オンコタイプDX 保険承認に向けて~後編~

日本語動画のURL:https://youtu.be/axl_Qa9MJTA

『海外がん医療情報リファレンス』は、信頼性の高い、がんの最新情報配信サイトです。ボランティア翻訳者、監修 者により運営されています。
本動画は、2021年10月24日にJAMTがんセミナーにて収録されたものです。

▶講師:尾崎 由記範先生(乳腺内科/がん研究会有明病院 乳腺センター )、JAMT監修 者
        
 ①前編「本当に化学療法は必要?」「Oncotype DXとは」他
 ②後編「閉経前、必要なのは化学療法?卵巣機能抑制?」「トリプルネガティブ最新治療」他 

<目次>
00:14 オンコタイプDXありなしで 臨床判断はどのくらい変わるか?
00:48 オンコタイプDXで臨床判断はどう変わる? ~イタリアの試験~
03:18 オンコタイプDXで臨床判断はどう変わる?~アメリカのデータ~
04:11 がん研有明病院での オンコタイプDXの実施件数
05:16 オンコタイプDX導入後の標準治療の例
06:46 必要なのは化学療法か?卵巣機能抑制か?
07:46 必要なのは化学療法か?卵巣機能抑制か?~TAILORx試験サブグループ解析~
09:40    必要なのは化学療法か?卵巣機能抑制か? ~MINDACT試験~
11:23  必要なのは化学療法か?卵巣機能抑制か? ~専門家の見解~
12:21  必要なのは化学療法か?卵巣機能抑制か?  臨床試験
12:52 まとめ
13:30 トリプルネガティブ乳がん 標準治療が変わる(ペムブロリズマブ)
14:30 ctDNA(シグナテラ)を用いた微小残存病変の検出

◆─────────────────◆
一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT・ジャムティ) は、信頼性の高いがんの最新情報をお届けする非営利団体です。 『海外がん医療情報リファレンス』ボランティアサイトを運営しています。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...
早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCSの画像

早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCS

MDアンダーソンがんセンターアブストラクト:GA03-03

Ribociclib[リボシクリブ](販売名:Kisqali[キスカリ])とホルモン療法の併用による標的治療は、再発リスクのあ...
転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性の画像

転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)転移乳がんの大規模コホートにおける融合RNAの包括的プロファイリングにより、治療標的となりうる独特な融合変異が明...
HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益の画像

HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)切除不能な局所進行または転移のあるHER2陽性乳がんに対して、tucatinib[ツカチニブ](米国販売名:Tu...