HR陽性進行乳がんに対するサシツズマブの有用性を確認

ダナファーバーがん研究所

ホルモン受容体陽性(HR+)/HER2陰性(HER2−)の転移を有する乳がんにおいて、​​新しい抗体薬物複合体が、標準的な化学療法と比較して優れた有用性を引き続き示していることが、Lancet誌掲載の研究により明らかになった。​​

本日発表された第3相臨床試験TROPiCS-02の2回目のデータ解析によると、sacituzumab govitecan[サシツズマブ ゴビテカン]は化学療法と比較して全生存期間を統計学的に有意に改善した。この国際共同試験に参加した患者の全生存期間は、サシツズマブ 投与群で14.4カ月、化学療法群で11.2カ月であった。また、サシツズマブ投与群は標準化学療法と比較して、優れた奏効率を示し、無増悪生存期間中央値も延長した。サシツズマブを投与された患者は、化学療法を受けた患者よりがんの進行または死亡のリスクが34%低かった。​​

「これらのデータは、サシツズマブ ゴビテカンが無増悪生存期間および全生存期間の両方を改善し、腫瘍のTrop-2発現に関係なく有効であることを裏付けるものです」と、ダナファーバーがん研究所のSusan F. Smith婦人科がんセンター乳腺腫瘍学部長であり、本試験の上席著者であるSara Tolaney医師・MPHはいう。「この最新の解析結果は、サシツズマブ ゴビテカンが治療歴のあるホルモン療法抵抗性、HR+/HER2-転移乳がんの標準治療となりうることを引き続き示しています」。

昨年のASCO年次総会および欧州腫瘍学会で発表されたTROPICs-02試験の先行データに基づき、サシツズマブはHR+/HER2-転移乳がんの治療薬として今年2月にFDAに承認された。

本試験の筆頭著者は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校、Helen Diller Family総合がんセンターのHope S. Rugo医師、およびマサチューセッツ総合病院がんセンターのAditya Bardia医師・MPHである。

サシツズマブは、乳がんなど多種の固形がんに豊富に存在する細胞受容体Trop-2を標的とする抗体と、SN-38という抗がん剤から構成されている。トリプルネガティブ乳がんの特定の患者を対象にFDAから承認されており、HR+/HER2-転移乳がんで少なくとも2回の化学療法後に進行した患者を対象とした早期臨床試験で有望な活性を示した。

TROPICS-02臨床試験は、ホルモン療法および化学療法による治療歴のあるHR+/HER2-転移乳がん患者543人を対象とした。半数がサシツズマブ投与群に、半数が化学療法群にランダムに割り付けられた。特によく見られた副作用は、好中球減少症(白血球の一種である好中球の数が少ない状態)、下痢、悪心、脱毛症(髪が抜ける)、けん怠感、貧血であり、サシツズマブ群において化学療法群より高頻度に発生した。

本試験はGilead社から資金提供を受けた。

  • 監訳 尾崎由記範(腫瘍内科・乳腺/がん研究会有明病院)
  • 翻訳担当者 奥山浩子
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2023/08/23

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...
早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCSの画像

早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCS

MDアンダーソンがんセンターアブストラクト:GA03-03

Ribociclib[リボシクリブ](販売名:Kisqali[キスカリ])とホルモン療法の併用による標的治療は、再発リスクのあ...
転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性の画像

転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)転移乳がんの大規模コホートにおける融合RNAの包括的プロファイリングにより、治療標的となりうる独特な融合変異が明...
HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益の画像

HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)切除不能な局所進行または転移のあるHER2陽性乳がんに対して、tucatinib[ツカチニブ](米国販売名:Tu...