卵巣がん

オラパリブがTP53破壊的遺伝子変異陽性卵巣がんの全生存期間延長の画像

オラパリブがTP53破壊的遺伝子変異陽性卵巣がんの全生存期間延長

卵巣がん患者のBRCA遺伝子およびTP53遺伝子を分析したところ、TP53破壊的遺伝子変異がある場合にolaparib[オラパリブ]で全生存期間が延長されたことが示された   Olaparib[オラパリブ]とプラセボを比較した第2
再発卵巣がんのニラパリブ維持療法は患者の生活の質を維持するの画像

再発卵巣がんのニラパリブ維持療法は患者の生活の質を維持する

以前の報告で、プラチナ製剤感受性再発卵巣がん患者において、ニラパリブによる維持療法はプラセボと比較し、無増悪生存期間(PFS)の有意な改善がみられた   プラチナ製剤感受性再発卵巣がん患者において、ニラパリブはプラセボと比較し、無
FDAが卵巣がん維持療法にオラパリブ錠を承認の画像

FDAが卵巣がん維持療法にオラパリブ錠を承認

2017年8月17日、米国食品医薬品局(FDA)は、プラチナベース化学療法に完全奏効または部分奏効となった再発性の上皮性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの成人患者に対する維持療法としてolaparib(オラパリブ)錠(商品名:Lynpar
FDAがニラパリブを再発上皮卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がん維持療法に承認の画像

FDAがニラパリブを再発上皮卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がん維持療法に承認

米国食品医薬品局(FDA)は本日、再発上皮性卵巣がん、卵管がん、腹膜原発がんの成人患者で、プラチナ製剤を含む化学療法後に腫瘍が完全または部分的に縮小(完全奏効または部分奏効)した患者の維持療法(がんの増殖を遅らせる目的)薬として、nirap
ホルモン維持療法で再発卵巣/腹膜がんの生存率が改善の画像

ホルモン維持療法で再発卵巣/腹膜がんの生存率が改善

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、低悪性度漿液性がん(LGSC)として知られる卵巣上皮がん、または腹膜がんのまれなサブタイプを有する女性において、ホルモン維持療法は有意に生存率を改善すると考えられる
卵管切除で卵巣がんリスクが減少する可能性の画像

卵管切除で卵巣がんリスクが減少する可能性

MDアンダーソン OncoLog 2017年2月号(Volume 62 / Issue 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
卵巣がん治療薬が神経膠腫に有効な可能性の画像

卵巣がん治療薬が神経膠腫に有効な可能性

ある種の脳腫瘍でしばしば見られる遺伝的欠陥は、細胞がDNA損傷を修復するのを抑制する可能性があることが、米国の新たな研究で示唆されている。   エール大学の研究者らは、この欠陥により、実験室において脳腫瘍細胞が、一部の卵巣がん患者
FDAが進行卵巣がん治療にrucaparibを迅速承認の画像

FDAが進行卵巣がん治療にrucaparibを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)は本日、特定タイプの卵巣がんを有する女性患者の治療に、rucaparib(商品名:Rubraca)を迅速承認した。Rucaparibは、過去2種類以上の化学療法を受けた進行卵巣がんの女性患者を対象とし、FDA承認済
卵巣がん予防の卵巣摘出は閉経前女性の選択肢にすべきではないの画像

卵巣がん予防の卵巣摘出は閉経前女性の選択肢にすべきではない

メイヨークリニック研究チームは、閉経前の女性達が卵巣がん予防のために卵巣を摘出するという議論しつくされていない行為は、がんリスクが高い女性達でない限りやめるべきだということを示唆するエビデンスを得た。本試験は、両側卵巣を摘出した46歳未満の
経口避妊薬が卵巣がん死亡率の減少に貢献の画像

経口避妊薬が卵巣がん死亡率の減少に貢献

主要ながん学会誌Annals of Oncology誌で本日(火曜日)発表された新たな研究[1]によれば、卵巣がんによる死亡は2002年から2012年の間に世界的に減少し、さらに2020年に向けて米国や欧州連合(EU)、そして減少幅は小さい
進行卵巣がん術前化学療法、一部の患者には利益がないの画像

進行卵巣がん術前化学療法、一部の患者には利益がない

転移している卵巣がん患者が術前化学療法で利益を受ける可能性を示す研究結果が発表されてから、術前化学療法の使用が大幅に増えていることがダナ・ファーバ研究所などの研究者による新たな研究で報告された。しかしながら特定の患者集団では、術前化学療法は
卵巣がんスクリーング検査(検診)を推奨しない―FDA安全性通達の画像

卵巣がんスクリーング検査(検診)を推奨しない―FDA安全性通達

[2016年9月7日]患者、産婦人科、腫瘍科向け 課題:FDAは、卵巣がん検診として市場に出回っている検査の受診に伴う危険性について、女性に警鐘を鳴らしている。とりわけ同局は、こうした検診を受診することにより、症状を認めないものの
ニラパリブ、卵巣がんのFDA優先承認審査薬に指定の画像

ニラパリブ、卵巣がんのFDA優先承認審査薬に指定

段階的な新薬承認申請(NDA)提出開始 2016年9月12日、腫瘍学に注力するバイオ医薬品企業のTESARO社は、米国食品医薬品局(FDA)が再発性プラチナ感受性卵巣がん、卵管がん、または原発性腹膜がんの治療に用いられるniraparib[
卵巣がん経過観察にCA-125およびCT検査は有益性の証明なく汎用の画像

卵巣がん経過観察にCA-125およびCT検査は有益性の証明なく汎用

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ 卵巣がん患者の再発を見つけるための経過観察で、有益性が示されなかったにもかかわらず、医師らが定期的にCA-125血液検査を使用し続けていることが、2009年に発表されたランダム化臨床試験
術後の腹腔内化学療法の追加が、卵巣がんの進行を遅らせる可能性の画像

術後の腹腔内化学療法の追加が、卵巣がんの進行を遅らせる可能性

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「腹腔内(IP)化学療法は、新たに卵巣がんと診断され、手術で切除が成功した女性に対して効果的な治療ですが、十分には利用されていません。今回の研究データは、手術前に静脈内投与による化学療法を受けた女性の術後
進行卵巣がんに対する新しい治療戦略がマウスで有望の画像

進行卵巣がんに対する新しい治療戦略がマウスで有望

 米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~進行卵巣がんの実験的な治療戦略により、動物モデルで腫瘍の縮小が認められたという新しい研究が報告された。この治療法では、タンパク質の断片(ペプチド)を用いてがん細胞周囲組織(腫瘍微小環境)
卵巣がんにおける薬剤耐性の新たな原因の画像

卵巣がんにおける薬剤耐性の新たな原因

ダナファーバーがん研究所 卵巣がんの中には、標準化学療法や分子標的薬剤が奏効しない、あるいはこれらの治療作用を回避するようになるものがある。ダナファーバーがん研究所の研究者たちはその原因に新たな光を当てた。「今回の発見は、卵巣がん
今までにない治療法でマウスの卵巣腫瘍が縮小の画像

今までにない治療法でマウスの卵巣腫瘍が縮小

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~原文掲載日:2016年1月25日  変異型p53タンパク質を発現している腫瘍に対する、これまでにない治療法が開発された。この変異タンパク質はすべてのがんの半分以上に見つかる。研
卵巣凍結移植は「安全で有効」の画像

卵巣凍結移植は「安全で有効」

英国医療サービス(NHS) 2015年10月7日水曜日この技術は、がん治療で不妊症となる女性に希望を与えることができるだろう。 英国では毎年7,100人の女性が卵巣がんに罹患している。 ガーディアン紙は、デンマークにおけ
β(ベータ)遮断薬により卵巣がん患者の生存期間が延長する可能性の画像

β(ベータ)遮断薬により卵巣がん患者の生存期間が延長する可能性

MDアンダーソン OncoLog 2015年10月号(Volume 60 / Number10)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号UR
マイクロRNAのmiR-506による卵巣がんの化学療法耐性克服の可能性の画像

マイクロRNAのmiR-506による卵巣がんの化学療法耐性克服の可能性

MDアンダーソン OncoLog 2015年9月号(Volume 60 / Number9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
心臓病のジェネリック薬(β遮断薬)を使用した卵巣がん患者で生存期間の延長が示されるの画像

心臓病のジェネリック薬(β遮断薬)を使用した卵巣がん患者で生存期間の延長が示される

予後不良を引き起こす予後因子および併発症があっても生存期間は延長。MDアンダーソンがんセンター 初の試みとなった試験で研究者らは、β遮断薬(ベータブロッカー)として知られる心臓病のジェネリック薬を投与された浸潤性上皮性卵巣がん患者
経口避妊薬の服用歴は卵巣がん患者の生存期間に影響の画像

経口避妊薬の服用歴は卵巣がん患者の生存期間に影響

キャンサーコンサルタンツロズウェルパークがん研究所(Roswell Park Cancer Institute :RPCI)の研究によれば、卵巣がんと診断された患者のうち、経口避妊薬の服用歴があり、子どもを1人以上出産したことのある患者は、
卵巣がんに対するAAV9遺伝子治療が動物実験で有望の画像

卵巣がんに対するAAV9遺伝子治療が動物実験で有望

米国国立がん研究所 原文掲載日:2015年8月14日 遺伝子治療であるウイルスベクターの単回投与は、再発性卵巣がん患者から移植したマウスの腫瘍増殖を阻害するタンパク質濃度を持続させ、効果的であるという新たな研究が、Proceedings o