過去の重要記事 《アーカイブ》

過去の重要ファイル(pdf、パワーポイント)

*古い情報のご利用の際は、最新情報とは異なることにご留意ください。

1.「英国乳がん検診パンフレット」英国医療サービス(NHS)2017

 

2.「進行がんのケア計画」米国臨床腫瘍学会(ASCO)2011

 ASCO_advanced_cancer_care_planning2011のサムネイル

3.「放射線のリスクと小児のコンピューター断層撮影(CT):医療従事者のための指針」NCI

 参考:https://www.imagegently.org/

4.「X線検査による医療被曝の低減に向けて」米国食品医薬品局(FDA)2009

  medical_exposure_FDAのサムネイル

5.「最先端科学会議:非浸潤性乳管癌(DCIS)の診断と管理/米国衛生研究所(NIH)」2009

 NIH_DCIS_2009のサムネイル

6.「SPIKES 悪い知らせを伝えるための6段階のプロトコル」原著2000年

  spikesのサムネイル

7.「赤血球生成促進剤(EPS製剤)公聴会での声明」米国食品医薬品局(FDA)2007年

8.「全身CT検査について知っておくべきこと/米国食品医薬品局(FDA)」2003

 

【米国国立がん研究所(NCI)】

1.「大切な人ががんの治療を受けているとき 」米国国立癌研究所(NCI)パンフレット/音訳2009年

 

2.「疼痛管理」 米国国立癌研究所(NCI)パンフレット   

 

3.「放射線治療とあなた」米国国立がん研究所(NCI)パンフレット/翻訳2010年

4.「小児のがん:両親のためのハンドブック」米国国立がん研究所(NCI)パンフレット/翻訳2013年

 nci_pamphlet_forparentのサムネイル

5.「化学療法とあなた」米国国立がん研究所(NCI)パンフレット/翻訳2013年

 nci_pamphlet_chemoandyouのサムネイル

6.「再発したとき」米国国立がん研究所(NCI)パンフレット/翻訳2010年

 nci_pamphlet_nci_pamphlet_when_cancer_returnsのサムネイル

7.「がん臨床試験 基本ワークブック」米国国立がん研究所(NCI)/翻訳2013年

 nci_pamphlet_workbookのサムネイル

8がんを理解する:がんについて知ろう」米国国立癌研究所(NCI)(pptスライド)

  (*教育資材として利用可)

9.「がんを理解する:免疫系を知ろう」米国国立がん研究所(NCI)(pptスライド)

  (*教育資材として利用可)

10.「がんを理解する:がんと環境について知ろう」米国国立がん研究所(NCI)(pptスライド)

  (*教育資材として利用可)

11.「がんを理解する:血管新生を知ろう」米国国立がん研究所(NCI)(pptスライド)

  (*教育資材として利用可)

◆NCIキャンサーブレティン(pdf)

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...
英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブの画像

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブ

キャンサーリサーチUKタラゾパリブ(販売名:ターゼナ(Talzenna))が、英国国立医療技術評価機構(NICE)による推奨を受け、国民保健サービス(NHS)がBRCA遺伝子変異による...
乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...