卵巣がん

Doxorubicin Hydrochloride LiposomeのFDA承認の画像

Doxorubicin Hydrochloride LiposomeのFDA承認

商品名: Doxil[ドキシル]本剤以外の化学療法後の卵巣癌患者およびカポジ肉腫患者の治療への使用を承認(2013/02/04)多発性骨髄腫への承認(2007/05/17)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方
新たな2段階免疫療法は再発性卵巣癌患者に有望の画像

新たな2段階免疫療法は再発性卵巣癌患者に有望

• 卵巣癌では、新規の別種治療法に関するニーズが満たされていない •患者に自分自身の血液細胞と癌から作られた個別化ワクチンを接種した。   第104回米国癌学会(4月6~10日ワシントンD.C.にて開催)で発表された2件の第I相臨
シスプラチン耐性癌細胞は、開発中のPARP阻害剤に感受性を示すの画像

シスプラチン耐性癌細胞は、開発中のPARP阻害剤に感受性を示す

• シスプラチン耐性非小細胞肺癌細胞では過剰活性化PARP1が高発現している • in vitroでPARP阻害剤による細胞死が認められた • PARP阻害剤がマウスにおけるシスプラチン耐性腫瘍の増殖を遅延させた   米国癌学会の
大規模病院で治療を行うことで卵巣癌患者の死亡率が減少するの画像

大規模病院で治療を行うことで卵巣癌患者の死亡率が減少する

キャンサーコンサルタンツ大規模病院で手術を受けた卵巣癌患者の転帰は、小規模病院で治療を受けた患者よりも良い、という研究結果がJournal of Clinical Oncology誌に掲載された。研究では、合併症の発生率が低いことによるもの
高悪性度漿液性卵巣癌の3つのサブタイプが明らかにの画像

高悪性度漿液性卵巣癌の3つのサブタイプが明らかに

2012年9月19日 タグ:卵巣癌 研究成果は、患者の治療反応性を示している可能性がある  卵巣の癌で最も多いのは高悪性度漿液性卵巣癌(HGSOC)であるが、まもなく、ダナファーバー癌研究所の研究者らによる新しい研究によって、特定の種類の薬
癌細胞の薬剤感受性を高める遺伝子を同定の画像

癌細胞の薬剤感受性を高める遺伝子を同定

NCIニュースノート NCIの研究者らにより、遺伝子Schlafen-11(SLFN11)が、細胞において、回復不能な損傷をDNAに与えるとして知られる薬剤に対する感受性を高めることが判った。研究の一環として、研究者らは、DNA傷害性薬剤に
2012/09/18号◆AHRQ情報「作業部会から卵巣癌検診を推奨しないとの再勧告」の画像

2012/09/18号◆AHRQ情報「作業部会から卵巣癌検診を推奨しないとの再勧告」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年9月18日号(Volume 9 / Number 18) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_p
前立腺 肺 大腸 卵巣(PLCO)がん検診試験の結論の画像

前立腺 肺 大腸 卵巣(PLCO)がん検診試験の結論

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ 米国国立がん研究所(NCI)が製作した動画(日本語字幕付き)です。
アバスチンと抗癌剤治療の併用がプラチナ系抗癌剤抵抗性(プラチナ抵抗性)卵巣癌患者の無増悪生存期間を改善の画像

アバスチンと抗癌剤治療の併用がプラチナ系抗癌剤抵抗性(プラチナ抵抗性)卵巣癌患者の無増悪生存期間を改善

キャンサーコンサルタンツイリノイ州シカゴで開催された2012年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で発表された研究結果によると、標準的な抗癌剤治療にアバスチン(ベバシズマブ)を併用することでプラチナ抵抗性卵巣癌患者の無増悪生存期間が2倍延長
化学療法中の卵巣機能抑制は治療後の月経機能を改善しないの画像

化学療法中の卵巣機能抑制は治療後の月経機能を改善しない

キャンサーコンサルタンツ化学療法を受けている若年乳癌患者については、治療中に卵巣機能を抑制する薬剤トリプトレリンを投与しても、治療後の月経機能に改善は見られない。この結果は、Journal of Clinical Oncology誌に発表さ
深い水の中で:卵巣がんの母を支えての画像

深い水の中で:卵巣がんの母を支えて

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ 卵巣がんステージ3の診断を受けた母親を助けるため、溢れる情報の中か
アバスチンは卵巣癌の進行を遅延するが全生存期間を改善しない可能性があるの画像

アバスチンは卵巣癌の進行を遅延するが全生存期間を改善しない可能性がある

キャンサーコンサルタンツ2件の第3相臨床試験の結果は、アバスチン(ベバシズマブ)による標的療法を化学療法に追加することは進行性卵巣癌の進行を遅延させるが、全生存率を改善する可能性がないことを示唆する。この結果は、New England Jo
卵巣がんゲノムアトラスの画像

卵巣がんゲノムアトラス

癌ゲノムアトラス(TCGA)研究の一環である、卵巣がんゲノム特性の新たな研究成果について、計算科学研究者のPaul Spellman博士が語る。(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツが日本語字幕版を作成しました) 
2011/06/14号◆癌研究ハイライトの画像

2011/06/14号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年6月14日号(Volume 8 / Number 12) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ____________
ゲムシタビンのFDA承認の画像

ゲムシタビンのFDA承認

商品名:Gemzar(ジェムザール)原文 2013/07/03更新卵巣癌への承認 2006年7月14日乳癌への承認 2004年5月19日非小細胞肺がんへの承認 1996年膵臓がんへの承認 1996年臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互
検診によって卵巣癌による死亡は減少しないの画像

検診によって卵巣癌による死亡は減少しない

NCIニュース卵巣腫瘍マーカーCA-125血液検査と経膣超音波検査(TVU)を併用した検診方法でも通常ケアと比較して卵巣癌によるアメリカ人女性の死亡は減少しなかった。これは米国国立癌研究所(NCI)主導で実施された試験結果であるが、さらに、
閉経後のホルモン補充療法は卵巣癌の発症リスクを上昇させる可能性の画像

閉経後のホルモン補充療法は卵巣癌の発症リスクを上昇させる可能性

キャンサーコンサルタンツ閉経後にホルモン補充療法(HRT)を受ける女性は卵巣癌の発症リスクが29%上昇するとみられる。 本知見は米国癌学会の癌予防研究最前線会議(American Association for Cancer Researc
AMG386は再発卵巣癌に対し有望であることが示されるの画像

AMG386は再発卵巣癌に対し有望であることが示される

キャンサーコンサルタンツ再発卵巣癌患者女性に対する第2相臨床試験において、試験中の分子標的薬であるAMG386をパクリタキセルと併用した場合、有望な奏効率が得られた。この結果は第35回欧州臨床腫瘍学会(ESMO)にて発表された。 卵巣癌の治
2010/09/21号◆スポットライト「卵巣癌、十数年後の再発」の画像

2010/09/21号◆スポットライト「卵巣癌、十数年後の再発」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年9月21日号(Volume 7 / Number 18)____________________◇◆◇ スポットライト ◇◆◇卵巣癌、十数年後の再発1995年、スーザン・ロウェル・
サバイバーは語る―卵巣癌、十数年後の再発の画像

サバイバーは語る―卵巣癌、十数年後の再発

スーザン・ロウェル・バトラーが、彼女の乳癌と卵巣癌の経験について、また科学と治療アプローチがここ13年の間にどのように変化してきたかについて語ります。この動画は­、NCIキャンサーブレティン2010年9月21日号に掲載された記事に付随するも
2010/09/21号◆癌研究ハイライトの画像

2010/09/21号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年9月21日号(Volume 7 / Number 18) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇
Trabectedin(トラベクテジン)とドキソルビシンPEG修飾化リポゾーム製剤の併用は再発卵巣癌の進行をわずかに遅らせるの画像

Trabectedin(トラベクテジン)とドキソルビシンPEG修飾化リポゾーム製剤の併用は再発卵巣癌の進行をわずかに遅らせる

キャンサーコンサルタンツ試験中の薬剤Trabectedin(トラベクテジン)とPLDの併用により再発卵巣癌患者女性で無増悪生存期間(PFS)が1.5カ月延長した。全生存率についての最終的な情報はまだ得られていない。これらの結果は最近Jour
BRCA遺伝子変異を有する進行性卵巣癌の女性に対してオラパリブが有効の画像

BRCA遺伝子変異を有する進行性卵巣癌の女性に対してオラパリブが有効

キャンサーコンサルタンツ臨床試験研究中の分子標的治療薬であるオラパリブ(olaparib)は、BRCA遺伝子変異を有するプラチナ製剤感受性進行性卵巣癌の女性において61.5%の奏効率を示した。これらの結果は、Journal of Clini