遺伝性大腸がんにおける運動効果ー抗がん免疫力上昇と炎症抑制の画像

遺伝性大腸がんにおける運動効果ー抗がん免疫力上昇と炎症抑制

MDアンダーソンがんセンターリンチ症候群患者において、運動が免疫系に生物学的影響を及ぼすことが初めて研究で示される定期的な強度の有酸素運動は、有害化しうる細胞を検出して除去する...
肺がんに術前デュルバルマブ併用免疫療法が有効の画像

肺がんに術前デュルバルマブ併用免疫療法が有効

MDアンダーソンがんセンター橋渡し研究の知見が、単剤療法より併用療法を支持早期の非小細胞肺がん(NSCLC)の術前(前外科的)療法において、抗PD-L1モノクロナール抗体のデュ...
アルコールががんリスクを高める機序:リスク低下のために知っておくべきことの画像

アルコールががんリスクを高める機序:リスク低下のために知っておくべきこと

米国臨床腫瘍学会(ASCO)患者サイトCancer.NETEleonora Teplinsky医師は、ニュージャージー州パラマスにあるヴァリー・マウントサイナイ総合がんケアの乳腺婦人科...
同種造血細胞移植は高リスク骨髄異形成症候群(MDS)に有力な選択肢の画像

同種造血細胞移植は高リスク骨髄異形成症候群(MDS)に有力な選択肢

ダナファーバーがん研究所研究概要表題同種造血細胞移植は高リスク遺伝子グループ全体でMDSの転帰を改善する: BMT CTN 1102試験の遺伝子解析出版物...
HR陽性進行乳がんに対するサシツズマブの有用性を確認の画像

HR陽性進行乳がんに対するサシツズマブの有用性を確認

ダナファーバーがん研究所ホルモン受容体陽性(HR+)/HER2陰性(HER2−)の転移を有する乳がんにおいて、​​新しい抗体薬物複合体が、標準的な化学療法と比較して優れた有用性を引き続...
免疫療法薬が一部の陰茎がんに有効である可能性の画像

免疫療法薬が一部の陰茎がんに有効である可能性

ダナファーバーがん研究所研究概要表題進行陰茎がんにおける免疫チェックポイント阻害薬の安全性と有効性:世界泌尿生殖器希少腫瘍学会(Global Society of Ra...
慢性疼痛を持続的に軽減するスクランブラー療法の画像

慢性疼痛を持続的に軽減するスクランブラー療法

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学の疼痛専門家2名が共著した新たなレビュー論文で、非侵襲的疼痛治療法であるスクランブラー療法が、慢性疼痛のある患者の約80%から90%で有意に...
運動が前立腺がん治療に起因する性機能障害を改善する可能性が豪州の研究で示唆の画像

運動が前立腺がん治療に起因する性機能障害を改善する可能性が豪州の研究で示唆

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「運動は前立腺がん治療の副作用の一部を改善することが、以前から示されています。今回のデータは、前立腺がん患者に対する運動の有益性を性機...
非侵襲的な便DNAメチル化検査が複数の消化器がんの検出に有望の画像

非侵襲的な便DNAメチル化検査が複数の消化器がんの検出に有望

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「本研究結果は、ゲノミクスに応用した機械学習が、今後がんの検出に大いに役立つだろうことを示唆しています。これらの知見は、より大規模で前...
HER2標的トラスツズマブ デルクステカンは複数がん種で強い抗腫瘍効果と持続的奏効ーASCO2023の画像

HER2標的トラスツズマブ デルクステカンは複数がん種で強い抗腫瘍効果と持続的奏効ーASCO2023

MDアンダーソンがんセンター(MDA)トラスツズマブ デルクステカンが治療困難ながんに新たな治療選択肢を提供する可能性

HER2を標的とした抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステ...
ASCO、高齢転移乳がんへの経口CDK4/6阻害薬戦略の研究で1100万ドルを獲得の画像

ASCO、高齢転移乳がんへの経口CDK4/6阻害薬戦略の研究で1100万ドルを獲得

米国臨床腫瘍学会(ASCO)米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、高齢の転移性乳がんを対象とした経口CDK4/6阻害薬の投与戦略の研究について、患者中心アウトカム研究所(PCORI)から1,...
ASCO Breakthrough会議、日本開催:がん検出法の進歩、前立腺がんの性的健康に関する新知見を発表の画像

ASCO Breakthrough会議、日本開催:がん検出法の進歩、前立腺がんの性的健康に関する新知見を発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)世界の腫瘍学専門家が集結して、米国臨床腫瘍学会(ASCO)Breakthrough会議が横浜市(日本)で開催される。この会議では、がんとともに生きる人々に対...
細胞分裂を逆行させるメカニズムを米国立衛生研究所(NIH)が発表の画像

細胞分裂を逆行させるメカニズムを米国立衛生研究所(NIH)が発表

米国国立がん研究所(NCI)ニュースリリースがん研究概要新たな研究により、細胞分裂を準備中の細胞は、細胞分裂のプロセスを逆行させ、休止状態に戻ることが可能であると示唆された。こ...
英国の子宮頸がん予防(HPV)ワクチン、1回接種に移行の画像

英国の子宮頸がん予防(HPV)ワクチン、1回接種に移行

キャンサーリサーチUKイングランドにおけるヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種プログラムは、2023年9月より1回接種に移行すると英国健康安全保障庁(UKHSA)が発表した。

入...
成人のHPV関連がん増加を専門家が警告の画像

成人のHPV関連がん増加を専門家が警告

オハイオ州立大学総合がんセンターヒトパピローマウイルス(HPV)関連咽頭・口腔がん発生率の急速な上昇が懸念されている。この傾向が続けば、HPV関連咽頭・口腔がんは近いうちに45~65歳...
遠隔転移のある難治性大腸がんにフルキンチニブが有効の画像

遠隔転移のある難治性大腸がんにフルキンチニブが有効

MDアンダーソンがんセンター(MDA)遠隔転移を有する難治性大腸がんにおいて、標的治療薬fruquintinib[フルキンチニブ]が全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を有意に...
進行腎臓がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の逐次投与を強く否定する研究結果の画像

進行腎臓がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の逐次投与を強く否定する研究結果

ダナファーバーがん研究所研究の概要

表題:免疫チェックポイント阻害薬による治療の後進行した転移性腎細胞がんに対するアテゾリズマブ+カボザンチニブ併用療法とカボザンチニブ単独療法の有効性と...
未治療ホジキンリンパ腫に、ニボルマブは病勢進行と死亡リスクを低減の画像

未治療ホジキンリンパ腫に、ニボルマブは病勢進行と死亡リスクを低減

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「本試験は、進行期ホジキンリンパ腫の治癒率を向上させ、小児と成人の治療アプローチを調和させることを目的として、北米全土にわたる...
進行子宮頸がん化学療法にペムブロリズマブ追加で生存率が改善の画像

進行子宮頸がん化学療法にペムブロリズマブ追加で生存率が改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「本試験の結果は、進行、再発または転移子宮頸がん患者に対して、ベバシズマブ併用/非併用化学療法にペムブロリズマブを追加する治療...
EGFR陽性肺がんに術後オシメルチニブが生存率を有意に改善の画像

EGFR陽性肺がんに術後オシメルチニブが生存率を有意に改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「私たちは、肺がんのすべての患者に対して、画一的な術後補助療法を行ってきた。しかし、10年前から、一部の患者に対する標的治療が...
進行卵巣がんにオラパリブ、デュルバルマブの追加投与は無増悪生存期間を延長の画像

進行卵巣がんにオラパリブ、デュルバルマブの追加投与は無増悪生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「卵巣がんの早期発見法はなく、3分の2以上の患者が、再発のおそれが高い進行した状態で診断されます。さらなる研究が必要ですが、治...
ホルモン療法とリボシクリブ併用は、最も多いタイプの乳がん再発リスクを低下させるの画像

ホルモン療法とリボシクリブ併用は、最も多いタイプの乳がん再発リスクを低下させる

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解 「まだ初期の段階ではありますが、これらの結果は非常に有望であり、ステージ2以上のホルモン受容体陽性(HR陽性)HER2陰性乳がんに対...
長いテロメアはかつて考えられたような若さの源ではない ー 理由を解明の画像

長いテロメアはかつて考えられたような若さの源ではない ー 理由を解明

長いテロメアと老化ジョンズホプキンス大学5つの家族に属する17人の研究で、テロメアと呼ばれるDNA末端部分が極端に長い場合は、長いテロメアを持つ人に推定される長寿を享受することができな...