肺がんの最新治療2021 ③分子標的治療と免疫チェックポイント阻害薬

日本語動画のURL:https://youtu.be/bL_hAsSow0o

『海外がん医療情報リファレンス』は、信頼性の高い、がんの最新情報配信サイトです。ボランティア翻訳者、監修 者により運営されています。
本動画は、2021年10月24日にJAMTがんセミナーにて収録されたものです。

講師:田中文啓先生(呼吸器外科/産業医科大学 第二外科教授)、JAMT監修 者
「肺がんの分類と治療法」
「早期がんに対する低侵襲治療の進歩:主にロボット手術」
「進行肺がんに対する薬物治療の進歩:標的治療と免疫療法」

<目次>
00:16  がんの特徴と薬物療法
02:07  “進行”肺がんに対する薬物療法の進歩
04:00  ドライバー変異とキナーゼ阻害剤           
      ―KRAS遺伝子変異とソトラシブ 
      ―EGFR遺伝子変異
07:23   進行肺がんに対する薬物療法ガイドライン
08:08   がん免疫とチェックポイント阻害剤        
      ―CTLA-4とPD-1/PD-L1
09:39   免疫チェックポイント阻害剤の効果
      ―ニボルマブ(オプジーボ)
      ―ペムブロリズマブ(キイトルーダ)
      ―イピリムマブ(ヤーボイ)
10:46   最近の治療の流れ
      ―免疫チェックポイント阻害剤と抗がん剤の併用
      ―ドライバー変異陽性例に対する標的薬剤      
      ―ドライバー変異陰性例に対する免疫療法

◆─────────────────◆
一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT・ジャムティ) は、信頼性の高いがんの最新情報をお届けする非営利団体です。 『海外がん医療情報リファレンス』ボランティアサイトを運営しています。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肺がんに関連する記事

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認の画像

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認

外科的切除が可能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者の一部は、標的治療薬アレクチニブ(販売名:アレセンサ)による術後療法を受けるべきであることが、大規模臨床試験の結果から示唆された。

AL...
グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望の画像

グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望

ASCO専門家の見解
「今回の発表で、KRAS G12Cを阻害する複数の薬剤は、同程度に有効であるというデータを得ることができました。中国以外の国での臨床現場を変えるには、 この薬剤が、...
欧州肺がん会議2024の画像

欧州肺がん会議2024

ESMO肺がん会議2024は、呼吸器外科医、胸部外科医、呼吸器内科医、呼吸器専門医、腫瘍内科医および放射線腫瘍医、画像下治療を行う放射線科医、病理医など、胸部腫瘍学分野の様々な専門家が...
免疫療法抵抗性肺がんにデュルバルマブ+セララセルチブ療法が有望の画像

免疫療法抵抗性肺がんにデュルバルマブ+セララセルチブ療法が有望

MDアンダーソンがんセンターデュルバルマブ+セララセルチブが肺がん患者の免疫反応を高め、予後を改善することが第2相試験で明らかにテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者...