咽頭がん

チスレリズマブ上乗せ化学療法で上咽頭がんの無増悪生存期間が改善の画像

チスレリズマブ上乗せ化学療法で上咽頭がんの無増悪生存期間が改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「本試験は、化学療法とチスレリズマブ[tislelizmab]併用で、再発・転移性上咽頭がん患者の生存期間が延長し、併用療法により、このような患者にとって治療の選択肢が増えることを実証しています」  -
HPV関連中咽頭がんに線量低減放射線療法が有効な可能性の画像

HPV関連中咽頭がんに線量低減放射線療法が有効な可能性

ヒトパピローマウイルス(HPV)陽性中咽頭がん患者において、予防的治療領域への照射線量および照射体積を減らした根治的同時化学放射線療法(CCRT)は「同等の」病勢コントロールを可能にし、かつ毒性も低いことが後ろ向き単一施設研究で示された。
上咽頭がん発生率は、アジア系アメリカ人でも民族によって大きく異なるの画像

上咽頭がん発生率は、アジア系アメリカ人でも民族によって大きく異なる

データから高リスク要因の特定につながる可能性 中国系アメリカ人とラオス系アメリカ人は、上咽頭がん発生率が他のアジア系アメリカ人の民族別グループを上回っており、非ヒスパニック系白人アメリカ人と比較すると、上咽頭がんと診断される可能性がそれぞれ
中咽頭がんにおける治療強度の減弱の画像

中咽頭がんにおける治療強度の減弱

喉の中が激しく焼けて、唾を飲みたくないと思うことを想像してみよう。それどころか、何も問題なく飲み込めるはずの唾液を大きなコップに吐き出す。何度も何度も。何週間も。 2014年の一時期、それがJason Mendelsohn氏の日課だった。
HPVワクチンが男性の口腔HPV感染に対する「集団免疫」をもたらすの画像

HPVワクチンが男性の口腔HPV感染に対する「集団免疫」をもたらす

ワクチンの潜在的利益は2つあり、1つ目は被接種者の直接防御で、2つ目は未接種者の間接防御である。後者は集団免疫という現象で、ワクチン被接種者が多いほど生じやすく、病原微生物が伝播する可能性を更に低くする。 現在、新規研究から、ヒトパピローマ
ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がんに有効の画像

ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がんに有効

チェックポイント阻害剤ニボルマブ、およびヒトパピローマウイルス16(HPV16)に対する合成ロングペプチドワクチンISA 101の併用治療は、ニボルマブ単剤治療による過去のデータと比較して難治性中咽頭がん患者の奏効を改善したという知見が、ス
血漿中EBV検査が上咽頭がんスクリーニングに有効な可能性の画像

血漿中EBV検査が上咽頭がんスクリーニングに有効な可能性

上咽頭がんのスクリーニングにおける血漿中のEBウイルスDNAの前向き解析   ある前向き研究で、循環エプスタイン・バー・ウイルス(EBV)DNAが、香港の無症候の参加者20,174人から採取された血漿検体で測定され、309人の陽性
口腔内のヒトパピローマウイルス(HPV)検出と頭頸部がんとの関連性が前向き試験で示されるの画像

口腔内のヒトパピローマウイルス(HPV)検出と頭頸部がんとの関連性が前向き試験で示される

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~新たな試験により、HPV16型による感染が一部の頭頸部がんの発症に先立って起きていることが確認された。これまでの研究では、HPV16型感染と頭頸部がんのうち中咽頭がんとの関連性が明らかにな
ヒトパピローマウイルス(HPV)関連中咽頭がんの新たな病期分類をMDアンダーソンの研究者らが提案の画像

ヒトパピローマウイルス(HPV)関連中咽頭がんの新たな病期分類をMDアンダーソンの研究者らが提案

中咽頭がんに対する現行の病期分類システムは不十分――本研究は、上咽頭がんにおける「N」カテゴリーに基づく病期分類がより正確な予測につながることを示す初めての研究であるMDアンダーソンがんセンター ヒトパピローマウイルス(HPV)の
低リスクのHPV陽性頭頸部癌患者を対象とした低線量放射線療法は安全であるの画像

低リスクのHPV陽性頭頸部癌患者を対象とした低線量放射線療法は安全である

<患者、がんサバイバー、介護者のQOLを改善する新たな戦略が研究で明らかに(ASCO2014)> (折畳記事) *この要約には演題抄録に含まれない更新情報が含まれています。   ヒトパピローマウィルス(HPV)陽性中咽頭癌を有する特定の患者
世界的に中咽頭癌の発生率が増加傾向の画像

世界的に中咽頭癌の発生率が増加傾向

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2013年11月20日 NCIの研究者らは、経済先進国では1983年から2002年にかけての中咽頭癌の発生率が著しく増加していると報告した。中咽頭癌は、口の奥に位置する喉の中間部分(舌の
HPVワクチンは口腔HPV感染も予防するの画像

HPVワクチンは口腔HPV感染も予防する

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2013年7月17日 子宮頸癌の70%で発症原因となる二つの型のヒトパピローマウイルス(HPV)を標的とするワクチンを接種した女性らに、口腔HPV感染の予防という新たな効果が認められた。
HPV関連中咽頭癌を予測する有望なバイオマーカーを発見の画像

HPV関連中咽頭癌を予測する有望なバイオマーカーを発見

米国国立がん研究所(NCI)/米国国立衛生研究所(NIH)プレスリリース原文掲載日:2013年6月17日 研究者らは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に対する抗体がHPV関連中咽頭癌のリスクが極めて高い人を特定するのに役立つ可能性を示した。
鼻咽頭癌に対する併用療法において複雑な結果の画像

鼻咽頭癌に対する併用療法において複雑な結果

キャンサーコンサルタンツ第3相臨床試験の結果は、鼻咽頭癌を放射線治療法および化学療法を併用して治療することは進行を有意に遅らせるが、この併用療法はほかの原因による死亡率を増加させる可能性もあることを示している。この結果はJournal of
進行上咽頭癌にオキサリプラチン(Eloxatin)と放射線の併用がより優れているの画像

進行上咽頭癌にオキサリプラチン(Eloxatin)と放射線の併用がより優れている

Oxaliplatin (EloxatinR) Plus Radiation Superior in Advanced Nasopharyngeal Cancer (Posted: 11/02/2005) 2005年10月17日Journa