アスピリン服用による乳がん再発予防効果はない

ASCOの見解

「今回のデータから明らかになったのは、ER+またはトリプルネガティブ乳がん患者にとって、アスピリンはがん再発リスクを下げる手段となる可能性が低いということです。しかしながら、他の理由でアスピリンを服用する必要がある場合は、乳がんの転帰を改善も悪化もさせないと考えられるため、当然ながら服用すべきです」- ASCOの乳がんエキスパートErika P. Hamilton医師

2022年2月15日のASCO Plenary Seriesセッションで発表された試験によると、アスピリンを毎日服用しても乳がん患者の無浸潤生存期間(iDFS)は改善されなかった。

これまでの観察研究および心血管疾患に関する試験において、アスピリン常用者は乳がん生存期間を改善し、あらゆる種類の転移がんのリスクを減少させたことが示唆されている。今回の試験は、乳がんサバイバーを対象としてアスピリンの乳がん再発予防の有効性を評価する初めてのランダム化プラセボ対照試験である。

この二重盲検試験では、高リスクのHER2陰性乳がん患者3,021人を無作為に選び、5年間、アスピリンまたはプラセボのいずれかを1日1回投与した。191件のiDFS事象(アスピリン投与群107件、プラセボ投与群84件)が発現し、中央値20カ月間の追跡期間後、アスピリンが乳がん再発予防に有用であるとは考えにくいというデータが示されたことから、本試験は早期に終了となった。なお、グレード3および4の有害事象の発現頻度について、投与群間で差は認められなかった。

本試験の著者らは、ベースライン時に参加者から採取した腫瘍および血液検体と、2年目に再採取した血液検体の追加解析を行うことを計画している。

「炎症ががん進行に関与している可能性は依然としてあるが、乳がんの再発予防にアスピリンを使用することは推奨されない」と、筆頭著者であるダナファーバーがん研究所の腫瘍内科医のWendy Y. Chen医師(公衆衛生学修士)は述べている。

翻訳担当者 瀧井希純

監修 辻村信一(獣医学・農学博士、メディカルライター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がんリスク評価ツールの仕組みの画像

乳がんリスク評価ツールの仕組み

2024年3月、女優のOlivia Munnは乳がんと診断されたことを発表した。Munnさんはまた、がんリスク評価ツールが彼女の診断に至る過程で果たした役割を強調した。今回のQ&...
ハイリスク遺伝子を有する若年乳がんサバイバーの生殖補助医療は安全の画像

ハイリスク遺伝子を有する若年乳がんサバイバーの生殖補助医療は安全

ハイリスク遺伝子があり、乳がん後に妊娠した若い女性を対象とした初の世界的研究によれば、生殖補助医療(ART)は安全であり、乳がん再発リスクは上昇しないハイリスク遺伝子があり、乳...
【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善の画像

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善

ASCOの見解(引用)「抗体薬物複合体(ADC)は、乳がん治療において有望で有益な分野であり、治療パラダイムにおける役割はますます大きくなっています。トラスツズマブ デルクステ...
【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...