータを用いて開発されており、医学的見解と関連させつつ適切に利用できる医師によって利用されるべきである。

臨床計算ツールへのアクセスは下記URLから行う。
https://www.mdanderson.org/for-physicians/clinical-tools-resources/clinical-calculators.html

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

翻訳担当者 八木 佐和子

監修 林 正樹(血液・腫瘍内科/社会医療法人敬愛会中頭病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...
英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブの画像

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブ

キャンサーリサーチUKタラゾパリブ(販売名:ターゼナ(Talzenna))が、英国国立医療技術評価機構(NICE)による推奨を受け、国民保健サービス(NHS)がBRCA遺伝子変異による...
乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...