大腸がん

大腸がんサバイバーの腸内マイクロバイオームが食事で改善の画像

大腸がんサバイバーの腸内マイクロバイオームが食事で改善

MDアンダーソン OncoLog 2018年5-6月号(Volume 63 / Issue 5-6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号
大腸がんでは致死的ながんには早期から検出可能な良性腫瘍との差があるの画像

大腸がんでは致死的ながんには早期から検出可能な良性腫瘍との差がある

大腸腫瘍を対象にした小規模試験で「発生当初から悪性の」細胞を識別   転移がん腫瘍は「突然悪性化する」のか、それとも「発生当初から悪性である」のか?   この疑問はがんの早期発見および治療において根本的な謎である。明確な
アプリにより大腸がん検診受診率が向上の画像

アプリにより大腸がん検診受診率が向上

大腸がん検診が大腸がんによる死亡率を下げることはすでに知られているが、一方で米国では国民の3分の2しか大腸がん検診を受けたことがない。   手軽に大腸がん検診の申し込みが出来るツールがあれば、大腸がん検診を受ける人が増える可能性が
併用療法により遺伝性がん症候群患者の大腸ポリープ数が減少の画像

併用療法により遺伝性がん症候群患者の大腸ポリープ数が減少

予防的臨床試験の新たな分析結果から、大腸がん発症の遺伝的リスクが非常に高い患者で、2剤併用療法により前がん病変である大腸ポリープの数が大幅に減少したことが明らかになった。   この臨床試験では、遺伝性疾患である家族性大腸腺腫症(F
大腸がん術後に化学療法3カ月の新たな標準治療が確立の画像

大腸がん術後に化学療法3カ月の新たな標準治療が確立

ダナファーバーがん研究所 画期的なグローバル共同臨床試験の結果により、一部のステージ3の大腸がん患者の術後補助化学療法の回数を半分に減らすことが可能となり、コスト、治療期間、化学療法の毒性の長期的影響を大幅に削減できることが初めて明らかとな
リンチ症候群検出率を上げる先進ゲノム検査の画像

リンチ症候群検出率を上げる先進ゲノム検査

単回先進ゲノム検査が、従来型の複数回検査法よりも大腸がん患者のリンチ症候群の検出において効果的である。この臨床データは、オハイオ州立大学総合がんセンターのArthur G. James Center Hospital and Solove
LarotrectinibがTRK融合遺伝子陽性がん17種に持続的抗腫瘍能の画像

LarotrectinibがTRK融合遺伝子陽性がん17種に持続的抗腫瘍能

がん変異試験で、75%の全奏効率および最小限の副作用が報告された。   MDアンダーソンニュースリリース(2018年2月21日)   Larotrectinibの安全性・有効性同時試験3試験で、17種のがんの診断をうけた
大腸がんの増殖と転移を促進するフソバクテリウムの画像

大腸がんの増殖と転移を促進するフソバクテリウム

ヒトの胃や腸にみつかる細菌が大腸がん治療に重要な影響を与えている可能性があると、新たな研究結果から明らかになった。   この細菌は、大腸内の腫瘍に密着しているだけでなく、体内の転移性大腸腫瘍にも存在していると、ある研究グループが明
リキッドバイオプシーが早期大腸がん発見に有望の画像

リキッドバイオプシーが早期大腸がん発見に有望

「大腸がん検診は命を救うこともありますが、米国では現在の検診方法オプションが患者にとって簡便でなく少々面倒であるため、連邦政府が掲げる検診目標にはまだ到達していません。この研究はさらに調査が必要ですが、簡単で精度の高い血液検査によって検診率
特定の腸内細菌が大腸がんの増殖と関連する可能性の画像

特定の腸内細菌が大腸がんの増殖と関連する可能性

キャンサー・リサーチUK 特定の大腸がんの中にいる細菌が、身体の別の部位に転移した少数の腫瘍の中にもいることを最新の研究が示した。   その細菌は、マウスで大腸がん細胞の成長を助けていた。   この知見は、大腸がんの成長
テキサス州高齢大腸がん患者で外科治療ガイドライン遵守が改善の画像

テキサス州高齢大腸がん患者で外科治療ガイドライン遵守が改善

MDアンダーソンがんセンターの研究は、推奨治療を受ける際の障壁を明確にし、情報に基づく医師と患者の話し合いの必要性を強調する。   テキサス州における高齢大腸がん患者の外科治療ガイドラインの遵守が2001年以降著しく改善した一方、
大腸がん検診の受診率、従来の奨励方法で改善の画像

大腸がん検診の受診率、従来の奨励方法で改善

案内書の郵送や検査キットの無償提供など、従来法での検診推進により、大腸内視鏡検査や自宅検便のいずれかによる大腸がん検診を受診し、適切なフォローアップを終了する人の数が増加する可能性があることが新しい臨床試験の結果で明らかになった。 &nbs
ESMO 2017、結腸がん補助化学療法の期間に関するディベートの画像

ESMO 2017、結腸がん補助化学療法の期間に関するディベート

~【抄録LBA21_PR】【抄録LBA22】【抄録LBA23】【抄録LBA24】【要約473O】訳は下部参照~   大腸がん(結腸がん)の補助化学療法を6カ月月から3カ月に短縮するかどうかについての議論が、マドリッドのESMO 2
FDAがベバシズマブ-awwbをバイオシミラーとして初承認の画像

FDAがベバシズマブ-awwbをバイオシミラーとして初承認

抗がん剤ベバシズマブのバイオシミラーであるベバシズマブ-awwbは、特定の大腸がん、肺がん、脳腫瘍、腎臓がん、および子宮頸がんに対して承認された。   米国食品医薬品(FDA)は本日、様々ながんの治療薬として、ベバシズマブ(アバス
FDAがベバシズマブとトラスツズマブのバイオ後続品を推奨の画像

FDAがベバシズマブとトラスツズマブのバイオ後続品を推奨

審査官らは、2つのバイオシミラー(バイオ後続品)とその参照製品との間に臨床的に有意な差がないと判断 2017年7月13日、米国食品医薬品局(FDA)抗腫瘍薬諮問委員会(ODAC)は、ベバシズマブ(アバスチン)とトラスツズマブ(ハーセプチン)
RAS変異と大腸がん肝転移 ― 遺伝子変異が局所治療に影響の画像

RAS変異と大腸がん肝転移 ― 遺伝子変異が局所治療に影響

MDアンダーソン OncoLog 2017年7月号(Volume 62 / Issue 7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
FDAがニボルマブをミスマッチ修復機能欠損または高頻度マイクロサテライト不安定性の大腸がんに迅速承認の画像

FDAがニボルマブをミスマッチ修復機能欠損または高頻度マイクロサテライト不安定性の大腸がんに迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)は2017年7月31日、フルオロピリミジン、オキサリプラチン、およびイリノテカンによる治療後に進行した、ミスマッチ修復機 能欠損(dMMR)または高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)を示す12歳以上の 転
短期の化学療法が大腸がん患者の最良の治療となり得るの画像

短期の化学療法が大腸がん患者の最良の治療となり得る

一部の大腸がん患者にとって、術後の化学療法をより短期間にすることが望ましいかもしれないという結果が国際的な共同研究から得られた。   これは、米国、欧州、アジアで同時に実施された6つの第3相臨床試験を解析して得られた結果である。解
FDAがRAS遺伝子変異検出用Praxis Extended RASパネルを承認の画像

FDAがRAS遺伝子変異検出用Praxis Extended RASパネルを承認

2017年6月29日、米国食品医薬品局(FDA)は、転移大腸がん(mCRC)患者の腫瘍検体中のRAS遺伝子に存在する特定の遺伝子変異を検出する次世代シーケンサー(NGS)を用いた検査法であるPraxis Extended RASパネル(Il
非ステロイド性抗炎症薬が大腸がんサバイバーの生存率向上の画像

非ステロイド性抗炎症薬が大腸がんサバイバーの生存率向上

Journal of Clinical Oncology 誌で発表された知見は、NSAIDががんのサブタイプや薬物使用のタイミングに関して恩恵を与えることを示した。   長期の大腸がんサバイバーの間で、非ステロイド性抗炎症薬(NS
大腸がん再発リスクに応じて術後化学療法が個別化できる可能性の画像

大腸がん再発リスクに応じて術後化学療法が個別化できる可能性

ASCOの見解 「この場合、少ない方がいいのです。化学療法が3カ月間長くなることで有害作用が生じます。いまや、結果を損なうことなく多くの大腸がん患者を不必要な副作用から解放できるのです。本試験は、既存の治療を患者によりよく作用させる改良方法
ビタミンD高用量投与が転移性大腸がんの進行を遅らせる可能性の画像

ビタミンD高用量投与が転移性大腸がんの進行を遅らせる可能性

ダナファーバーがん研究所の研究者主導で行われた、ビタミンDでのがん治療に関する初めての多施設共同ランダム化盲検試験で、ビタミンDの高用量投与が転移性大腸がんの進行を遅らせる可能性があることを示した。本試験は6月2日~6日にシカゴで開催される
健康的な生活習慣が大腸がん診断後の長期生存を改善の画像

健康的な生活習慣が大腸がん診断後の長期生存を改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解  「良好な標準的がん治療は大腸がんによる死亡を大幅に低減させますが、この研究結果では、それに加えて患者が治療後にどのような食事をとり、どう生活するかで違いがでることを明確に示しています」と、ASCO会長の
ナッツ類摂取と大腸がんの長期生存が関連の画像

ナッツ類摂取と大腸がんの長期生存が関連

ASCOの見解 「基本の健康的な食事が、がんの治療中には見落とされることがよくあります。本研究は、ナッツ類を食べるという単純なことが、患者の長期生存に影響を与える可能性があることを示しています」と、ASCO会長で米国内科学会名誉上級会員(F