大腸がん

内視鏡技術の進歩により、大部分の複雑型結腸ポリープの外科手術を回避可能にの画像

内視鏡技術の進歩により、大部分の複雑型結腸ポリープの外科手術を回避可能に

MDアンダーソンがんセンター テキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンターの新しい研究によれば、内視鏡的切除技術の最新の成果を活用することで、複雑型結腸ポリープ患者の75%超がポリープ切除の外科手術を避けることができた。&nbs
エルロチニブとスリンダク併用で、家族性大腸腺腫症患者の十二指腸ポリープが縮小の画像

エルロチニブとスリンダク併用で、家族性大腸腺腫症患者の十二指腸ポリープが縮小

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ 遺伝的に消化器がんを発症するリスクが極めて高い人を対象とした小規模な臨床試験において、前がん病変である十二指腸ポリープが2つの薬剤の併用で縮小することが示されたことから、このレジメンを用
「大腸がん検診を受けましょう」(一般向け)の画像

「大腸がん検診を受けましょう」(一般向け)

MDアンダーソン OncoLog 2016年3月号(Volume 61 / Issue 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
欧州医薬品庁(EMA)がラムシルマブに対し、進行非小細胞肺がんと転移性大腸がんへの新規適応を推奨の画像

欧州医薬品庁(EMA)がラムシルマブに対し、進行非小細胞肺がんと転移性大腸がんへの新規適応を推奨

進行非小細胞肺がんに対するドセタキセルとの併用、および転移性大腸がんに対するFOLFIRI療法との併用に関する新たな適応  ・トピック:肺および胸部腫瘍/消化器がん/抗がん剤および生物学的療法 2015年12月17日、欧州医薬品庁(EMA)
パニツムマブが大腸がん患者の生存を改善し、大腸がんにおける組織検査の重要性を示すの画像

パニツムマブが大腸がん患者の生存を改善し、大腸がんにおける組織検査の重要性を示す

キャンサーコンサルタンツ化学療法が奏効しなくなった大腸がん患者では、支持療法(BSC)へのパニツムマブ(ベクティビックス)併用は、支持療法単独に比べて生存を改善する。しかし、有用性が得られるのはRAS 遺伝子変異のない患者あるいはKRAS遺
局所進行直腸がんに対する術前の短期間放射線照射+化学療法は、標準化学放射線療法と同等の効果で毒性が低いの画像

局所進行直腸がんに対する術前の短期間放射線照射+化学療法は、標準化学放射線療法と同等の効果で毒性が低い

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解   「われわれは手術に先立ち、有効性を最大限に高め副作用が最小限に抑えられるように、患者に行う治療法をきめ細かく調整している。本研究はこれまでより短期間の放射線照射後に化学療法を行うことで腫瘍の縮小が可能
局所進行直腸がんに対する新たな治療法は、現行の標準治療法よりも副作用が少ないことを確認の画像

局所進行直腸がんに対する新たな治療法は、現行の標準治療法よりも副作用が少ないことを確認

キャンサーコンサルタンツポーランドで実施された第3相比較臨床試験の結果、局所進行直腸がん患者に対する新たな治療選択肢が確認されたとの報告が、2016年消化器がんシンポジウム(サンフランシスコ)で発表された。 この臨床試験の結果、術
FDAが進行大腸がんに経口薬トリフルリジン・チピラシル塩酸塩配合錠を承認の画像

FDAが進行大腸がんに経口薬トリフルリジン・チピラシル塩酸塩配合錠を承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、他の治療法に反応しない進行大腸がん患者を適応として、トリフルリジン・チピラシル塩酸塩配合錠(商品名:ロンサーフ)を承認した。 「ここ10年で、多くの場合に恐ろしい疾患となる大腸がん
がんに伴う静脈血栓塞栓症発病率は過小評価されているの画像

がんに伴う静脈血栓塞栓症発病率は過小評価されている

がん患者における静脈血栓塞栓症発病率についてのインド人研究者らの報告  議題:緩和ケアと支持療法   がん患者における静脈血栓塞栓症の発病率は予想以上に高いとの研究結果が、シンガポールで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)アジア
大腸がん分子サブタイプ分類についての国際的コンセンサスの画像

大腸がん分子サブタイプ分類についての国際的コンセンサス

現在利用できる最も頑健な大腸がんの分子分類システム   議題:泌尿生殖器がん/トランスレーショナル リサーチ   大腸がんサブタイピングコンソーシアムは、既存の遺伝子発現パターンに基づく大腸がんサブタイプの分類アルゴリズムにおける
リンチ症候群の患者の化学予防薬にナプロキセンが有望な可能性の画像

リンチ症候群の患者の化学予防薬にナプロキセンが有望な可能性

MDアンダーソン OncoLog 2015年10月号(Volume 60 / Number10)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号UR
FDA、進行大腸がんの配合剤(トリフルリジン + チピラシル)を承認の画像

FDA、進行大腸がんの配合剤(トリフルリジン + チピラシル)を承認

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~原文掲載日:2015年10月14日 9月22日、米国食品医薬品局(FDA)は、標準治療後に進行した転移性大腸がん患者の治療としてトリフルリジンとチピラシル塩酸塩を配合した錠剤(
まれなKRAS遺伝子変異タイプの転移性大腸がん患者において、EGFR阻害薬と化学療法の併用療法が奏効の画像

まれなKRAS遺伝子変異タイプの転移性大腸がん患者において、EGFR阻害薬と化学療法の併用療法が奏効

セツキシマブとイリノテカンの併用療法が、KRAS遺伝子エクソン2(G13D)変異がある転移性大腸がんの新たな治療法となる可能性   テーマ:消化器がん/抗がん剤と生物学的療法   2015年9月25~29日にオーストリア
北米植物Oplopanax horridus(アメリカハリブキ)の成分が、マウスモデルやヒトがん細胞による実験で大腸腫瘍の増殖を抑制の画像

北米植物Oplopanax horridus(アメリカハリブキ)の成分が、マウスモデルやヒトがん細胞による実験で大腸腫瘍の増殖を抑制

2014年7月18日太平洋岸北西部に分布する低木アメリカハリブキはAlaskan ginsengまたはdevil’s clubと呼ばれることもあるが、この植物から分離された新規の化合物はヒト大腸細胞に対し有益な効果を示すことが実験室での最新
アスピリンは、肥満の遺伝性大腸がんにおけるがん発症リスクを下げるの画像

アスピリンは、肥満の遺伝性大腸がんにおけるがん発症リスクを下げる

英国医療サービス(NHS) 2015年8月18日火曜日 「アスピリンを毎日服用すると、肥満している人での大腸がんリスクが大幅に減少する可能性がある」とDaily Mail紙が報道した。しかし、そのトップニュースは最新の本研究が一般の肥満者に
パニツムマブは化学療法開始後に進行したKRAS野生型転移性大腸がん患者の生存期間を改善の画像

パニツムマブは化学療法開始後に進行したKRAS野生型転移性大腸がん患者の生存期間を改善

キャンサーコンサルタンツ化学療法による治療中または治療後に病勢が悪化した、KRAS野生型遺伝子を有する転移性大腸がん患者を対象とした臨床試験で、パニツムマブ(ベクティビックス)が全生存期間を改善したことが明らかになった。この結果が得られた第
12のがんにおいて死亡の半数は喫煙が原因の画像

12のがんにおいて死亡の半数は喫煙が原因

英国医療サービス(NHS) 2015年6月18日木曜日 喫煙が引き起こす一般的ながんには肺がんや食道がんがある。 世界では、毎年600万人が喫煙により死亡している。 「喫煙に関連する12のがんにおいて、死亡の約半数が喫煙
配合剤TAS-102は転移大腸がん患者の生存を延長の画像

配合剤TAS-102は転移大腸がん患者の生存を延長

キャンサーコンサルタンツ50年前に開発したものの、毒性があまりにも強いとみなされ開発中止された薬が、国際臨床試験において復活を遂げた。その薬と増感剤は、ダナファーバー癌研究所の研究者らが主導する研究において、既存の標準治療が奏効しなくなった
光免疫療法でがんと闘う―カメラが見たがん研究の画像

光免疫療法でがんと闘う―カメラが見たがん研究

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。    ◆─────────────────◆ Peter Choyke医師は、米国国立がん研究所(NCI)
ラムシルマブのFDA承認の画像

ラムシルマブのFDA承認

商標名:Cyramza・転移性大腸がんに対するFOLFIRI療法との併用下での承認(2015年4月24日) ・白金製剤抵抗性転移性非小細胞肺がんに対するドセタキセル併用下での承認(2014年12月12日) ・進行性胃がんもしくは胃食道接合部
野菜と魚の豊富な食事が大腸がんのリスクを減少させる可能性の画像

野菜と魚の豊富な食事が大腸がんのリスクを減少させる可能性

英国医療サービス(NHS) 2015年3月10日火曜日 ペスコ・ベジタリアン(魚菜食主義者)の食事は、大腸がんのリスクを減少させることが判明した。 「魚菜食のみを食べると大腸がんの予防となる可能性が、新しい研究で示された」とMai
OncoLog 2015年3月号◆転移を有する大腸がん患者に対して原発巣切除術は必要以上に行われていると考えられるの画像

OncoLog 2015年3月号◆転移を有する大腸がん患者に対して原発巣切除術は必要以上に行われていると考えられる

MDアンダーソン OncoLog 2015年3月号(Volume 60 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
アスピリンやCOX-2阻害薬の服用者においてIII期大腸がんの治療成果改善の画像

アスピリンやCOX-2阻害薬の服用者においてIII期大腸がんの治療成果改善

キャンサーコンサルタンツアスピリンやシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)阻害薬を補助化学療法実施前後に服用するIII期大腸がん患者は、がん再発リスクが低いとみられる試験結果がこのほど、Journal of the National Can
FOLFOXIRI+ベバシズマブの併用により、進行性大腸がんの長期転帰が改善の画像

FOLFOXIRI+ベバシズマブの併用により、進行性大腸がんの長期転帰が改善

ASCO(米国臨床腫瘍学会)の見解 「患者の診断後の5年生存率を2倍にすることは重要かつ魅力的である。3種の化学療法剤併用に耐えられる患者に対しては、FOLFOXIRI+ベバシズマブの併用は重要な治療の進歩である」と本日の報道発表の議長であ