FDAがRAS遺伝子変異検出用Praxis Extended RASパネルを承認

2017629日、米国食品医薬品局(FDA)は、転移大腸がん(mCRC)患者の腫瘍検体中のRAS遺伝子に存在する特定の遺伝子変異を検出する次世代シーケンサー(NGS)を用いた検査法であるPraxis Extended RASパネル(Illumina Inc社)の製造販売を承認した。この検査法は、パニツムマブ(商品名:ベクティビックス)による治療に適格な患者の特定を補助するために用いられる。

本承認は、一度の検査で複数の大腸がんRAS遺伝子変異の検出が可能な次世代シーケンサー(NGS)検査法に対する初のFDA承認となる。

Praxis Extended RASパネルは、mCRC患者の腫瘍組織中のRAS遺伝子(KRASエクソン23および4領域ならびにNRASエクソン23および4領域)に存在する56種類の特異的変異を検出する。Praxis Extended RASパネルの結果が、大腸がん組織に変異が存在することを示す場合、パニツムマブによる治療は推奨されない。Praxis Extended RASパネルが変異を検出しない(RAS変異陰性と推測される)場合、パニツムマブは適切な治療である可能性がある。

Praxis Extended RASパネルの安全性と有効性は、パニツムマブとFOLFOXの併用療法とFOLFOX単独療法とを比較評価した多施設共同臨床試験に登録したmCRC患者の検体を用いて後ろ向きに検討された。RAS野生型患者における無増悪生存期間および全生存期間の結果は、腫瘍にKRAS変異またはNRAS変異がない患者におけるパニツムマブの有効性を支持するものであった。本パネルは分析的検証により、mCRC患者の特定のKRAS変異およびNRAS変異を系統的に正確に検出することが実証された。

パニツムマブの製品表示は、パニツムマブの適応とPraxis Extended RASパネルの適応目的とが整合するように変更され、パニツムマブはFOLFOXとの併用療法として、RAS野生型(この使用法においてFDA承認済みの検査法で決定された、KRASNRASの両方が野生型であると定義)mCRC患者に対する初回治療として適応されることが明示された。パニツムマブは、フルオロピリミジン、オキサリプラチン、およびイリノテカン含有化学療法による前治療後に病勢が進行したRAS野生型mCRC患者に対する単剤療法での適応もある。

Praxis Extended RASパネルの使用方法については以下を参照のこと:

https://www.accessdata.fda.gov/scripts/cdrh/cfdocs/cfPMA/pma.cfm?id=P160038

パニツムマブの添付文書情報は以下を参照のこと:

https://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2017/125147s207lbl.pdf

医療従事者は、医薬品および医療機器の使用との関連が疑われるすべての重篤な有害事象を、http://www.fda.gov/medwatch/report.htmのオンラインフォームへの入力、オンライン上の宛先フォームに料金受取人払いでFAX1-800-FDA-0178)または郵送、 もしくは電話(1-800-FDA-1088)のいずれかの方法で、FDAMedWatch Reporting Systemに報告しなくてはならない。

Oncology Center of Excellenceのツイッターのフォローはこちらから@FDAOncology

翻訳担当者 星野恭子

監修 東海林洋子(薬学博士)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

大腸がんに関連する記事

若年成人の大腸がん罹患率増加に肥満とアルコールが関与の画像

若年成人の大腸がん罹患率増加に肥満とアルコールが関与

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2024年におけるEUと英国のあらゆるがんによる死亡率を専門家が予測

欧州連合(EU)と英国における25〜49歳の大腸がんによる死亡率の上昇には、過体重と肥満...
意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
低リスク病期2A結腸がん治療選択における術後血中ctDNAの役割は不明瞭 の画像

低リスク病期2A結腸がん治療選択における術後血中ctDNAの役割は不明瞭 

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解
「ステージ2結腸がんにおいては、常に医療者と患者が意思決定プロセスを決定することで、術後補助化学療法の検討が行われてきました。血中循環腫...
大腸がん術後微小残存病変への化学療法の効果を血中ctDNAが予測の画像

大腸がん術後微小残存病変への化学療法の効果を血中ctDNAが予測

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解
「本試験は、ctDNAクリアランス(循環腫瘍DNAがリキッドバイオプシーで検出されない状態)持続の重要性を示しただけでなく、術後化学療法...