乳がん

若い乳がん女性の多くは安全に出産できるとの国際試験結果の画像

若い乳がん女性の多くは安全に出産できるとの国際試験結果

ダナファーバーがん研究所妊娠を希望する乳がん患者に朗報がもたらされた。ホルモン受容体陽性乳がんを有する若年女性が妊娠を望んでホルモン療法(内分泌療法)を休止しても、がん再発のリスクは短...
ホルモン療法とリボシクリブ併用は、最も多いタイプの乳がん再発リスクを低下させるの画像

ホルモン療法とリボシクリブ併用は、最も多いタイプの乳がん再発リスクを低下させる

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解 「まだ初期の段階ではありますが、これらの結果は非常に有望であり、ステージ2以上のホルモン受容体陽性(HR陽性)HER2陰性乳がんに対...
電話による指導介入で乳がん患者の体重が減少の画像

電話による指導介入で乳がん患者の体重が減少

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「過体重が乳がんや乳がん再発のリスクを高めることは知られていますが、減量によってその影響をなくし、転帰を改善できるかどうかはまだわかっ...
Her2低発現乳がんに対するトラスツズマブ・デルクステカンの副作用解析の画像

Her2低発現乳がんに対するトラスツズマブ・デルクステカンの副作用解析

HER2低発現の転移乳がんに対する抗体薬物複合体であるトラスツズマブ・デルクステカン(T-DXd、販売名:エンハーツ)の画期的ランダム化第3相試験に基づく安全性解析の結果、嘔吐と吐気の発症が非...
ESMO乳がん会議2023の画像

ESMO乳がん会議2023

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ESMO乳がん会議2023は、2023年5月11日~13日、ドイツのベルリン、およびバーチャルプラットフォームを通じオンライン上で開催される。プログ...
米国黒人女性では、乳がん検診推奨年齢50歳では遅いの画像

米国黒人女性では、乳がん検診推奨年齢50歳では遅い

ニュース米国では、人種や民族に関係なく、米国民女性に50歳から隔年で乳がん検診を受けることを推奨している。しかし、新たな解析によると、黒人女性は42歳から検診を開始する必要があるとし、...
早期HER2陽性乳がんの術後パクリタキセル+トラスツズマブは10年後も高い効果を維持の画像

早期HER2陽性乳がんの術後パクリタキセル+トラスツズマブは10年後も高い効果を維持

ダナファーバーがん研究所リンパ節転移がなく、腫瘍サイズが小さいHER2陽性乳がん患者に対する標準治療を確立した臨床試験の追跡調査結果が、この治療の長期的な有効性を裏づけている。

試験参加...
乳がんにおける生物学的格差:NCIミニットの画像

乳がんにおける生物学的格差:NCIミニット

https://youtu.be/4gWTEdG7qiUアフリカ系女性の乳がんが致命的になりやすい理由の1つとして、gp78というタンパク質の研究を紹介します。
◆────────...
腫瘍溶解性ウイルスを免疫細胞に潜ませ腫瘍に送り込むの画像

腫瘍溶解性ウイルスを免疫細胞に潜ませ腫瘍に送り込む

皆さんは「ウイルス」と聞いて、まず何を思い浮かべますか?

もし私が当ててみるとすれば、何か否定的なこと、おそらく、何らかの病気を思い浮かべていらっしゃるのではないでしょうか?もちろん、それは妥当...
白血病薬アシミニブはHER2陽性転移性乳がんに有望の画像

白血病薬アシミニブはHER2陽性転移性乳がんに有望

デュークがん研究所の研究者が主導した動物実験において、白血病の治療薬として承認されている薬剤が、HER2陽性乳がん腫瘍の脳内コロニー形成能力の阻害に成功した。

この結果は、8月30日付のCell...
FDAがESR1遺伝子変異陽性の進行/転移乳がんにエラセストラントを承認の画像

FDAがESR1遺伝子変異陽性の進行/転移乳がんにエラセストラントを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年1月27日、米国食品医薬品局 (FDA) は、1ライン以上のホルモン療法後に疾患が進行したER陽性HER2陰性でESR1変異がある進行または転移乳が...
FDAがHR+/HER2-乳がんにサシツズマブ ゴビデカンを承認の画像

FDAがHR+/HER2-乳がんにサシツズマブ ゴビデカンを承認

2023年2月3日、米国食品医薬品局(FDA)は、切除不能局所進行または転移性のホルモン受容体(HR)陽性ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性(IHC スコア0、IHCスコア1+、またはI...
妊娠のための乳がん長期治療の中断は安全とみられるの画像

妊娠のための乳がん長期治療の中断は安全とみられる

早期乳がんと診断された若い女性は、多くが将来の妊娠の可能性について医師に尋ねる。ある国際共同臨床試験の新しい結果が、こうした話し合いに役立つ可能性がある。

この試験は、タモキシフェン(販売名:ノ...
EGFR標的治療が炎症性乳がんの治療効果を高めるの画像

EGFR標的治療が炎症性乳がんの治療効果を高める

【MDアンダーソンがんセンター研究ハイライト2022/12/19】よりEGFR標的治療は腫瘍微小環境を変えることで炎症性乳がんに対する抗腫瘍効果を改善する炎症性乳がん(...
乳房温存療法は、一部の乳房内多発乳がんの治療選択肢となる可能性の画像

乳房温存療法は、一部の乳房内多発乳がんの治療選択肢となる可能性

【サンアントニオ乳がん学会2022】同一乳房に複数の腫瘍があり、乳腺腫瘍摘出術後に放射線療法を受けた患者の局所再発率は、単一腫瘍の患者で過去に観察された再発率と同等であることが、サンア...
HER2陽性転移性乳がんにエンハーツ(T-DXd)はT-DM1よりも全生存期間を延長の画像

HER2陽性転移性乳がんにエンハーツ(T-DXd)はT-DM1よりも全生存期間を延長

【サンアントニオ乳がん学会(SABCS2022)】トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd、販売名:エンハーツ)による二次治療は、トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1、販売名:カ...
T-DM1治療歴ある患者において、T-DXd(エンハーツ)は化学療法レジメンより優れるの画像

T-DM1治療歴ある患者において、T-DXd(エンハーツ)は化学療法レジメンより優れる

【サンアントニオ乳がん学会(SABCS2022)】トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1、販売名:カドサイラ)による治療を受けたHER2陽性、転移性乳がん患者の三次治療において、カペ...
遺伝子プロファイリングにより乳房温存術後の放射線治療を安全に省略できる患者を特定の画像

遺伝子プロファイリングにより乳房温存術後の放射線治療を安全に省略できる患者を特定

【サンアントニオ乳がん学会2022】サンアントニオ乳がんシンポジウム(2022年12月6~10日)で発表されたメタ解析の結果により、研究中の遺伝子シグネチャーのスコアが低い浸潤性乳がん...
転移乳がんの循環腫瘍細胞数による治療方針決定は長期予後を改善の画像

転移乳がんの循環腫瘍細胞数による治療方針決定は長期予後を改善

転移性エストロゲン受容体(ER)陽性 /HER2陰性乳がん患者の一次治療として化学療法かホルモン療法かの選択を導くために循環腫瘍細胞(CTC)数を用いた結果、医師の選択治療と比較して、全生存期...
妊娠を希望してホルモン療法を中断した乳がん患者の短期再発率の画像

妊娠を希望してホルモン療法を中断した乳がん患者の短期再発率

患者の多くは妊娠可能で60%以上が出産【サンアントニオ】妊娠を希望してホルモン療法を一時休止した乳がん患者の短期的な乳がん再発率は、妊娠のために治療を休止しなかった女性と同程度であり、...
ホルモン受容体陽性/HER2陰性乳がんにカミゼストラントはフルベストラントより有効の画像

ホルモン受容体陽性/HER2陰性乳がんにカミゼストラントはフルベストラントより有効

サンアントニオ乳がん学会2022次世代の選択的エストロゲン受容体分解薬(SERD)であるカミゼスラントは、フルベストラント(販売名:ファスロデックス)と比較して、ホルモン受容体陽性HE...
進行乳がんへのリボシクリブ+ホルモン療法による一次治療は併用化学療法より有効の画像

進行乳がんへのリボシクリブ+ホルモン療法による一次治療は併用化学療法より有効

【サンアントニオ乳がん学会2022】対象は、ホルモン受容体陽性/HER2陰性の閉経前または閉経期の患者

visceral crisisを含むホルモン受容体陽性HER2陰性の進行乳がん患者...
エンハーツ(T-DXd)術前療法はHR陽性HER2低発現の乳がんに臨床効果を示すの画像

エンハーツ(T-DXd)術前療法はHR陽性HER2低発現の乳がんに臨床効果を示す

【サンアントニオ乳がん学会(SABCS2022)】サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS、2022年12月6日〜10日)でTRIO-US B-12 TALENT第2相試験の結果が...
サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)でのダナファーバー研究発表の画像

サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)でのダナファーバー研究発表

第45回サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS、2022年12月6日〜10日)において、ダナファーバーがん研究所の研究者が30件以上の調査研究を発表する。サンアントニオ乳がんシンポジウム...